« 爆裂娘がしおらしい | Main | お見舞い »

November 09, 2006

イージーウォークハーネス

P1000004_1なんだか最近、当ブログも「きなこ」ネタばかりで、多少は違ったネタは無いのか!と、苦情の・・・いやちがった、苦笑のメールが届いた。
しかし、オジサンの生活が「きなこ」中心に回転しており、しばらくこのパラダイムから抜け出す術はなさそうだ。
と言うわけで、今日も「きなこ」のコト。
数日前から、ちょっとひどい気管支炎に罹患した「きなこ」。前回のエントリーにも記したが、熱のある時は「理想の犬」状態で、暴れないし、言うこともよく聞くとてもいい子だったけど、毎日2本の注射と吸入に通ったことで、熱は完全に平熱に戻り、暴れるし、言うことも無視する普通の「きなこ」に戻った。
それはそれで「元気が一番」でいいんだけど、咳がまだおさまらないため、首輪を付けたままいきなりのダッシュをしようとすると、その気管支を圧迫する刺激だけでむせ返って、ひどい時は嘔吐。
獣医に「胴輪のほうがいいかなぁ」と相談したところ、気管支への圧迫を避けると同時に、引っ張り癖を矯正する意味もあって「イージーウォーク・ハーネス」というものを勧められた。
ちょっと、咳がひどいこともあって速攻でネットショッピングでオーダーを出したところ、翌々日には商品が届いた。
早朝の散歩に装着してみたが、咳のほうは、ここのところの冷え込みによる冷気で、やむことが無く、首への刺激に関しては効果のほどはちょっと判らなかったが、引っ張りには効き目がありそう。こちらが軽く引っ張るもしくは走り出そうとすると前肢が制御されて止まらざるを得ないようだ。
ところが、少し長い時間使い続けると胸の部分にあるリードを取り付ける部分が横にずれてしまう。
今日、また吸入にいったついでに、動物行動学に詳しい獣医さんに聞いてみると、締め付けが少し緩かったと言われ、調整&実際にリードをつけて試験してくれもらいお墨付きをいただいた。
でも「きなこ」は、相変わらず飛び跳ね、うれしさや要求を表現する。
動物病院のスタッフからは「なにも効果無いじゃん〜」と言われたが、いやいやそんなことはありません、アナタタチ、リード一本で「きなこ」の散歩したことがないからそう言うんだって。
私から見れば「イージーウォーク・ハーネス」効果はアリでございますよ。

|

« 爆裂娘がしおらしい | Main | お見舞い »

Comments

きなこちゃん、大変ですねぇ・・・
我が家の犬達も、咳で大変な思いをしたことがあります。
特に引っ張りっこは、首輪の喉の刺激でも咳き込むし、刺激が咳を誘発させて、長引きます。バカチン雷蔵は治るのに1ヶ月かかりました。

病気になると、引っ張ってもバカでも、「元気が1番」って思います。

「イージーウォークハーネス」の評判は良いと聞きます。
でも、私の個人的な考えですが、解剖生理学上、動きのシステムを、あのような物で抑制して、筋肉などへ負担はないのだろうか?
関節など痛めたりしないのだろうか(肘や肩)疑問を感じます。
本来、ハーネスは仕事でそりを引いたり、荷車をひく使役犬が引っ張るために使う道具なんです。それを改良して、「引っ張らない」ように作ったっていうのが、どうも納得いかないんだなぁ・・・

まっ、そんなことより、くれぐれも、お大事に。
病院代&躾道具&バリケン、、、出費が続きますねぇ♪
頑張って働きましょ。

Posted by: さなまま | November 09, 2006 at 08:58 PM

さなままさん、おはようサンです。
確かに「元気が一番」ですが、これだけ出費が続くと「現金が一番」になっちゃいますね(笑)。
「イージーウォークハーネス」は、効果ありますね。でも、元気になった「きなこ」は、ハーネスをつけても今度は後肢で飛び跳ねるので、実際の制御が前後方向から上下方向に変わっただけかも?
散歩を終えて家に戻った「きなこ」は、家の中を走り回っていますから、散歩で自由に行動できないストレスはあるようですね。
気のせいかハーネスをつけるときにはブルーな顔してますワ。

Posted by: standy | November 10, 2006 at 09:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/12621174

Listed below are links to weblogs that reference イージーウォークハーネス:

« 爆裂娘がしおらしい | Main | お見舞い »