« Songbird | Main | ATOK流行語辞書 »

February 24, 2006

Khorosho! Conguratulations! 荒川

20060224_296_450

トリノ冬季オリンピックが始まって以来はじめて早起きをしてTV中継を見ました。 種目は女子フィギュアスケート。
地元から選出された安藤も見たかったのですが、なんと言ってもショートプログラム上位の荒川と村主の演技が見たかったからです。

午前5時過ぎに安藤登場ですが、ウォームアップの時から表情も硬く、回転の練習ではコケたりして、イマイチっていう感じでした。 演技が開始され最初の回転に4回転をもってくるという言葉どおり、試みたものの着地直後の転倒で結果的には失敗でした。 これが尾を引いたせいか、後の演技ははぼろぼろといってもいい状態で、少しかわいそうだったなぁ。 

そもそもマスコミが騒ぎすぎですよね。 もっと静かに選手たちが心の平静を保てるような報道が出来ないのものでしょうか。 確かに報道する権利はあるものの、選手たちにプレッシャーを与えるようなプライベートな部分まで突っ込んだような質問を繰り返すマスコミに限って、報道が義務であるような心違いをしているんじゃあないのかなぁ。 安藤が「4回転を飛びます!」と言ったのも、自分の言葉じゃなく周囲の期待が言わせた言葉のようで、心苦しいですね。 マスコミはじめ国民は、もっと暖かく見送って、結果が出たら大騒ぎするっていうスタンスでもいいと思いますけどね。 
安藤の演技中、笑い顔が見えず、一人の娘を持つ父親として私は「もう止めて帰ってきなさい・・・」といってあげたくなってしまいました。

午前6時半に近づいたころ、荒川が登場しました。 荒川はウォーミングアップの時からすごく落ち着いて見えましたね。 風格漂うなどという言葉が似合う感じでした。 逆にアメリカ代表でショートプログラムで1位に立ったサーシャ・コーエンは調子悪そう。 案の定、サーシャ・コーエンは、本来の出来ではない不本意な演技で本番を終えることになってしまいました。

荒川の演技は力強さの中に女性らしさが見え、最初から最後まで流れるような美しさで、感動を与えてくれるものでした。 本人はミスが一箇所あったと、後のコメントで言っていましたが、見ているほうは当然ながらどこでミスを犯したのか分かるはずはありませんよね。 荒川の演技の最中は、それまで自国イタリアのカロリナ・コストナーの演技の時だけ騒がしかった会場が拍手の壁でおおわれたようになりました。 演技終了後は、この日はじめてのスタンディングオベーションで興奮に包まれ、荒川の演技の素晴らしさを現してくれました。 恥ずかしながら、荒川の演技中は心臓がドキドキしてしまいましたね。

続いて演技するのは、コチラも日本代表の村主。 彼女もスタンディングオベーションを受ける二人目の選手となりましたが、やはり線が細いせいか、荒川に続いての演技は少しかわいそうだったかも。 でも、この村主の演技についていつも思うのですが、思うほど得点が高くないような気がするんです。 ショートプログラムの時もそうでしたけど、採点方法にマッチしていない演技なのでしょうかね。 

最終の競技者は、ロシア代表のイリーナ・スルツカヤ。 サーシャ・コーエンが不本意な演技で終わった今、荒川の上を行く可能性があるのは、彼女だけです。 現実的にはイリーナ・スルツカヤがノーミスで演技を終了させたらショートプログラムでわずかながら得点が勝る彼女が勝つ可能性が高いのです。 さすがに彼女は落ち着き払い演技を進めます。 しかし最後の回転でなんと転倒。 その瞬間荒川が表彰台の一番上に立つことが確信できました。 

私の考えとしては選手自身がメダルについて語るのは自由ですが、周囲は選手がメダルを獲得したときはじめて「メダル」という言葉を使わせていただいてもいいと思いますので、書きますね。

「荒川さん、金メダルおめでとう! ハラショー! コングラチュレーションズ!」

|

« Songbird | Main | ATOK流行語辞書 »

Comments

私も、今朝は朝5時起きでした(眠)
日本の三選手ともよく頑張りました。特に荒川選手はすばらしかったですね。ショートプログラムが終わった時点で、日本の放送局がアメリカの放送局のスポーツアナウンサーにインタビューをしていましたが、自国の選手の金メダルを予想せず、荒川選手を金メダリストに予想していたのを思い出しました。サーシャはやはりガラスのハートの持ち主だったんですね。世界選手権と違い、オリンピックには一種独特のプレッシャーを選手に与えるようで、私たち凡人には計り知れない雰囲気があるようです。
村主選手もほとんどミスはなく、私たち素人から見れば完璧に見え、なんで?と思ってしまいますが、やはり採点競技の難しさで、ポイントがとれなかったようです。
安藤選手については、まだ若いので4年後に期待しましょう。
まあ、どちらにしても感動を与えてくれた三選手に拍手を送りたいと思います。

Posted by: gary | February 24, 2006 at 09:14 PM

今朝も早起きしてエキシビション見ちゃいました。
本当にエレガントで美しい演技でした。

見ていてフィギュアというのは欧州の文化なんだなと感じました。
オペラやクラシックコンサートなどに通じる部分が多いように思ったですね。
観客の反応もそれに近いものがあり、すばらしい演技には惜しみない賞賛を、残念な演技には暖かな拍手を与えてくれました。
見ていてすがすがしかったです。

どこかの民意の低い国のブーイングだらけのサッカー大会とは大違いです。

Posted by: standy | February 25, 2006 at 07:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/8817383

Listed below are links to weblogs that reference Khorosho! Conguratulations! 荒川:

« Songbird | Main | ATOK流行語辞書 »