« 竜虎の一戦 | Main | 子犬教室 その2 »

July 28, 2006

子犬教室 その1

最近はペットにも社会に対応する能力が求められているようで、その第一弾として色々なところで「子犬教室」が開催されているので、それに出席してみました。「子犬教室」は、動物病院やペットショップで随時開催されているようですが、今回は犬山動物病院の教室に参加しました。

教室は、どちらかと言えば飼い主に対しての教育が主で、テキストに従って、動物行動学を学んだ獣医師とAHTが子犬のしつけを中心に話を進めてくれます。
動物行動学もどんどん変化しているようで、以前の躾の方法とは変わってきている部分も多く見受けられ、例えば排泄の教育でも、以前なら間違った場所で排泄をした場合、お尻をたたいてしかると言った方法がとられていたものが、決まった場所で排泄出来た場合は、大げさにホメ、間違ったときには、犬が見ていないうちに片づけ、決して叱らないといったふうになってきているようです。
そんな話を聞きながら、休憩時間には同じくらいの大きさの犬同士を遊ばせ、子犬の性格を知ることなども出来ます。
子犬も本来持って生まれた性格というのがあって、引っ込み思案な子犬や攻撃的な子犬など、千差万別らしいです。 生後2−3ヶ月くらいの子犬たちを集め、幼稚園のような環境を作って、他の犬や飼い主などとふれ合うことによって、より社会に対応できる犬に育つようです。

「きなこ」はといえば、活発でややマイペース。 年上のダックスにも物怖じすることなく、果敢にじゃれにいきました。 しかし、本当に噛みついたりはせずに、うまく遊べるようで、ホメられていました。
超攻撃的な犬だったらどうしようかという心配(引っ込み思案でないことは確信してたので)は、杞憂に終わりました。

教室が終了して自宅に帰った「きなこ」は、さすがに疲れたのか、ぐったり。
そうこうするうちに、イビキをかいて熟睡体制に入りました。
(動画は音声を大きめにしてみてください。 きなこのイビキが響きわたります)

さて、来週の「子犬教室」どのような展開になるのか? 楽しみです。

|

« 竜虎の一戦 | Main | 子犬教室 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/11130780

Listed below are links to weblogs that reference 子犬教室 その1:

« 竜虎の一戦 | Main | 子犬教室 その2 »