« 今日の昼メシ | トップページ | フライが巻けない・・・ »

2005/08/11

続・ジメチルポリシロキサン

8月2日の記事の続き・・・

フロータントの主成分が、仕事場で日常使う薬剤の主成分と同じだと言うことを知り「これで一生分のフロータントは確保したゾ!」と喜んだのもつかの間、どうやら薬剤に添加されている物質によって、フロータントとしての役割を果たせないという事実を知ったワタクシは、主成分である「ジメチルポリシロキサン」の入手に着手することにした。
職場の隣にある調剤薬局に駆け込み「ジメチルポリシロキサン」をなんとかして入手したい・・・と相談してみた。
「調剤薬局レベルでは無理」という返事で、落ち込んだが「製薬会社に聞け!」と食らいついてみた。
その返事は・・・「工場ならいざ知らず、営業担当では入手できない」とつれない。
これで、手だては絶たれたかと思った矢先、まったく別の用件で友人から電話が来た。
もちろんこの友人は、フライフィッシングに興味もないので、フロータントの「フ」の字も知らない。
電話で話している最中に、「!?」と頭の中でひらめいてしまった。
「こいつの職場にあるかも知れない・・・」
と言うのも、友人は某化粧品会社の製造工場・・・それも資材関係に勤めているのだ。
「ジメチルポリシロキサン」は、薬品の中にも、食品の中にも、そして化粧品の中にも含まれる物質。
電話での会話の最後に「ジメチルポリシロキサンって、知ってる?」と聞いてみた。
「知ってるよ」
「会社にある?」
「あるよ」   神の声だ。
「それって個人で購入ってできるのか」
「いやぁ〜、無理だろう」
「じゃあ、少し分けてくれ」
「なんだ、釣りか」
完全に読まれている・・・。
「まあ、なんでもいいから少し持ってこい」
「何十種類もあるけど・・・」
「えっ・・・(絶句)」
「じゃあ、とりあえず見繕って持ってこい」

ということで、持ってきてくれたのが、粘張度の高いものと低いもの。

DSCF1780_r

家の中で、蓋を開けて少し出したりして触ってみた。
感じはシリコンオイルそのもので、家人からは「床がツルツルすべるようになって、危ない」と忠告が発せられたので、以後は超々家内制実験となりそう。


|

« 今日の昼メシ | トップページ | フライが巻けない・・・ »

コメント

お~、いよいよ禁断のフロータントの極秘実験の開始ですね。

投稿: lefty_haru | 2005/08/12 01:06

はい、まずは同一原材料の「パワーフロート」を目指すことにします。ブレンド用の「ドライシェイク・リフィル」を買ってこようかなと考えております。以前Yahooオークションで出品されていた、大量のドライシェイク類似品を買わなかったことを後悔しております。また出品されないかな・・・。

投稿: と~しろ | 2005/08/12 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/5421098

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ジメチルポリシロキサン:

« 今日の昼メシ | トップページ | フライが巻けない・・・ »