« 竹中vs.森永 | Main | ナンバーワン弁当 »

September 07, 2008

W杯 アジア予選 対バーレーン戦

オレは、スポーツ観戦好きのただのオッサンだ。
中でも、サッカー日本代表の試合を見るのはコーフン度が高い。
しかし、海外での試合は放映時間が夜中や明け方だったりして、次の日が休みじゃないと、ライブ観戦がきつい年頃になってしまった。
そこで、今回のW杯アジア予選の対バーレーン戦は、故障続きで新品交換がかなったレコーダーに託すことにして、12時ころ就寝。
ところが、午前3時になると体が勝手に起き出してしまうじゃないか!
もうこうなったら次の日の仕事など関係ねぇ、とばかりに顔を洗って観戦モードに突入だ。

立ち上がりは、日本が持ち味のショートパスをつないで、ゲームを支配する。
この時点では、バーレーンなんて敵じゃねぇな・・・とつぶやきが出るほど日本ペースだ。
小気味いいパスをつなぎながらバーレーンのペナルティーエリアに近づくと案の定いい場所でファールをいただく。
このFKは、芸術的だったな。
ミエミエのフェイクで遠藤が蹴るまねをし、それをやり過ごした相手のディフェンスラインが「ふっ」と気を抜いた瞬間のコンマ何秒の隙を狙い俊輔が矢のようなキック。
俊輔といえば、大きく曲がり落ちるキックを想像しがちだけど、裏をかいた素晴らしいFKでまず1点。
そして前半終了間際に、今度はペナルティーエリア内でファールをもらう、PKだ!
岡田監督から「ヤット!ヤット!」とフィールドに声がかかる。
そうだ、オレの大好きな「コロコロPK」だ!

Wcup

PK職人、遠藤の「コロコロPK」が、特に外国チームに決まると胸のすく思いがするのはオレ一人じゃないだろうな、タブン。
あの、人を小馬鹿にしたようなPKを決められると、少なからずGKはショックを受けるらしい。
そんな優位な状態で、前半終了。
後半も持ち味のパスをつなぐサッカーで、乗り切ってほしいものだと、こちらも小休止に入る。

後半は前半と違って、バーレーンが攻め込む場面が多くなってきた。
バーレーンの目的意識もないようなロングボールに付き合って負けた前回の戦いから、得たものを生かして何とか乗り切ってほしいものだ。
だけど、やはり相手のロングボールにこちらもロングボールで対抗する悪循環に嵌りだしているようだ、気になる。
ところが、後半も半ばにさしかかったころ、バーレーン選手に2枚目のイエローカードで退場。
これで、ゲームをあきらめやすい中東の体質がでてくれればと思うが、今回のバーレーンは粘っこい。
さらに、後半40分に、途中出場の憲剛が、「あれれ、入っちゃたよぉ」というようなミドルシュートを決めた。
これで3対0だ。
もう決まったと思ったその直後、パスをつなぐというバーレーンらしくないスタイルに戦術を変えてきた相手のクロスに誰も反応できず、得点を与えてしまう。
確かに、高温多湿のフィールドで90分近く動き回った選手たちの反応は鈍くなっていたが、あのクロスはふせげるだろ、ちょんと足を出すだけでいいんだぞ・・・オマエに言ってんだよ、途中出場で消耗してない今野!
その直後にも、闘莉王のヘディングのバックパスが、ゴールへ。
途中からDFとGKの連携がアヤシかったというTVのコメントがあったが、やらずもがなの1点を献上してしまった。
これから先の長い予選で、この失点が致命傷にならなければいいのだが・・・。

でも、全体的に選手はそれぞれの役割を果たして頑張っていたと思う。
このスタイルを貫けばW杯出場も叶う・・・と思いたい。

|

« 竹中vs.森永 | Main | ナンバーワン弁当 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/42404151

Listed below are links to weblogs that reference W杯 アジア予選 対バーレーン戦:

« 竹中vs.森永 | Main | ナンバーワン弁当 »