« 日本代表、敗戦 | トップページ | Mighty Mouse »

2005/08/02

ジメチルポリシロキサン

P1000002_r


何気なくフライベストの整理をしてみた。
「右のポッケ〜」どこかのCMで聞いたフレーズを口ずさむと、そこには「パワーフロート」というフロータントが入っている。
ふと、今まで見たことがない「主成分」の記載に目がいく。
そこには「ジメチコン」と書かれていた。
「ジメチコン」とは「ジメチルポリシロキサン」の略名である。
職業柄、薬剤名がわかると商品名を知りたくなる。
商品名は「ガスコン・ガスコンドロップ」。
「なにぃ〜〜〜〜」である。
このガスコンというのは、病院などで検査の前処置薬などとして、日常的に使われる薬剤だ。
出勤して内視鏡検査室に直行し、ガスコンドロップの容器を手にする。
「これを塗れば、フライが浮いてしまうのか・・・」「ぐふふ・・・」。
もう昼の休憩が待ち遠しくてならない。

昼飯もそこそこに、「ガスコンドロップ」が染みこんだティッシュペーパーの対浮力テストを開始。
べっとり塗りすぎたせいか「沈」。
量を減らしても「沈」。
ドライヤーで乾かしても「沈」。
どうやら「ガスコンドロップ」を呑みやすくするための添加物が邪魔しているらしい。
ここであきらめると「一生分」のフロータントが手に入らないことになる。
ガスコンドロップの溶剤として無水エタノールを使用してみるが「沈」。
無水エタノールでは揮発性が低いかと思い、今度はイソプロピルアルコールに溶かし込む。
イソプロを入れた容器にガスコンドロップを添加し、シェイク!シェイク!
ティッシュペーパーに滴下すると、すっと揮発し瞬時にドライな状態になった。
やったぁ〜!
これで「一生分」のフロータントが確保されたようなもの。
期待を込め水に浮かんだティッシュペーパーの切れ端をつつく。
つつかれたティッシュペーパーは一度沈みながらもふわふわと水面に浮いて・・・来ない(涙)
やはり、添加物が浮力の邪魔をしているようだ。

しかしここであきらめるオジサンではない。
その足で隣の調剤薬局に駆け込み「ジメチルポリシロキサンの薬剤単体で入手できないの!」と聞いてみる。
あまりにせっぱつまった様子だったらしく、すぐに問い合わせますとの返答を得る。
さあ、今後の展開はどうなるのやら・・・興味津々である。


|

« 日本代表、敗戦 | トップページ | Mighty Mouse »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/5285865

この記事へのトラックバック一覧です: ジメチルポリシロキサン:

« 日本代表、敗戦 | トップページ | Mighty Mouse »