« 見たかったなぁ、シェフチェンコ | Main | 風物詩 »

October 16, 2005

シリコナイズ

消化管ガス除去剤「ガスコンドロップ」から始まった、ジメチルポリシロキサンに関するエントリー。
8月2日8月11日の記事に続く「フロータント」ネタ。

DSCF2138

2種類の濃度を持つ「ジメチルポリシロキサン」を入手以降、じっくりとシリコン系物質のことを考察する時間がなく、おざなりになっていたフロータント実験であるが、あいかわらずコトが進まない。
とりあえず、2種類の原液を希釈する溶媒について考えてみた。
第一条件として、フロータントとしての性能を損なわないこと。
ついで、速乾性をもち塗布後、容易に乾燥もしくは揮発すること。
さらに、できれば「ジメチルポリシロキサン」をフライのマテリアルに固着する機能を有すること。
以上の特性を持つ溶媒を考えたのだが、希薄な知識では「アルコール系」の液体しか思い浮かばない。
身の回りに何か無いかと見回すと「薩摩焼酎一升瓶・未開封」というものが目についたが、25%のアルコール濃度では、揮発もままならないだろうし、もったいないので「却下」。
自分のまわりを見渡しても、アルコール性物質といえば「ビール」「発泡酒」「ワイン」くらいしか発見できない。
意を決して、職場で調達することに・・・。
まず、消毒用エタノール500mlという容器に目がいった。
消毒用エタノールと言えば別名「無水エタノール」である。
なんといっても「無水」なのだ。
「無水」といえば、水が混じってないということで、これは別の世界ではたいしたことで
「へへへ、純度99.9%の上物ですぜ、ダンナ」「こりゃあ、ちょっとやそっとじゃあ手に入りませんぜ」
といったワケで、なかなか手に入らないのである。
よし!これで「ジメチルポリシロキサン」を希釈して各種濃度のフロータントを作って実験だ。

と、溶液を作ろうとしたのだが、消毒用エタノールより揮発性の高いアルコールを見つけてしまった。
それは、何気なく、ある装置のメンテナンスボックスを開いた時に見つけてしまった。
装置の油汚れなんかを拭き取るアルコールで「イソプロピルアルコール」というやつ。
このアルコールの揮発はタダゴトではないので、溶媒としての役割を果たしてくれるに違いないという期待が持てる。
「へへへ、ダンナ」の上物なんてメじゃない。
北朝鮮ルートやイランルートのアヤシイブツではなく、日本薬局方なのだ。

さて、各種濃度に希釈したあとの容器も調達したし、あとは実行のみ。
ただ問題があって、どこで実験するかってコト。
以前自宅で少しだけやってみたら、フローリングの床がツルツルになってしまい、顰蹙を買った経緯がある。
安藤美姫ちゃんなら「まあ♪これなら4回転ターンも軽々だわ♪」と喜ぶかも知れないが、自宅の廊下だと「後方1/4回転、ひねりもきかず後頭部打撲」で全治1ヶ月なんてことになる。

やっぱり天気のいい日に庭で実験だ。
(そのうち寒くなって実験は日の目を見ないような気もします)


|

« 見たかったなぁ、シェフチェンコ | Main | 風物詩 »

Comments

イイなぁ~、standyさんの追求・探究するココロ。
趣味の世界は、こ~でなくちゃ!
実験でお手伝いすることがあれば、どーぞお申し付け
ください。私の住まいには庭ないので(汗)、フィールド
レポートならおっけぇです。

Posted by: godzilla2004 | October 17, 2005 at 01:29 PM

godzillaさん、心強いお言葉ありがとうございます。
実は万一(本当にマンイチですよ)浮いたとしても、その次に大きな障壁が待ちかまえていたのです。
それは・・・魚を釣ったあと「ヌル」をとる効果があるのかどうかを確認したいってことです。
それを確認するためには、魚を釣らなくっちゃならない・・・と。
それもドライで・・・・。
美濃では自信ありません、私ではムリです。
その時にはお願いするかも知れませんので、ヨロピク。

Posted by: standy | October 17, 2005 at 01:58 PM

おお~、standyさん、すっかり忘れて、忘却のかなたに飛んでしまっていたとおもっていたのに。
地下活動をしていたのですね。どぶ漬けタイプのいいのって、なかなか無いですから、解禁までには開発>プロト>完成品まで、こぎつけてくださしゃい。

お待ちしてま~す。

Posted by: lefty_haru | October 17, 2005 at 08:32 PM

haruさん、きっちり潜行しての地下活動してましたよ。
写真の白い容器・・・下剤の容器なんですがね・・・コレを集めるのに時間がかかってしまいました。
また忘れた頃に結果報告が出来ればいいのですが。

Posted by: standy | October 17, 2005 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/6433015

Listed below are links to weblogs that reference シリコナイズ:

« 見たかったなぁ、シェフチェンコ | Main | 風物詩 »