« ウォンテッド | Main | おつかいに行きます »

September 25, 2008

麺屋 桜

先日、映画を見に行ったおり、映画までの待ち時間を利用してラーメンを喰ってきた。
しばらく前に、名古屋で何とも言えぬマズさの豚骨ラーメンを喰わされたので、そのリベンジの意味合いもあるのだ。

P9200001

リベンジを務めてもらうのは麺屋 桜
このラーメン屋は、小牧コロナというシネコンの近く、国道41号線沿いにある。
前にも一回来たことがあるが、満足して帰った覚えがあるので、リベンジを達成するには不足なしだ。
以前来たときも、店長が忙しそうにひとりで切り盛りしていたが、今回も同じだ。
というより、店員がいないのか。

メニューを見る前から食べるものは決まっていた。
オレは、名古屋豚骨ラーメン(上)。

P9200003

メニューに、○ガキヤ風と書かれているだけあって、目の前に置かれたラーメンのスープをひとくちすすると、名古屋人なら誰でも知っているあの味がうまく豚骨スープにブレンドされている。
メンマ、チャーシューともに合格点なんだけど、オレ的にはワカメはいらない。
九州長浜の豚骨ラーメンのキクラゲに対抗しているのなら止めておいた方がいいかも。
テーブルの上に用意されている紅ショーガとゴマをふりかけゴンゴンと一気に食べてしまった。
丼の直径が小さいので、見た目は量が足りないように思え、替え玉100円をどのタイミングで注文しようかと思っていたのだが、丼が深く量的には全然足りないと言うことはなかった。

カミさんは、美肌効果・数量限定・女性限定チャーシューメンに行くかと思われたが、当店おすすめ・厚切りあぶりチャーシューメンをセレクト。

P9200002

見ると、でっかいあぶりチャーシューが、デ〜ンと丼に横たわる迫力のラーメンだ。
うらやましいことに、オレが注文を忘れた味玉子がデフォルトで沈んでいる。
ここの味玉子はケッコウ旨い、それだけに残念この上ないのだ。
今度来たときには、味玉子入りのメニューにしようと心の底で固く誓う。
カミさんは、さすがに迫力のチャーシューを持て余しだしたが、味玉子だけはしっかり片付け、残りをオレに差し出した。
オレにだって男のプライドがあるので、残り物なんか・・・と逡巡したが、0.3秒で心を悔い改め、うやうやしく丼をいただく。
多分、カミさんはジッと見つめるオレのクチの端にキラリと光る涎を見て、怖くなった可哀想に思い丼をこちらによこしてくれたのだと思うが、涎がキラリと光るだけのことはある、香ばしい焼き加減のトロトロチャーシューであった。

メニューを見ても判るが、この店、ランチタイムのコストパフォーマンスが異常に高い。
だから今度来るときには、超空腹の昼時にしようと考えながら、ウォンテッド上映にあわせ店を出る。

|

« ウォンテッド | Main | おつかいに行きます »

Comments

standyさん、こんばんは。
standyさんのラーメンネタ、いつも楽しみにしています。
行動範囲が似ているのでいつか食べに行きたいと思います。

今シーズンの釣りはいかかでしたでしょうか?

Posted by: Hi | September 25, 2008 at 11:23 PM

Hiさん、コメントありがとうございます。
行動範囲、似てるんですか?
そういえばイトシロでも一日ずれでしたね。
いつかどこかでお会いできそうですね。
(実は、24日も休みだったのでリベンジに行こうかと真剣に考えてました)
今年のつりは、昨年から引きずってきた膝痛で、出かける回数が極端に減ってしまい、不完全燃焼でした。
Hiさん同様、先日の石徹白で今年は終了です。
来年はもう少し身を入れてやりたいものですがどうなることやら・・・。

Posted by: standy | September 26, 2008 at 12:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/42592368

Listed below are links to weblogs that reference 麺屋 桜:

« ウォンテッド | Main | おつかいに行きます »