« 麺厨房 あじさい | Main | M:i:Ⅲ »

July 16, 2006

寿しのます屋

Masuya1_1
うまい寿司屋に行ってきましたぁ〜。 愛知県からだと、さすがにちょっと遠いから、それほどしょっちゅう行ける場所でないのが難点かな。 場所は、北海道二海郡八雲町の熊石っていうところ。 町村合併で八雲町になったけど、未だに熊石町と言った方が分かりやすいかも。 熊石町は「あわびの町」としても有名で、町内の国民宿舎にはアワビのフルコースが設定された宿泊プランもあるくらいで、過去2回宿泊してどちらでもアワビを食べまくって、食後には食卓に散乱した数十枚に及ぶアワビの殻に、満足したなぁ〜。 今回は、宿泊地が八雲町というこで、アワビ三昧とは行かなかったけど、熊石の寿司屋で満足してきました。 この寿司屋、国道沿いにあることはあるんだけど、そのたたずまいは、寿司屋には見えない・・・っていうか、店に見えない。 「ここに寿司屋があるぞ!」と主張していないところがシブイ。 この店は札幌に住み、道南には釣りでよく来ている「札幌のイワナ」氏に教えて頂いた。 ここらあたりに寿司屋があるはず・・・と分かっていても見逃しそうになったくらいさりげない店構えだけど、中身はさりげなくないんだなぁ、コレガ。 午前中釣りをして、釣り装束のまま店になだれ込んで、ランチメニューの中から「デラックスにぎり(九カン)」を注文すると、大将が丁寧ににぎり始め、マグロ、ブリ、サーモン、ヒラメがカウンターの上に並べられた。 ネタの下にちらりと覗くシャリの色が心なしかくすんで見える。 聞いてみると、寿司酢に「赤酢」という種類の物を使っているとのことで、確かに赤っぽい。これが、酢を主張せず、甘くもなく、なんともいえずウマイ。 どんなネタでも来い!って感じで、ネタを引き立たせてくれるんだな。 もちろん上に乗るネタは文句なくウマイ。 2皿目はイカ、ずわいガニ、鯖、鱒の子、ウニ。 この地方のイカは絶品で、これってホントにイカなの?というくらい。 そしてそれにも増してスゲェのが、ウニ。 これは絶品を通り越して「絶句」。 ウニを頬張った瞬間「ウホホ〜」と笑ってしまったですよ。 寿司を平らげたあとも、出された珈琲を飲みながら、大将の蘊蓄やこの地方のことで話が盛り上がり、2時間近く居ついちまい、迷惑を掛けたかなぁ。
Masuya2
それでもって、次の日の昼。 私も同行の沢好坊くんも、ランチメニューにあった「アワビ入りちらし」というのが気になって夜も眠れなかった(笑)ので、「また来ちゃいましたぁ〜」と再訪。 大将に「アワビ入りちらしは何が入ってんの?」と聞いたら「いっぱい」と答えてくれたので「じゃ、それ」と軽く注文したら、確かにいっぱいでござんした。 丼の上に並ぶ・・・というより、積み重ねられたネタの整理からはじめないとならないほどいっぱいで、2日目も「ウホホ〜」でございました。 ます屋の名前入りライター(LED付き)までゲットして、大満足の道南「寿しのます屋」さんでした。

|

« 麺厨房 あじさい | Main | M:i:Ⅲ »

Comments

う~む、確かにお話し以上においしそうなビジュアルである。
で、その「アワビ入りちらし」の画像は何処・・・。

Posted by: 平針雄 | July 17, 2006 at 01:21 AM

あ、ごめんなさい。
画像拝見です。
うわ!これでもかぁ!!って感じですね。
なかなか最近、ニコニコしながら美味しいものを食べていないなぁ~!!

Posted by: 平針雄 | July 17, 2006 at 01:23 AM

ったく、これでもか! ですよ。
この店は店主のコダワリもすごく、米も旨い、酢も特別、醤油にもコダワリありで、最強の組み合わせでした。

Posted by: standy | July 17, 2006 at 06:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/10968102

Listed below are links to weblogs that reference 寿しのます屋:

« 麺厨房 あじさい | Main | M:i:Ⅲ »