« 何とかベイ | Main | グランパス vs. FC東京 »

October 06, 2006

日本シリーズが心配

6a05192237

写真は、昨夜の中日対広島戦で、ツーアウト満塁の好機に打席に向かう川上。
この時点で、得点は1対4と3点のビハインド。
川上は決していい出来ではなく、高めに浮いた球をホームランされ4失点。
投手の好不調には波があり、川上の出来について言及する気はない。
残り試合の数とゲーム差を考えても、中日優勝の確率は高い。
パ・リーグはプレーオフという「何か間違ってない?」という方法でリーグ優勝を決めるので、まだ何処のチームと対戦するかは未定なので、戦力分析等は少し先になる。
そこで気になるのが日本シリーズでの戦い方。
日本シリーズのような短期決戦では、先制点がチームを優位に導くのは自明の理であり、逆に言えば、ゲーム終盤で劇的な逆転を狙うというような戦い方は決して聡明とはいえない。
ゲーム中盤でも、得点機には勝負をかける必要があると思う。
いつか訪れるであろうチャンスに戦力を温存するのは、明日のあるペナントレースの戦い方。
短期決戦では、目の前にあるチャンスをものにしなければ勝てないと思う。
それがゲームの序盤でも・・・だ。
どちらかというと投手を引っ張る傾向のある落合監督の采配が短期決戦に向いていないような気がするのは私だけだろうか。
さて、昨夜のゲームは結局両チームとも加点することなく終了した。
もし、中盤の好機に打席に向かう川上に代打を送ったとしたらどうなっただろうと考えてしまう。
打席に立った川上は、コントロールの定まらぬ投手の佐々岡に救いの手を伸べるようなフライを打ち上げた。
川上に快打を望んでいるわけではないが、カウント1-3という投手不利のカウントからバットを出すべきではなく、バットを持って立っているだけで、押し出しという雰囲気だったのだから。

敗戦は仕方ないと思うし、避けられないコトだ。
しかし、勝ち味の遅い傾向のある中日が、日本シリーズで常に先行できるような采配をしてくれよ、オチアイさん。


|

« 何とかベイ | Main | グランパス vs. FC東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/12175176

Listed below are links to weblogs that reference 日本シリーズが心配:

« 何とかベイ | Main | グランパス vs. FC東京 »