« 気にいらねぇ | Main | きなこ復活 »

October 08, 2008

容疑者Xの献身

Yougisyax

今日は、昨年オンエアされたフジテレビ月9ドラマの「ガリレオ」の劇場版を観てきた。
テレビでは、主演の福山雅治と柴咲コウの人気もあり高視聴率を誇っており、物理好きのオレも何回か見たことがある。
事件の解決に福山演ずる天才物理学者の湯川学(福山雅治)の力を借りるというストーリーなのだが、毎回「仮説を検証して実証する」部分が面白くて見ていた。
劇場版は、原作者の東野圭吾渾身の作であり、直木賞受賞作ということもあり興味津々で見に行ってきたわけだ。
テレビ版のキャスト陣の他に、堤真一が高校のさえない数学教師、石神哲哉を演じる。
その他には、松雪泰子が被害者富樫の元妻の花岡靖子を演じるという実力派の中堅役者のエントリーだ。
石神は、湯川をして「僕の知る限り、本物の天才」と言わしめる数学者。
アパートの隣室に暮らす花岡が元夫の富樫を殺害するところから物語が始まる。
その殺人を知った石神は、花岡を無実にするための工作を施すのだが、実はその行為の裏には原因とも呼べる事実があるのだ。
湯川は、その優れた頭脳をもって事件に対処するが、どう考えても友人の石神の罪を確信する方向に行ってしまう仮説となってしまう。

今回の劇場版は、テレビと違ってサイエンスとかフィジカルという部分がほとんどなく、エモーショナルなストーリー展開となっている。
終盤で湯川が柴咲演ずる内海刑事に「刑事としてではなく、友人として聞いてくれ」と自分の仮説を打ち明ける場面などはそれを象徴していると思う。
テレビで湯川が、自分の持つ物理学的知識を動員する場面を象徴する方程式を書き綴る部分も今回は見られない。

物語の内容は、直木賞受賞作ということもあって、当然のことながら満足な内容。
石神が動き出すにはそれなりのワケがあり、石神の頭脳をフル回転させたアリバイ工作には物語的どんでん返しも含まれているし、石神の通勤路に暮らすホームレスの映像にも注意が必要だ。

こうやって書かれた記事を見てもおわかりかと思うが、この映画、実は福山映画ではない。
確かに主演は福山雅治となっているが、完全に堤真一の独壇場。
演技的に福山は堤の下手に回っている印象だ。

劇場版の題名に「探偵ガリレオ」が冠されていない理由がわかったような気がする。

|

« 気にいらねぇ | Main | きなこ復活 »

Comments

ひさしぶりに来てみたら、こっちも更新しまくりですがな。
一体ど~したんでしょうか?。

TVだと1時間以内に解決しなければいけないから、
毎回お決まりパターンになってしまいますが、
2時間あれば、心象的な部分も描ききれますね。

福山雅治が好きだから見ていましたが、
TVの最終回は見るも無残、最低の仕上がりで、
柴咲コウは何時までたっても柴咲コウ本人の演技しかできないので、
途中から、ながら見状態になってました。
本来のキャストである竹内結子だったら、
どんな感じに仕上がっていたのか。

映画でもしかして竹内結子に替わるかと
淡い期待をしてましたが、やっぱり柴咲コウでした。
でも堤真一は良いですね~。

Posted by: lefty_haru | October 14, 2008 at 12:39 AM

haruさん、まいど(笑)。
おや、haruさんも福山好きですか?
女性にはもちろん、ケッコウ男性にも好感度高いですね福山は。
ただ今回は、完全に堤真一の映画となってました、うん。
案外福山はラジオの方が面白かったりします。

私のような物理好き(得意ではなく好きです、あくまでも)には、いろいろな物理現象を解明していく、でんじろう先生の不思議な実験室的ストーリーのほうが好きですね。

Posted by: standy | October 15, 2008 at 11:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/42725742

Listed below are links to weblogs that reference 容疑者Xの献身:

« 気にいらねぇ | Main | きなこ復活 »