« おとながい | Main | 低料金でハイウェイを走る »

June 02, 2006

アーシング&コンデンサチューン

Earthing

通勤と釣り用に購入したジムニー。軽の4WDという、いままで乗ったことのないカテゴリーの車で、購入以前に抱いていたイメージと合致した部分もそうでない部分も見られた。
乗り心地という点では、購入前にずいぶん脅かされた(最悪の乗り心地だゾ・・・と)こともあり、想像以上の快適さ。所有するファミリーカーのふわふわ感に慣れていた身には、ある種新鮮であり、ロールも少なく小気味よくコーナリングをしてくれる点は楽しさすら感じる。シートも板のような物を覚悟していたが、ホールドも問題なく、腰痛緩和のためのランバーサポートが付いているのにも驚いた。おまけに肘掛けまで付いていて、乗り心地のどこに文句があろうかというのが感想だ。
走りも、確かにスタート時のもたつきはあるが、それは所詮660ccという排気量の制限があるのだから致し方なしと割り切ることが出来る範囲内。ターボが効く3000回転からの走りは、もう完全に実用域で、タービンの音が加速感を増してくれる。タービンの音聞きたさに、3000回転付近を前後するアクセルワークになってしまう。さすがに80km/h以上の速度になると物足りなさを感じるが、これも前述の排気量制限によるのもで、致し方ない。総合的に見れば不満はない。
勿論問題点はある。そのひとつがハンドルの軽さ。人差し指どころか、小指ででも回せるほど軽い。この車特有のものなのか、ジムニー全体の物なのかはわからないが、ハンドルの軽さにはまだ慣れることが出来ない。ハンドルレスポンスもよく言えばシビア。だが、タイヤの細さも関係して、わずかな轍の凹凸も拾い、それが直接的にステアリングに反映してくる。高速道路などでは、それが直進安定性の悪さという現象で現れるので、運転には結構注意が必要だ。
さて、本題。
思ったより、走りも乗り心地もいいジムニーだが、思ったより燃費が悪い。
街乗りでも、高速道路を使った釣行でも10km/l前後で、もう少しいいと思っていたのが裏切られた感じ。
その対策に、ヤフオクで格安に売られていた「アーシング&コンデンサチューン」キットなる物を落札して取り付けてみた。
アーシングとは、マイナス電極を車体全体に持つ車特有のボディーアースを強化し、可及的に抵抗の少ない電気環境にし、電装品の性能を引き出す処置。コンデンサチューンとは、バッテリーの±両極間にコンデンサを取り付け、蓄電することによって、一時的に起こる電圧低下を回避する処置。
このふたつを組み合わせると、たとえばロスの少ないプラグのスパークを得、燃焼効率を高めるとか、抵抗によって性能限度まで引き出せなかったヘッドライトの照度を増すとかいった効果がある・・・らしい。
ここらの問題に関しては体感的なものがあるので、どのように変化が現れたかというのは、主に主観によるので、参考程度にしかならないと思うが、とりあえずの感想をば。
パワーウインドウの上下動の速度が速くなった。これは間違いない。バッテリーは新品なので、バッテリーの劣化によりパワーウインドウのモーター速度が落ちているコトは考えにくいので、これは素直に取り付けによる変化と考えたい。
あとは、ヘッドライトが明るくなった・・・ような気がする。 
カーステレオの音質が良くなった・・・ような気がしないでもない。
加速や総合的な走りはとりたてて実感できていないが、確実に取り付け前後の変化を数値的に観察できる手段がある。それが燃費というヤツ。
燃費は、感覚的な変化ではなく確実に数値データとして表されるので効果が確認できる唯一の手段と言ってもいいかもしれない。
取り付けたのが昨日で、燃費の計測はまだなされていないが、数日後にはわかるはず。総合的には数ヶ月先を待たないとならないのが、モドカシイ。

|

« おとながい | Main | 低料金でハイウェイを走る »

Comments

オッ!早速、改造道を走り出しましたね。
stabdyさんの愛車は私のと同型なんで、たぶんインプレッションは同じだと思いますが、燃費はやはり街乗りではそんなもんですね。1tの車体を660ccの心臓では期待できないです。
でも、それにもまして運転の楽しさを与えてくれますから・・・

うちの改造の参考にしますんで、次回の改造記も期待してます。

Posted by: gary | June 03, 2006 at 08:24 AM

早くも禁断の道に足を踏み入れましたね!
アーシング&コイルですか、手始めのチューニングとしてはタダシイ選択です。
次にやるのが前後バンパー交換かな?その後はお決まりの足回りとなるハズ。
タイヤはジムニー専用っつー事で、YOKOHAMA ジオランダーM/T で決まり。
サスペンション系は釣り目的ならばノーマルで十分です。クロカンで転けた
いなら話は別ですが、釣りには百害あって一利なしです。
ライト系のチューンは必須項目です。出来ればヘッドライト交換&補助灯追加を
できるだけ早くやってください!視力減退のじじい達にとって暗い夜道は危険だよー。

Posted by: 101 | June 03, 2006 at 01:59 PM

garyさん、どうもですよぉ〜。
走りに関しては、低速トルクが太くなったような気がします。
garyさん、まだやっていないなら電装系のチューニングはしてもいいかもしれませんよ。
あとは、プラグ&コードなどで着火を強化してもいいかな。
またレポしますね。

Posted by: standy | June 04, 2006 at 06:59 AM

101さん、私は多分エクステリアを改造することはないですね。
バンパーはノーマルで十分だし、足回りにも不満はないのでこのままです。
次は、サブバッテリーを装備する予定です。
とりあえずは、後部座席の撤去ですね。

Posted by: standy | June 04, 2006 at 07:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/10357973

Listed below are links to weblogs that reference アーシング&コンデンサチューン:

« おとながい | Main | 低料金でハイウェイを走る »