« アキアカネ | Main | こりゃいいが、よろしくない »

September 07, 2005

ローリングアントメーカー

P1000001_r

今日は休み。
ナービーというあの台風さえ来なければ今頃は高原川の支流にいるはず・・・(涙)

そんなわけで、午前中ヒマだったので工作をしていた。
作ったのは「ローリングアントメーカー」と勝手に名付けたマシーンだ。
先日来、職場でハードシェルアントのボディーを作っていたのだが、けっこう面倒くさい。
というのも、私のハードシェルアントは「EZシェイプ」という粘度の高いジェル状の素材で作る。
スレッドを巻いて、コーティングをする方法ではないのだ。
「EZシェイプ」は固まると硬質ゴムっぽくなって、何とも言えぬ硬度と光沢を演出してくれる。
フックにこの「EZシェイプ」をたらすと当然ながら重力によってフックの下側に素材が固まる。
それを防ぐためにはどうしたらいいか・・・考えた末たどり着いたのがローリング。
ロッドビルディングの時つかうモーターが余っていたので、100均でアクリル製のブックエンドを買ってきてモーターとスイッチを取り付けてみた。
ウレタンの板を円形に切ってフックをブスブスと刺して「EZシェイプ」滴下。
あとはグルグル回していればOKのはず・・・。
今現在「ローリングアントメーカー」は稼働中なので、まだ結果はでていない。


【追記です】
グリグリ回して出来上がったボディーを基に、パラシュートを巻いてみました。
少しセンターがずれましたが、「EZシェイプ」の滴下時の補正で何とかなると思います。
ま、パラシュートなら軸がずれても大丈夫でしょう。

DSCF1966_r


|

« アキアカネ | Main | こりゃいいが、よろしくない »

Comments

私も、モーターを改良して、乾燥機作りました。でも、まだ1回も使ってないです。用は大量に作ってないというだけですけど。一日2本巻いたら、飽きてしまいますから~。切腹。

Posted by: lefty_haru | September 07, 2005 at 04:48 PM

やはり考えることは誰しも同じ・・・ということでしょうか。
しかし、まだ改良の余地ありですね。
まず回転数が早すぎます。
もっとじっくり回るように改良する予定です。
まあ、これはオフの仕事ですね。
なんやらオフはオフでやることが多いです。

Posted by: standy | September 07, 2005 at 11:06 PM

器用ですねぇ〜。
こんなものを作ってしまうなんて。
スゲェ〜!いや、スゴいです。

Posted by: terry | September 07, 2005 at 11:34 PM

モーターは名古屋のハンズで単品で売ってますよ。
回転数も5回転という遅めのがあります。
階は忘れましたが、ヤスリとか、小型の旋盤がおいてある
コーナーにあります。
値段は¥1500くらいだったです。

ちなみに私のロッド用のモーターは5回転のを使ってます。
遅いほうが、均一に拡がってくれますから。
冬の乾燥用に、ミニ温室に入れる、温度調節つきの保温器を
専用の棚に入れて乾燥させます。

保温器がなければ、ホームセンターで、冬になると置いてるフットヒーターも代用できます。これは小さなコタツみたいなもんですから、温度が適度に上がって使えますよ。

Posted by: lefty_haru | September 07, 2005 at 11:55 PM

terryさん、haruさん、コメントありがとうございます。
どちらかと言えば綺麗なフライを作る人の方が器用ですよ。
この「ローリングアントメーカー」はモーターさえあれば出来ますから。
レベルで言うと「箸と茶碗を持てる人」なら作れます。
このモーターは30回転/分でした。
電圧を下げて回転数を落としてやります。
まだ基盤が余っているので、電圧可変ユニットでもつくりますよ。


Posted by: standy | September 08, 2005 at 06:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/5826880

Listed below are links to weblogs that reference ローリングアントメーカー:

« アキアカネ | Main | こりゃいいが、よろしくない »