« 膝が痛い | Main | 寿しのます屋 »

July 14, 2006

麺厨房 あじさい

Ajisai1

北海道に釣り旅行に行ってきました。
今年利用の空港が函館空港ということもあり、最終日は時間を空けて観光・・・というか、土産物買いに走り回りました。
といっても、それは同行の「沢好坊クン」の話。 私のほうは、特に土産物の要求もなく「気はココロ」程度の買い物で済ませることが出来たので、ブラブラしながら一昨年の秋カミさんと訪れた「函館ベイエリア」と呼ばれる一帯を歩いておりました。
するとそこには、一昨年には見られなかった飲食店エリアが展開されており、今流行のスープカレーの店やらジンギスカン、回転寿司店などがあるではないですか。 
このスポットは「函館ベイ美食倶楽部」と名付けられているようで、その中でもエリアの入り口、一番目立つ場所に「麺厨房 あじさい」がありました。 この店は函館塩ラーメンの有名店で、新千歳空港のラーメンコーナーでも見かけたことがあります。
ちょうど昼時ということもあり、店の前は長蛇の列で、並ぶのに少し躊躇しましたが、見ていると並んでいる最中にオーダーを取ってくれるシステムで、けっこう回転が速そうなので、並ぶことにしました。
回転が速いといっても、何十人も並んでいるので結局1時間弱並んで、ラーメンにありつくことが出来ました。

Ajisai2

注文したのは、ふたりとも「塩ラーメン・ハーフ」と「醤油ラーメン・ハーフ」という欲張りなメニュー。
この他にチャーハンなどの基本メニューには「ハーフ」というラインアップがあるようで、あれこれ食べたい欲張りな人には格好のメニューかも知れません。
待つことしばし、ハーフのラーメン丼が目の前に並びました。 まずは両方のスープを飲み比べ。 まず、醤油ラーメン。 「う〜む、ふつうの醤油ラーメンだ・・・」残念ながら、函館に来てまで食べる味ではなかったです。
続いて、売り物の塩ラーメン。「これはウマイ!」。なるほど、函館塩ラーメンと冠をつけられる理由が分かったような気がします。 
まずは、一気に醤油ラーメンのほうを片づけちゃいました。 そして水で口の中をリセットしてじっくりと塩ラーメンに取りかかりました。 細麺ながら固ゆでで提供されるので、どうにか麺の感触を楽しむコトが出来ました。
透き通ったスープにそぐわないほどのコクのあるスープだからこそ、ストレートに近い細麺でも相性が良いのでしょうか、実をいうとそれほど塩ラーメンの好きでない私でも、一気に完食してしまいました。
トッピングのチャーシューも良いできで、美味しく食べることが出来ました。
空港や土産物屋で、この「麺厨房 あじさい」のラーメンが売られてましたが、買わずに帰ってきたのですが、こうしてBlogを書いているとまた食べたくなって来ちゃいます。
通販もOKなようですので、買いに行ってくることにします。


|

« 膝が痛い | Main | 寿しのます屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/10931875

Listed below are links to weblogs that reference 麺厨房 あじさい:

« 膝が痛い | Main | 寿しのます屋 »