« お見舞い | Main | 6ヶ月です。 »

November 12, 2006

錦城  担々麺

Kinjo
春日井市勝川(大和通)にあるラーメン店「錦城」に行ってきた。
錦城」と言えば、名古屋の担々麺を語る時、外すことが出来ない名店だ。
四川の神様「陳建民」の味を受け継ぐ直弟子がオーナーとあって、その味は定評がある。
名古屋の店と違って、四川料理全般を提供してくれるのではなく、担々麺と麻婆豆腐、そしてその他数種類がメニューに載っているシンプルな店が春日井店。
友人が近所に住んでいるので、今まで数回訪れたことはあるが、ピリから好きなカミさんが「行ってみたい」というので今回の来訪となった。
カウンター席と2つのテーブル席という、こぢんまりとした店内には、数人の先客がいた。それとなく食べているものを見れば、やはりみんな「担々麺」だ。
当然のように、私たちも「担々麺」をオーダー。それと水餃子も追加。
私は、どちらかといえば辛い食べ物は得意ではない・・・というか、好きではない。
四川料理というと「どうだ!」と言わんばかりに辛さを競う傾向もがなきにしもあらずだが、ここの「担々麺」は、その点非常にマイルドで、万人向きと言えるかも知れない。
ごまの風味たっぷりで、尖った辛さではない濃厚なスープに、細麺ながら弾力のある食感の麺がからみ、絶妙のうまさ。
辛いばかりで、何も感じない店のものとは、ひと味もふた味も違う。辛さの中に山椒の香りやほのかな甘さを感じることが出来るのだ。
同時に出てきた水餃子も、文句の付けようがない。
焼き餃子と違い、とてもモチモチとした皮につつまれたアンもしっかりと個性を放ち、八角などの中華香辛料の香りがいっぱいのタレとともに食べる水餃子は、サイドメニューの主役となりうる力がある。
「錦城」の「担々麺」もしばらくすると妙に食べたくなってくる「習慣性」を持つ魅力あるラーメンだ。

|

« お見舞い | Main | 6ヶ月です。 »

Comments

中川区の錦城には行ったことが何度かあるのですが、春日井にも店があることは知りませんでした。
と~様のご内儀と同じ激辛フェチの小生としてはかなり胃袋の内壁を刺激する文章と絵面です。
スープは間違いなく一滴も残さずに飲み干すことでしょう。
近々に行こ!

Posted by: 平針雄 | November 14, 2006 at 03:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/12657947

Listed below are links to weblogs that reference 錦城  担々麺:

» 担々麺は芸術だ [に負けてられない!名古屋の担々麺 (坦々麺)と県民料理]
担々麺錦城 春日井店に行きました。 春日井市大和通1-72 11:00~15:00、17:30~23:00(一部22時半で終わりの日もあり) 水曜定休 国道沿い。オートバックス近く。 このとき、有名ラーメンマニアの○さんに負けたくないという 根性が働き始めている頃でした。 しかも開店と同時に…相変わらず早いご出勤(?)で… 半担々麺と正宗担々麺(いわゆる汁無し)を食べました。 担々麺はあいもかわらず錦城の味ですね。今日は半分で十分。 正宗担々麺はというと。こ... [Read More]

Tracked on November 16, 2006 at 02:24 PM

« お見舞い | Main | 6ヶ月です。 »