« 公共交通機関 | Main | つじのや »

December 21, 2005

トランスミッターを修理する

transmitter
iPodを車で利用する時には、FMトランスミッターを使用してFMラジオで聞くことは、すでにスタンダードスタイルとなっている。
そんな環境に慣れてしまっているので、どんな車に乗ってもトランスミッターが使いたくなる。
ネットオークションで格安のトランスミッターを見つけたので購入した。
現在のトランスミッターの予備という意味も兼ね、買った。
これがあればFMラジオさえ付いていれば、どんな車に乗っても音楽が楽しめる訳だ。
iPodを所有する職場の同僚にも声を掛け、2個の"3in1 Car Kit For iPod"が届いた。
私自身は取りあえずは使うあてもないので、自宅にころがしておいたが、同僚は早速使い出した。
しばらくすると「最近調子が悪い」という。
やはり中国製の粗悪品を掴まされたか・・・という思いを感じた。
話を聞くと、トランスミッター本体の機能というより、シガーライターコネクタとの接触が疑わしかったので分解してみた。
開くと案の定、いい加減な仕事がしてある。
まず目に付いたのが、2カ所あるマイナス側の接続のうち、片側にしか接続がされていない。
これではシガーライターコネクタとのアソビ程度のわずかなゆるみでも接続が切断される可能性が高い。
おまけに全てのハンダ付けが、神業とも思えるほど少量のハンダでなされている。
ある意味、これはすごいことで私の技術ではとうてい無理な所業だ。
しかし例にもれず片側にしか接続していないハンダ付けが浮いてきていて、調子の悪い原因が特定できた。
ちょっと太めのケーブルでちょいちょいと修理して接続テストをすると、シガーライターコネクタをガタガタ揺すったくらいでは問題ないことが確認できた。
同僚のFMトランスミッターを修理すると同時に、自分の予備用を分解してみても、中国ハンダ付け職人の神業が確認できたので、日本人シロートのハンダ付け拙業に差し替えてやった。

カミさんには、中国産食品は買うな!タダでももらうな!と口うるさくいっているが、格安中国製電気製品および電子機器の場合は、箱から出したら分解しろ!が合い言葉になりそうだ。


|

« 公共交通機関 | Main | つじのや »

Comments

こんばんは、standyさん。
笑わせていただきました。ホント、労力の使い方
間違えてますよねぇ、あの中華の国。
あの国製以外を探してもなかなか見付からないのが
辛い所です。いち早くあの国の白物家電メーカーと
技術提携!!した○ンヨー電機の業績不振もむべ
なるかなですわ。そもそも、あんなトコロと(以下略)。

Posted by: godzilla2004 | December 21, 2005 at 06:11 PM

standyさん、こんばんわ!
ボクもFMトランスミッター使ってマス。
帰郷した際にクルマで音楽を楽しむ時には
欠かせないボクのマストアイテムです。
ちなみに“godzilla”ならぬ“ MONSTER”の
iCarPlay Wirelessってヤツです。
こちらは調子はなかなか良いですよ。

godzillaさん失礼しました

Posted by: terry | December 21, 2005 at 10:01 PM

(以下略)以降が読みどころのコメントありがとうございました(笑)
狭い島国で生まれ育ったワタクシとしましては、大陸的な中華思想とは相容れない部分がございまして、あんなトコロ以下の隠されたコメントに同調したくなりましたデス。

Posted by: standy | December 21, 2005 at 10:14 PM

私がメインに使用しているトランスミッターはMathey社の 「iTranser」という製品です。
iPodカラーと言いましょうか、白で統一されたデザインに釣られました。
こちらは国産メーカーですので、故障知らずの製品です。

Posted by: standy | December 21, 2005 at 10:19 PM

FMトランスミッターの増殖は著しいものがありますね。
小生のトランスミッターも今のところは調子が良さそうですが、車の乗り換えにやはりもう一ヶ予備が欲しいところでした。
お値打ち品を求めてのリサーチ中です。
参考になりましたぁぁぁ。

Posted by: 平針雄 | December 22, 2005 at 06:09 AM

おはようございます。
standyさん、結構楽しんでますね。
以前私が勤めていた今話題のM社も、白物の低額商品はご多分に漏れずあちら製でしたが、いくらこちらから技術供与しても仕上がった商品は粗悪品が多く、担当者は泣いていました。ただ、あちら国内で使う分には全然問題なく、日本国内での消費者に受け入れられないという物が多かったということです。
やはり、国民性ですね。(笑)

Posted by: gary | December 22, 2005 at 08:32 AM

平針雄さんも格安トランスミッターをサーチしてみてください。多分中国製品がゴロゴロ出てくることと思います。
でも、改良に加える手間を考えても安いですよ。

Posted by: standy | December 22, 2005 at 10:43 AM

確かにねぇ~、そういうのってあるでしょうね。
でも、中華の国も地域によって随分と人々の資質っていうんでしょうか、人柄っていうんでしょうか、そういったものが変わってくるらしいですね。
本邦の企業もそういった特質を見定めて進出しているらしいです。
そのあたりのことは、深田祐介氏の「新東洋事情」などに詳しく書かれていましたねぇ。

Posted by: standy | December 22, 2005 at 12:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/7750118

Listed below are links to weblogs that reference トランスミッターを修理する:

« 公共交通機関 | Main | つじのや »