« 2007年5月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

どまつり

どまつり(にっぽんど真ん中祭り)に行ってきた。
今年は、友人の娘の所属するチームが参加するとあって是非見たかったのだ。

300013

日花里は小学校4年生の女の子。
鳴子踊りのチームに入ってからは、練習やイベントの参加などに忙しいと、友人から話だけは聞いていた。
今年は、オレの好きな「どまつり」にも参加するという話を聞いて、絶対見に行くゾ!と鼻息を荒くしていたのだ。
日花里のチームは午前中に名古屋の緑区でパフォーマンスを披露した後、名古屋の中心部である大津通りに現れるというスケジュールだと友人から聞いていた。
その友人は、仕事が忙しく見に行けないという。
お〜し、それじゃあオレが親代わりで見に行ったろじゃないか・・・と言うわけだ。

300038

「どまつり」には、何度も来ているけれども、やはり現地であの大音響に文字通り身体を震わせて見るのが一番。
大学生チームのパワーあふれる演舞に拍手を送る。
完成された常連チームの演舞に拍手を送る。
日花里のチームは残念ながらオバチャンと子供の混成チームで、そのどちらでもないけれど、オレ的には最高の拍手を送らせてもらった。

雨の中で、大津通のパレードを見た後は、おきまりの久屋大通りの特設ビアガーデンで一杯。
これもまた「どまつり」の楽しみの一つで、いつもの決まったコースなのだ。
ビールを飲みながら、大型モニタに映し出される特設ステージ上の演舞を見る。
だが、やはりパレードに比べると格段に迫力不足で、臨場感に欠けることは否めない。

半分くらいビールを飲んだ頃、モニタ方向に座る客が傘を差しやがった。
確かにわずかながら雨が落ちてきたんだけど、広い座席の中で傘を差している人はいない。
もちろんモニタを見る他の人の迷惑になるからにほかならない。
ところが、そのふたりのオヤジとオバハンのアヤシイ三人グループは、そんなことおかまいなしだ。
オバハンは贅肉でベルトラインに腹がのしかかり、オレの嫁さんのコトバを借りれば
「私なら自殺しちゃう」スタイル。
オヤジはニヤニヤしながらオバハンの手を触りまくっている。
再び嫁さんが「あんな風にならないでね」。なるわけねぇ〜だろ(怒)。

しばしの時間をビアガーデンで過ごして、テレビ塔の下に移動する。
こちらでは、某TV局の24時間テレビというチャリティー番組をやっていた。
ネイビー&アイボリーというグループの歌に耳を傾け時を過ごす。
オレ自身としては、このようなボランティア番組というのは偽善的に見えて、継続的にそして自発的に行われる行為こそボランティアだと思うためあまり好きではない。
しかし、世間に対するアピールや集金力は莫大で、それなりに意義はあるのかなぁと考えるが、番組出演の芸能人は鼻につく(仲間由紀恵以外ね)happy01

300052

その後、オアシス21のバスセンターで、帰宅のバスの時間を調べる。
バス出発までの30分を利用してラーメンを食べて帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/29

高山市 国八食堂

先日、釣りに行った帰り道、高山市内で夕食をすませることにした。
一緒に釣りに行った沢好坊さんが、以前高山市内で仕事をしたときに地元の営業所の方に連れてきてもらって知った店だとか。
地元では安くて旨いと有名らしい。

ちょうど帰り道の道沿いにあるその店は、いつも高山から丹生川方面に向かう時に通過する「下切町」の信号の北側にある和風の建物。
午後5時の店内はまだ満席ではなく、広い店内の座敷席、テーブル席はまばらに人が座っている程度だが、休日の夜などはかなりの混雑を覚悟しないといけないらしい。

席に着くとテーブルに鉄板用のごとくがふたつ並べられ、そのテーブルが脂でテカテカしていて、旨い店の定石というやつを感じさせてくれる。

壁に書かれたメニューをながめ、注文を考えるフリをしつつ、実はこの時点で何を注文するかはすでに決まっているのだ。 店の人が来るのを待って、この店のウリの「ホルモン定食」と「とうふステーキ」を注文。
待つことしばし、30cm角ほどの大きさの鉄板に色濃く焼き上げられたホルモンが音をたてて運ばれてきた瞬間に目は鉄板に釘付けになった。
「鉄板、熱いから気をつけてねぇ」という店の人のコトバを聞くまでもなく、誰も触らんゾと思うほどすごい音をたてている。

P8230357

すげぇ食欲をそそる匂い、音なのだ。
定食なので、これに丼メシと味噌汁が付いてくるのがありがたい。
更に追加の「豆腐ステーキ」が運ばれてきたが、そんなもの待ちきれずにすでにメシの上にホルモンを乗っけてガシガシと食っている最中。
少食の沢好坊さんに、丼メシを分けてもらったが、濃いめの味噌味ホルモンやらクタクタになったタマネギやらをメシのうえに乗っけて喰っていると、いくらでも食べることができる。
半分くらい喰って一息ついてから、豆腐ステーキにとりかかる。
沢好坊さんはオレの喰う勢いに恐れをなしたか、早々に豆腐ステーキにとりかかっている。
はやく喰わんとなくなる・・・とでも思ったんだろう。
そのせいで、口の中に火傷をつくったらしい。
ははは、まいったか。

脂ぎったテーブルにさらに脂をまきちらし平らげた晩餐。

ホルモン定食 680円
豆腐ステーキ 330円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/28

新品交換

我が家のレコーダーの不調が続いている。
予約したプログラムの録画を開始しようと、レコーダーの電源ONの状態になってもうまく起動できないので、結局録画が出来ない。
以前も同様の状態で修理をした経緯がある。(それも購入一年以内に二回)
今回も我が家の女性軍の「録画ができないのですごく困る」という突き上げに音を上げメーカーのサービスセンターに連絡を入れた。
さすがに一年以内に三回目となると修理するところもない?
なにせ、一回目の修理でメイン基板交換と全体のリセット。
二回目の修理で基盤交換とハードディスク交換。
中身はほぼ新品である。

Dvac34_32_front

今回、修理にきていただいて故障を確認後、サービスマンの方から新品交換の話を切り出してくださったので、内心一安心。
そらだから言うわけでもないけれど、このS社のサービスはとても好感が持てる。
指定の時間に遅れないし(時間を守らないサービスは多い)対応もとても丁寧。
申し訳ない、申し訳ないと、こちらのほうが申し訳なく思ってしまうほどなのだ。
さすがに、多機能のレコーダーへの更新はやんわり拒否されたけど(差額を払ってもいいからと言ったんだけどね)それでもサービスへの感謝度は高い。
ハードディスク容量の大きな機種で、さらにダビング10に対応のものに替わると言うことだから、ラッキーと言えるのだろうが、今度も故障したら我が家の環境がおかしい・・・ということになるのが少しばかり心配。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2008年9月 »