« アーシング&コンデンサチューン | Main | やっぱ、バスはいやだな »

June 03, 2006

低料金でハイウェイを走る

Highway
友人のT氏から格安の料金で高速道路を周遊する・・・という遊びを教えて貰った。
どうせなら、最安値に挑戦しようと軽自動車でETCの通勤帯割引を利用し、最低価格を追求することにした。
住んでいる場所によって、色々なルートが設定できると思うが、今回は名神高速道路〜東海北陸自動車道〜東海環状自動車道〜東名高速道路と周遊した。
もちろん走り回るだけでは能がないので、ルートの中に3カ所あるハイウェイオアシスにすべて立ち寄るという遊び方にしてみた。
料金については当初半信半疑だったのだが、途中の「鞍ヶ池公園」で、ヨソのジイサンが、同じ手口で楽しんでいると言うことを盗み聞きしてからは、最終出口でゲート横に表示される料金を見るのが楽しみでならなくなった。
興味のある方は、拙ホームページの”おでメモ”をご覧いただければ、詳細が記してある。
でも、これってみんなすでに知っていることで、オレだけ知らなかったのかな?


|

« アーシング&コンデンサチューン | Main | やっぱ、バスはいやだな »

Comments

むむむ。早くも決行されたわけですな^^

先ほどodememoも見させて頂きました。この遊びはチェックバリアが無い限り有効なんで、他の場所でも使えるんですよね。もっと広大な周回も可能かと・・・例えば、中央道-長野道-関越道-北陸道-名神とか^^; また時間と暇のある時にお試し下さい^^

Posted by: T氏 | June 04, 2006 at 12:18 AM

 あ・・・

別ルートの関越道は間違いですね^^; 正しくは上越道ですね。
えっと、ほんまは低料金でハイウェイを走るってのが目的では無くて、高速に併設された地方の施設に貢献する旅ですので・・・
高速道路は移動手段としての一つですので、目的地と到着地間の料金になるのは当然な事なんで、浜松にあるチェックバリアは反則なんですよね、本来は。
 誰かやってくんないかなぁ~。北陸道経由を。。。

Posted by: T氏 | June 04, 2006 at 12:33 AM

オメデモも併せて拝見しました。
「ん?んん!!」。
本当に〝150円〟というプライスでこれだけの小旅行が出来るとは・・・。
イエロープレート族として、ぜひ平日の休みに実行に移したくなりました♪

Posted by: 平針雄 | June 04, 2006 at 04:49 AM

T氏さん、お陰様で楽しめました。
ハイウェーオアシスから本線に出る毎に、ETCが何かをしゃべるので、チェックされているのか不安になりましたが、そうでなかったようで安心しました。
遠大な北陸道経由を基にしたルートは楽しそうですが、時間的な余裕がないとだめですね。

Posted by: standy | June 04, 2006 at 07:08 AM

平針雄さんも知らなかったですか?
高速道路も付帯施設が楽しめるようになって、こんな遊びが可能になってきましたね。 ただ、噂によればチェックバリアの設置も検討されているようで、はやいとこ試したほうがいいかも。
計画を立てているときは楽しいもんです。

Posted by: standy | June 04, 2006 at 07:21 AM

 standyさん。
 ゲート以外では、ETCのカードは抜いておきましょう。
 基本的には、Hシステムで車両の通行状態はチェックされてるはずなんですが、料金との連動はまだ無いようですので大丈夫ですね。

 standyさんの今回の周遊コースは全長で200キロ弱なんですが、北陸道経由ですと800キロ近くとなるはずですので、本来の目的であるPAの旅は無理そうですもんね。

 元々私が聞いたのは、自動車屋さんがエンジン等のチェックの為に走るには丁度良いって話からなんですが、フェラーリなんかのエンジンを回さないと不調になる車をご所有の方はたまにはこのルートでエンジンにカツを入れるのもいいかと思いますよ。

Posted by: T氏 | June 04, 2006 at 08:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/10380940

Listed below are links to weblogs that reference 低料金でハイウェイを走る:

« アーシング&コンデンサチューン | Main | やっぱ、バスはいやだな »