« 罪なDVD | Main | 男たちの大和 »

January 09, 2006

全国高校サッカー選手権

yasu_r

開催中の全国高校サッカー選手権大会は、今日の午後決勝が行われた。
2連覇を目指す鹿児島県代表鹿児島実業高校と、初優勝を狙う滋賀県代表の野洲高校の対戦だ。
私が注目したのは、野洲高校のサッカー。
テクニックを重視した華麗なサッカーが、高校サッカーの代名詞のような鹿実サッカーに対抗できるのか。
試合は予想通り鹿実の圧倒的迫力のある攻勢ですすめられたが、そこからの野洲のカウンター攻撃は実に美しい。
まったく高校生とは思えないテクニックを駆使して相手ディフェンダーを翻弄するさまは、美しいとしか形容できない。
特に延長後半の決勝点となった野洲の得点シーンは何度見ても鳥肌が立つほどだ。
Jの舞台でもなかなか見ることが出来ないプレーなのではないだろうか。
まるで、ブラジル代表の得点シーンのよう・・・といっても、決して大げさではないと思う。
鹿実の攻撃も怒濤のようで、大迫力。
とても素晴らしい決勝戦を見せてもらった。


|

« 罪なDVD | Main | 男たちの大和 »

Comments

私も見ました。高校サッカーの方が攻める姿勢がJとかよりもありますから、良いですねぇ。
Jのジュニアにいるよりも高校サッカーの方が露出が多くJへの道は近い様で、中学まではクラブチームにいて高校では高校サッカーをやりプロを目指すのが増えてる様ですね。
あ・・・今度スカイプで話なんぞいたしましょ!
今年も宜しくお願い致します~^^

Posted by: Takai | January 09, 2006 at 06:32 PM

どちらを応援するともなく、好試合に引き込まれていました。
延長後半、野洲高校のゴールが決まると思わず手を打って「よっしゃー!」と叫んでしまいました。
どこぞの国の代表チームにはまねのできない様なカウンター攻撃でしたね。

Posted by: 沢好坊 | January 09, 2006 at 08:29 PM

あれれ、Takaiさんまで読者でいてくれるんですか?
そういえばTV中継の中でそんな話題やってましたね。
A代表での高校サッカー経験者は70%とか・・・。
やはり高校サッカーを経験することによってノビシロが増えるんでしょうか?
Takaiさんと姉羽以外の話題で盛り上がれるとはね。
今後もよろしくね。
そして今年もよろしく。
仕事場に顔出して下さい。

Posted by: standy | January 09, 2006 at 11:03 PM

沢好坊さん、同じです。
野洲が延長の後半に芸術的な得点をした瞬間に手をたたいていました。
それまでは結構公平な目で観戦していたのですが、得点以降は完全に野洲サポーターになっておりました。

Posted by: standy | January 09, 2006 at 11:06 PM

standy さん、こんにちは。

私も高校サッカーの試合、見ていました。最初はあまり期待していなかったんですが、「野洲高校」の試合を見てから、考えが変わりました。

高校生と言っても、レベルが高い試合。「Jリーグのチームとも、互角に戦えるんじゃないか」と思いました。
(決勝戦の延長、ゴールが決まった時は、思わず拍手をしてしまいました。)

以前、市立舟橋高校が、天皇杯で、横浜マリノスと戦って、善戦した事がありました。その時は、「Jリーグのチームなのに、情けない・・・」と思いましたが、今回の野洲高校の試合を見て、「高校サッカーのレベルは、相当高いんだなぁー」と、思い直しました。

Posted by: kyu3 | January 10, 2006 at 08:14 PM

ヤッパ見てました。
いや~よかったですね。本当、鳥肌もんでした。
野洲の山本監督の「セクシーサッカー」はマスコミの前では
あまり言わないほうが良いかもしれませんね。
普通の人からだと、その真意は判らないかもしれないですから。
フリットがフィーゴ擁する当時のポルトガル代表を例にあげて言ったことなんですが、
普通紙なんかだと、肝心の部分が書かれてないので、誤解を生じそうです。

Posted by: lefty_haru | January 11, 2006 at 01:39 AM

kyu3さん、おはようございます。
わたしも、延長後半の得点シーンでは、ゲンコを突き上げ「やったぁ」と叫んでいましたね。
野洲高校の選手達はこの「野洲サッカー」を忘れることなく成長し、日本サッカーに生かして欲しいですね。

Posted by: standy | January 11, 2006 at 10:13 AM

haruさんも見てましたか。
「セクシーサッカー」どころか「エロいサッカー」と言ってましたよ、山本監督。
あのどよめきが起こったサイドチェンジから先の流れはしばらく忘れそうにないほど「エロい」事は確かです。

Posted by: standy | January 11, 2006 at 10:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/8077770

Listed below are links to weblogs that reference 全国高校サッカー選手権:

» 決着 [左利き流 分家]
1月10日全国高校サッカー選手権決勝。場所は聖地国立。昨日の決勝戦は最後まで見るものをとりこにした。連覇を狙う鹿児島実業。かたや初出場の野洲。野洲といえば、滋賀県の名河川、野洲川がある。超大物ポイントで有名だったのは昔の話。今は河川開発と取水でズタズタにされてしまった。それでも、時期になるとビワマスの遡上が見られるらしい。 自然がまだ残ってる滋賀県の野洲高校は新人戦、インハイ共に予選どまり。全国大会はこれが初めて。部員16人からはじめた野洲のサッカー部は山本監督のポリシーを貫いて、高校サッカー... [Read More]

Tracked on January 11, 2006 at 12:36 AM

« 罪なDVD | Main | 男たちの大和 »