« 子犬教室 その1 | Main | 脱出 »

August 02, 2006

子犬教室 その2

Nose今日の「きなこ」は、朝から炸裂気味で、我が家の中を走り回っています。
最近は走る音も「ド・ド・ド・・・」と重量感を感じさせる音になりつつあり、スピードも半端ではありません。
その「きなこ」が、どこかに激突したらしく、鼻の下から血を出して、それでも元気で活動的です。
午後からは、2回目の子犬教室。
車に乗り込むと、またしても心細そうに「ヒン、ヒン」と笛を吹きます。 そして興奮しているため「ハッ、ハッ、ハッ」と呼吸も荒く、ココで結構体力を使ってしまうようです。
今日は、飼い主が犬を触る時のさわり方から始めました。 単に触るだけの行為も、ゆくゆくは耳の掃除や爪切りなど日常の衛生管理にも役立つそうで、いやがらない方法で触ってやらないとならないようです。
お遊びの時間には、大型のゴールデンリトリバーの1歳犬「ビビ」と交流しました。 さすがに体格の差にはビビッたところもありましたが、それでも果敢に遊びを仕掛けますが、「ビビ」が向かってくるとしっぽを下げて退散してました。



続いてアイコンタクトの取り方を学びましたが、この頃には「きなこ」もややお疲れで、それが幸いしたのか、適当に脱力した状態で、チャカチャカせずに簡単にアイコンタクトを学び、動物病院のスタッフに驚かれました。
飼い主としては、非常に喜ばしいことですが、自宅で同様に出来るのかはなはだ疑問です。
帰宅後は、例によってグッタリし、いびきをかいて動けなくなっていました。


|

« 子犬教室 その1 | Main | 脱出 »

Comments

この「きなこ」コーナー、おやしが、まるで自分の娘の成長を記録してるように感じられますね。目尻をハの字に下げ、鼻を長〜くして幼児教室に通う おとーちゃんの気分なのでしょう。何となくですけど、その気持ちが分かるような気がします。

Posted by: 101 | August 04, 2006 at 07:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/11221128

Listed below are links to weblogs that reference 子犬教室 その2:

« 子犬教室 その1 | Main | 脱出 »