« 日本シリーズが心配 | Main | 銀のくら »

October 07, 2006

グランパス vs. FC東京

Jリーグ、名古屋グランパス対FC東京の試合を見に、瑞穂競技場に行ってきました。
台風の余波のせいで強風の悪コンディションは、ボールと人が動き回りパスをつなぐスタイルのグランパスサッカーににはやや不利に働いたかも知れませんが、それを割り引いても盛り上がりに欠ける試合でした。
どうも、サッカーに関しては「代表」の試合が中心で、野球にたとえるなら「代表」の試合が一軍戦、「J」の試合は二軍戦という感が否めません。
一応地元と言うことで、グランパスの応援に出向いたのですが、試合を見ていても、どの選手なら「代表」に送ることが出来るかなぁ〜、などと考えつつ観戦していました。
グランパスは、地元での連勝中と言うことで期待して出かけたのですが、目立ったのは最終ラインで横パスを交換する古賀とスピラール。
中盤にボールが渡っても、横パスばかりが目立ち、縦への攻め込みが見られません。
特に中盤の要であるはずのボランチ藤田がまったくといって良いほど機能してなかったですね。
試合序盤は、完全にグランパスペースで、主導権をにぎっていたように見えたのですが、ゴール前で決定的なチャンスを藤田が失敗の連続。 中村の芸術的ともいえるボレーもオフサイドの判定が出て、無効になってしまい、そのあたりから試合の流れが変わってしまいました。
結局、試合は1対2で負けてしまったのですが、日本サッカーの将来を背負って立つと言われている平山のJ初ゴールも見ることが出来たし、ワタクシ的代表加入推薦したい選手リストの上位にランクインしている石川直宏のゴールが見られて良かったです。(負け惜しみじゃなくね)
でも、平山ってモサッとしてそれほどのモンじゃないような気がするのは、ワタシだけですかね。

サッカーの応援ってのは、やっぱいいですね。
ここのところ野球観戦が続いており、サッカーの応援に直に触れる機会がなかったのですが、競技場に近づくにつれて、周囲に響き渡る声援が臨場感を盛り上げてくれ「あぁ、サッカーを見に来たんだ」という気にさせてくれました。
そもそも、野球の応援ってのがそれほど好きじゃないんです。
どちらかというとウルサイ。
単純なラッパの繰り返しだったり、バッターが打席に立つ毎に流される中途半端な流行歌だったりと「ヤメトケよ」と言いたくなる応援が多いのでね。
特にヒイキのドラゴンズの応援はダサイ。
まだ、タイガースの統一された応援のほうがナンボかマシですね。
そういえば、サッカーのほうもグランパスなんかよりエスパルスの応援のほうがかなりカッコイイ。
カミさんなどは、エスパルスの応援を見てエスパルス好きになっちゃったほどです。
名古屋ってのは、応援ヘタな土地柄なんでしょうか? 

|

« 日本シリーズが心配 | Main | 銀のくら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/12199389

Listed below are links to weblogs that reference グランパス vs. FC東京:

« 日本シリーズが心配 | Main | 銀のくら »