« 男たちの大和 | Main | 信長ラーメン »

January 14, 2006

我が家の風物詩

今年も、静岡県の沼津から干物が届いた。

P1000001_r

毎年年頭になると我が家に干物が届く。
今年は鯵と金目鯛。
この干物は、弟の知り合いである水産会社から送られてくるのだが、ここの干物は天日干しにこだわった逸品。
最近は干物でも、機械干しがほとんどで、手間暇のかかる天日干しで作っているところは多くないそうだ。
機械干しと天日干しの差は、開いた面に生成されるグルタミン酸やイノシン酸などのウマミ成分の量であるという。
温風器の中で、ざっと乾燥される機械干しでは、どうしてもウマミ成分が凝縮された皮膜が薄くなってしまい、その結果味が薄いと感じられる干物になってしまうそうだ。

この時期の干物は、味の良さもさることながら、正月休みでズボンがきつくなったウエストの修正には恰好の低カロリー食物。
ただ、白飯もどんどん食べることが出来てしまうので、そこのところ要注意である。


|

« 男たちの大和 | Main | 信長ラーメン »

Comments

そんなに旨いものなら、我が家にもおすそ分けがあると嬉しいですネ。1枚を家族4人で分け合いますので…

Posted by: 沢好坊 | January 14, 2006 at 11:38 PM

取に来ていただけるならば、おすそ分けもやぶさかではありませんよ。 取に来るならね。

Posted by: standy | January 15, 2006 at 10:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/8159994

Listed below are links to weblogs that reference 我が家の風物詩:

« 男たちの大和 | Main | 信長ラーメン »