« W杯 アジア予選 対バーレーン戦 | Main | 岐阜市 バチ軍ラーメン »

September 09, 2008

ナンバーワン弁当

ワシらの職場では、不定期ではあるが、勉強会と称する弁当会が催される。
なだ万やら加茂免(名古屋の有名割烹料亭)なんかの弁当を食いつつ、スライドを見るだけの会ではあるが、日ごろ簡単に食べることができないような弁当を喰うことができるので、参加者は多い。
当然、参加者の第一の目的は「大いなる知識の吸収と自己の研鑽」である・・・ワケないな。
事実を有り体に申し述べれば、第一の目的は弁当だ。
その次にくるのが、自己の研鑽・・・でないのが悲しい(ワシの場合)。
実はその次は、主催会社が提供してくれるノベルティーなのだ。
ほとんどはボールペンであることが多いので、職場の机の中はボールペンだらけになっているのではあるが、それはそれで有難い。
たまにど~しようもないものが封筒に入っていることもあるが、そんときゃうまい事いって、職場の若者に引き取らせることにしている。
そして第三にくるのが、自己の研鑽だ。
自己の研鑽は、だいたい10分くらいで終わる。
その間の集中度は、弁当8 研鑽2 くらいだろうか。
しかし、ざっと見渡しても半分くらいの人は、弁当に全神経を集中している(ように見える)。
ワシなど自己の研鑽への熱意がほとばしっているクチなのだ。
話が本題からそれてしまったが、それらの弁当の中で、ナンバーワンの人気を誇るのが
キッチン千代田のオムライス弁当なのだ。

P9090001

2800円という、ヒルメシに費やす金額とはかけ離れた「いいお値段」のこの弁当は、うまい!
ステーキ屋のオムライスだけあって、デミグラスソース味のライスの中にふんだんと肉をぶちこんで、薄焼き卵でガッチリと包んである。
近頃「きゃ~、トロケちゃいそ~、オイシ~」などと小娘らが騒ぐ、鼻水をすすっているような食感のトロトロ卵のオムライスとは一線を画した、本物の硬派のオムライスなのだ。
そして、キッチン千代田のキッチン千代田であるが由縁の、フィレステーキ&エビフライ。
ステーキについては多くを語らない。
肉の柔らかさ、かめばかむほど滲み出てくる肉のうまみ、ステーキソースとのマッチング、どれをとってもレベルは高い。
そして、生粋のナゴヤI人であるワシに、エビフライの有無を問うことは馬鹿げたことだ。

さて、次回の弁当・・・いや、勉強会はいつだ?
おぉ、3日後か。
どこの弁当なのか非常に楽しみである。

|

« W杯 アジア予選 対バーレーン戦 | Main | 岐阜市 バチ軍ラーメン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/42426069

Listed below are links to weblogs that reference ナンバーワン弁当:

« W杯 アジア予選 対バーレーン戦 | Main | 岐阜市 バチ軍ラーメン »