« ハーベスター八雲 | Main | 子犬教室 その1 »

July 27, 2006

竜虎の一戦

001
オールスター戦も終わり、ペナントレース後半の開幕ですが、セントラルリーグは、我がドラゴンズとタイガースのマッチレースの様相を呈してきました。 したがって、後半戦開幕のタイガースとの三連戦は、リーグ優勝を確かなものにするためにも、落とすことの出来ない天王山となりました。 タイガースとの対戦は、まだ多くを残しているので、この先天王山だらけ・・・といった気がしないでもないのですが、名神高速の天王山のように「トンネル」「渋滞」とならなければよいのですが。 昨夜は、後半開幕から二戦目、先勝して迎える大切な試合です。 先発の山本昌が初回いきなり浜中にホームランを打たれたところで座席に着きました。 席は、一塁側(ドラゴンズ側)ダッグアウトの上あたりの「スーパーダイヤモンド」と格付けされた席で、非常に見やすい席でした。 その裏、荒木、井端と出塁し、ノーアウト2・3塁の大チャンスを迎えましたが、クリーンアップがタイガース先発の福原のスローカーブに全くタイミングが合わず、この拙攻が試合を厳しいものにしちゃいましたね。 しかし、ナゴヤドーム観戦負け知らずのワタクシが行ったからには、逆転が起こると信じていたら、7回裏に見事な逆転劇を演じてくれました。
002
そして、最終回は当然守護神岩瀬の登場。 この場面でタイガースファンはゾロゾロ帰り出します。 岩瀬の力って偉大なんですね。 当然のように無得点で押さえて、連勝。 ここで三連勝としてペナントレース独走の体制を整えて欲しいもんであります。
005
ところでワタクシ、ナゴヤドーム公式戦で負け試合を観たことがないという幸運なオトコでありまして、女神ならぬ男神(オガミっていうんでしょうか)状態なんであります。 天王山の二戦目という大事な一戦を勝たせるために出向いたのですが、これからも大事な試合には出向いてやってもイイカナ?と思っております。 どうしても愛するドラゴンズを勝たせたいとお思いの方は、一勝を差し上げますので、チケット下さい。

ただ、気になった点が一点。
ドラゴンズの応援なんですね。 応援団の方々はそれなりに頑張ってお見えでしょうが、どう見てもショボイ。
タイガースの応援のほうが数段優れていますね。 ナゴヤドームでの試合なのに、甲子園でやっているようなパワーあふれるタイガースの応援でした。
ドラゴンズの応援は、なんかばらばらで、統一がとれていない感じでしたが、タイガースの応援は、敵の応援ながら、知らず知らずに足でリズムとっちゃいました。
さすがに、勝利の後のバンザイコールは、みなさん揃って「バンザーイ」でしたけど。


|

« ハーベスター八雲 | Main | 子犬教室 その1 »

Comments

いや~、本当にいい試合でした。
オトナの席での観戦ですから、応援はここぞと言うときだけで、落ち付いて見れてよかったです。
とは言うものの、福留の逆転タイムリーの場面は、立ち上がって大声を発してしまいましたが…

また、ぜひお誘いください。

Posted by: 沢好坊 | July 27, 2006 at 10:15 PM

いやぁ、今日も勝ったようです。
試合展開は昨日とそっくり。
いい試合してますね。
これで、独走態勢か?

Posted by: standy | July 27, 2006 at 11:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/11118778

Listed below are links to weblogs that reference 竜虎の一戦:

« ハーベスター八雲 | Main | 子犬教室 その1 »