« マネーゲーム | Main | なんか似てる・・・ »

January 28, 2006

音楽鑑賞

komakisynpho_r今日の午後からは、小牧市民会館で開催された、第12回小牧市交響楽団定期演奏会に出かけた。
小牧市交響楽団は、2000年2月、広く中部圏の音楽芸術文化向上を目指した 本格的なオーケストラとして設立された。また、交響楽団としては我が国 で初めてのNPO法人として認可を受けている。
元名古屋フィル奏者・佐藤宏を音楽総監督に、公開オーディションにより 全国から優秀な演奏家を結集。名誉主席指揮者として秋山和慶氏を、また専属指揮者 として吉田行地氏。
今日の演奏はバイオリンソリストの稲庭達氏を迎え、歌劇「オイリアンテ」序曲/ウェーバー、ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調Op.26/ブルッフ、交響曲第3番 変ホ長調Op.97「ライン」/シューマンなど。
開演と同時に静まったホールに、澄み切った交響楽の音色が流れる。一曲目の「オイリアンテ」は、「魔弾の射手」で有名なウェーバーの作品。指揮者の吉田行地氏のメリハリのきいた指揮が五線譜の上を走る。時にゆっくりと、時には駆け足で・・・。
2曲目で稲庭達氏のバイオリンソロが始まる。特筆する音響効果の無いホールにもバイオリンの音色が行き渡っているのが判る。pp(ピアニッシモ)の音色すら綺麗に流れてくるのがすばらしい。
目を閉じて聞いていると、連夜のskypeによる睡眠不足が顔をもたげ、睡魔が襲ってくる。ここは無理に睡魔と格闘するのはやめよう。聴衆の拍手で覚醒し文字通りの夢心地から覚めた。周りを見渡せば、睡魔に身をゆだねた聴衆もそこかしこにいるようだ。みんな快適な時間を過ごし、市民会館をあとにする。
やはり、スピーカーから流れてくる音とは違う「生の音」を聞くということは素晴らしい。また、機会があれば聞いてみたいものだ。

|

« マネーゲーム | Main | なんか似てる・・・ »

Comments

こんにちは。こちらの記事に、トラックバックさせてもらいました。

「小牧市交響楽団」の演奏、私も、正月にアピタで行なわれた「ミニコンサート」で、聞きました。アイドルや高校生の演奏とは各段に違い、「とてもレベルの高い演奏だなぁー」と思いました。

Posted by: kyu3 | January 29, 2006 at 01:56 AM

kyu3さん、こんにちは。
ウチの娘も高校生の時にはずっと吹奏楽部で、その県大会なんかも見に行きましたが、やはりプロは違いますね。
市民会館がほぼ満席になっているのを見て、人気の高さに驚きました。

Posted by: standy | January 29, 2006 at 08:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/8380747

Listed below are links to weblogs that reference 音楽鑑賞:

» 小牧市交響楽団の「定期演奏会」(小牧市民会館) [桃花台新聞]
1月28日(土)、「小牧市民会館」で、「小牧市交響楽団」の「定期演奏会」が、行なわれるそうです。時間:午後 2時 開演(午後 1時30分 入場) 料金:4000円(一般 指定席)、3000円(一般 自由席)、1000円(小中高校生 ※自由席のみ)、当日券は、各500円 増し ※支援会員は、1000円 割り引き ※「アートフレンド」は、500円 割引(※小中高校生は、割引なし)チケットの販売は、小牧市交響楽団 事務局、小牧市教育委員会 文化振興課、ジャスコ 小牧店などで、販売されているそ... [Read More]

Tracked on January 29, 2006 at 01:50 AM

« マネーゲーム | Main | なんか似てる・・・ »