« グランパス vs. FC東京 | Main | ワールド・トレード・センター »

October 08, 2006

銀のくら

Ginnokura

名古屋市東区のラーメン店「銀のくら」に行ってきた。
オーダーしたのは「黒こしょうバターラーメン」。
実はこの店は、みそ系のラーメンが「売り」ということなのだが、ワタシ的にみそラーメンというのがあまり好きではない。
そこで、メニューの醤油系のところにあった「黒こしょうバターラーメン」を頼んだのだ。
ところが、カウンターテーブルの上に載せられたのは「これ、ショ〜ユ?」という、味噌の風味が漂うような不思議なスープをベースとしたラーメンだった。
ひとくちスープをすすってみると、濃厚なバターの味と、ぴりっと辛い擂り立ての黒こしょうが相まって何ともいえずウマイ。
そういえば、こんなスープどこかで味わったことがあるゾ・・・と、ポンコツ頭の記憶を呼び起こすと、新千歳空港の北海道ラーメン道場にある「バリ屋」に似ていると言えなくもない。
あの「バリ屋」の背脂ゴテゴテの絶品ラーメンとは、やや趣を異にするが、味噌味なのか醤油味なのか何とも言い難い絶妙のバランスは似ている。
この店のもうひとつの「売り」である、熟成された麺のほうは、最初の一口は固いと感じるが、食べて行くにつれて、熟成によるシコシコ感がなんともいえなくイイ。
スープと麺に比べて、トッピングはやや控えめだが、丼の中央に多めに盛られた小口切りの白ネギは、全体に旨くマッチングしていると思う。
ただ、都心に近い店の常として、駐車場がないということと、価格の設定が高めであると言うことが、リピーターとなり得るかどうかに関わってくると思う。
一杯800円のラーメンを食べるのに、200円の時間貸し駐車料金が必要とは如何なものかという気がしないでもない。


|

« グランパス vs. FC東京 | Main | ワールド・トレード・センター »

Comments

このお店の前は毎日のように通ります。
力強い看板が以前から気になっていたのですが、なかなか食べに行くことができなかったので、氏のレポートは参考になりました。
氏と違い、とんこつと並ぶ味噌好きの小生ですので、メインメニューが逆に気になりました。
お手軽さにはやや難がありますが、機会を見つけて訪れてみたいと思っています。
それにしても急激に涼しくなり、ラーメンが恋しい季節となりました♪

Posted by: 平針雄 | October 09, 2006 at 10:02 PM

平針雄さん、ど~もです。
毎日通ってるんなら、一度覗いてもいいかもしれないですね。
ブッチャケで言えば、それほど衝撃を受けるラーメンではないので、期待過剰だと落胆するかも?
それより「華丸」行ってきてください。

Posted by: standy | October 10, 2006 at 11:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/12200747

Listed below are links to weblogs that reference 銀のくら:

« グランパス vs. FC東京 | Main | ワールド・トレード・センター »