« 頑張った、アテネ世代 | Main | 学会発表 »

August 08, 2005

郵政民営化、参院で否決

郵政民営化法案が「良識の府」参議院で否決された。
事前に報道されていたこともあり、否決>衆院解散となったことは、驚きに値しない。
この法案の是非については、ひとりのオッサンがblogで騒いだところで、どうなるわけでもなく、法案についての事細かな意見は書かないが、全体流れが変なのはよくわかる。
民営化に賛成・反対の国会議員のそれぞれは、勝手なことをホザイているが、なんか底が見えて、人間が薄っぺらいな・・・と、思わずにはいられない。

そもそも、国会議員とは国政をつかさどる為に立候補した、言ってみれば「憂国の士」の集団であるはず。
(こう書くと右寄りぽくっていかんですかね)
あくまでも、こういう人たちは「国」をなんとかしたい・・・という、強い意思を持って欲しいな。
というより、国会議員たるものの必須条件。
オッサンの超個人的な意見としては、国会議員はボランティアで、「オレ(ワタシ)がこの国を○○するのだぁ~」と言うくらいの人にやっていただきたい。
自分の周りの家族だったり、地域だったりを表に出して欲しくない。
当然事件などで実刑判決を受けたヤツなど、二度と立候補できないようにしなくちゃ。
それくらいの覚悟の人がはじめて国会議員と呼べるんじゃないですかねぇ~。

「覚悟」といえば、漫画家の「弘兼憲史」さんが書いた「覚悟の法則」というエッセー集に、社会人としてやっていく上での「覚悟」みたいなものが書かれていたが、これは今でもオッサンの「座右の書」となっており、たまに読み返してみたりする。
これを書いた「弘兼憲史」さんは、漫画でも「加治隆介の議」という政治漫画を描いており、主人公の「加治隆介」は「覚悟の法則」の塊のような男。
地元の有名政治家の息子で、父親の急死によって、政治の世界に入るのだが、地元のしがらみを振り切る場面では「私は国ためになることで、地元が損失を受けてもやむを得ない」と次の選挙に大打撃を受けるようなことも言い放つ「覚悟」がある。
まあ、漫画だから・・・といわず、国会議員のおっさん達もいっぺん読んで欲しい。
(国会議員の中には愛読者がいるらしいが、加治隆介にはなれないらしい)

KAJI1060

|

« 頑張った、アテネ世代 | Main | 学会発表 »

Comments

小泉さんの国民に問う(総選挙)はよいことですね。
反対議員名リストをマスコミはしっかり掲載してほしいですね。
国家公務員の3割もいる郵便局員・職員の庶民化・国民化に反対しては、ねー。
(税金払わない人では、ねー)

小泉さんには、次は一切妥協をしない早期郵政民営化をして頂きたいですね。
郵便局の不正処理多発やクレーム放置多発では、ねー。(郵便局長さんの業務放棄のような反対派国会議員詣では、ねー。)
(総選挙期間中は、国民が郵便局長さんの勤務状況もチェックしないとねー。)
まじめな職員さんが、xxですねー。

Posted by: iriya | August 08, 2005 at 08:43 PM

コメントありがとうございます。
郵政民営化反対派の反対の理由のひとつが、大票田である「特定郵便局局長」の保護・・・ではシラケますよね。
反対派の議員さんの中で「公約を守れずスミマセン」と言った人はいるのでしょうか? 
党議である「郵政民営化」に反対するなら解散総選挙で党の公認がもらえなくなるのは覚悟の行動なんでしょうね。
ここで、公認にしがみつくような議員さんには投票したくないなぁ。
国民は「郵政民営化」に対しては、住む地域によって随分意見が違ってくるとは思いますが、投票に際しては人を見て投票すべきですね。

Posted by: standy | August 08, 2005 at 10:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/5366909

Listed below are links to weblogs that reference 郵政民営化、参院で否決:

» 今日やっと [nadja in wbo]
「加治隆介の儀」を読み終えた。主人公の加治は総理大臣になってしまいましたね。悪しき政慣習を払拭し、自分の信念(父親から受け継いだ世界平和の理念)を貫き、それに国民が答えたという形ですか。実はこの作者のもうひとつの代表作である「島耕作シリーズ」でもいえる...... [Read More]

Tracked on August 09, 2005 at 07:32 PM

« 頑張った、アテネ世代 | Main | 学会発表 »