« 明日の記憶 | Main | アーシング&コンデンサチューン »

May 28, 2006

おとながい

Shofuku
春日井市民病院の東向かいに、外食系の店舗に並んで、独特の雰囲気を醸し出している店舗がある。
それが「笑福本舗」という駄菓子屋。
先述のように、周囲は鰻屋・喫茶店・寿司屋などの外食系の店舗を中心とした、グルメストリートといっても良い環境。その中で店頭に「タイガーマスク」やら「あしたのジョー」「鉄人28号」などの等身大?(人間の大人スケール)の人形をずらりと並べた店は、一種異様な雰囲気さえ放っている。
店内に入れば、そこは昔懐かしい「駄菓子屋」そのもので、所狭しと並んでいるのは、子供の頃毎日のように小銭を握りしめ通った「駄菓子屋」にあった数々の商品。当時の思い出が即座に脳裏に浮かぶ。
昔は、小学校の近くや住宅地の片隅に必ずと言っていいほどあった「駄菓子屋」が、現代のグルメストリートに突如として出現した感じのこの店は、数年前に開店し、それ以来たまに訪れている。
今回もローソン限定 チロルチョコ イチゴ大福が置いてないか探しに来た。さすがにローソン限定と謳うだけあって、いつものチロルチョココーナーには置いていない。それどころか、チロルチョココーナー自体が消滅しており、しょうがないので帰ろうかと娘を促した矢先、目にとまったのが「チロルチョコきなこもち」。
「チロルチョコきなこもち」は、人気の商品であり、前回この店に来たときには、他のチロルチョコ製品は置いてあったものの、「チロルチョコきなこもち」は「売り切れ・次回入荷未定」の但し書きがされていて置いてなかった。
それがどうやら今回は、少数だが入荷できて、いつものチロルチョココーナーとは違った、目立つ場所に4箱のみ置いてあったのをすがさずゲット。
1個20円の「チロルチョコきなこもち」が100個入って1000円と定価の半額で買えるのもこの店の魅力。
子供の頃、握りしめて汗ばんだ小銭で、限られた物しか買えなかった反動が、「おとながい」に走らせるのだろうか。
ちなみに、この店は小銭を握りしめた子供も多いが、それ以上に「おとながい」をする中年男性もよく見かける。
娘と来店したので、以前「おとながい」実績があったものの、今回購入できなかった(買うと娘がバカにした冷たい目をするので・・・)「ようかいけむり」は、今度こっそりと「おとながい」しに来なくっちゃな。

|

« 明日の記憶 | Main | アーシング&コンデンサチューン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/10272907

Listed below are links to weblogs that reference おとながい:

« 明日の記憶 | Main | アーシング&コンデンサチューン »