« 我が家の風物詩 | Main | 実験、実験 »

January 18, 2006

信長ラーメン

nobu

今日は友人の沢好坊クンと待ち合わせをして、ラーメンの昼食。
数日前に、skypeをしながら「ラ王」のページを見ながら情報交換をしている時に決まったスケジュールだ。
彼も私もラーメン好きで、お互いのblogにはそれぞれ「B級グルメ」「ラーメン」というカテゴリーがあるほど。
今日の私の予定は、午前中愛西市に出かけること。彼は一宮市内で午前中の仕事が終わる。
その後、私は北上。彼は南下。
ちょうど名古屋北部あるいは尾張南部で合流が可能と言うことで、清洲市の「信長ラーメン」で集合することにした。
私の所用が終わったのが、午後12時半。車に乗り込んだ直後携帯電話が鳴る。呼び出し音が沢好坊クンであることを告げている。「もう到着したよォ」
東名阪自動車道の蟹江ICから清洲東ICまで、車を走らせると、あっという間に到着した。
店内どころか外にまで順番待ちの人がいる状態だったが、比較的スムーズに椅子に座ることが出来た。
入店と同時に食券を購入するシステムだったので、その時に買った「チャーシューメンマラーメン」と「穂先メンマラーメン」の食券をカウンターに差し出す。
座席はすべてカウンター席なので、ラーメンを作っている様子がよく分かる。見ているとスープはトンコツ色で、麺は太麺の縮れ麺。
ほどなくカウンター越しに、ふたつのラーメンが手渡された。
まずスープを一口。「うん、うまい」トンコツだけでなく色々な味が混ざっているのが解るが、正体は不明。
麺は弾力に富み、モチモチした感じとでも言おうか。 チャーシューはスープの中でバラバラになるほど柔らかく、味も良いが、やや脂身が多く少しもてあます。 メンマが素晴らしい。太くシャクシャクとした食感は最高だ。
ちょっと塩分が高い感じがして、スープを残すが、平均以上のラーメンであることは間違いないだろう。
しかし、クセになる味かと言われると、私の中ではやや疑問符が付く。

|

« 我が家の風物詩 | Main | 実験、実験 »

Comments

清須の信長ラーメンですか、なつかしいな〜
以前外回りをしていたころ、店の近所のお客さんからウワサを聞き、昼過ぎに入店した事があります。昼食時間をはずして行ったんですが店は満席でした。味はstandyさんが書いたとおりですが、やはり好みはわかれるようですネ。私はそれ以降訪問していません。
そうそう、先日話していた一宮の来々亭へ行ってきました。ここも時間をずらして行ったんですが満席でした。味については今度ゆっくりと・・・

Posted by: gary | January 18, 2006 at 11:19 PM

うんうん、わかりますよgaryさん。
クセにならないので、次回訪問予定はありません。
確かにマズくはないけど、あのレベルのラーメンはどこでも食えるような気がします。
それに比べれば、前回のラーメンエントリーの「つじのや」のほうがインパクトありました。
また、コメダ珈琲店でラーメン談義でもしましょう。

Posted by: standy | January 19, 2006 at 06:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/8219663

Listed below are links to weblogs that reference 信長ラーメン:

« 我が家の風物詩 | Main | 実験、実験 »