« 町内会旅行 | Main | ICHI »

November 02, 2008

やったゾ、麻也!

P2008_1102_145553

今日は、サッカー天皇杯の4回戦が行われた。
もちろん、興味の対象は「名岐ダービー」と称される名古屋グランパスと岐阜FCのマッチアップだ。
そんな興味を抱いているのはオレだけじゃないようで、この地方では国営放送でON AIR。
J1で応援しているのは、もちろん名古屋グランパス。
J2となると岐阜FCしかないでしょう、ということになり両チームとも応援したわけだ。
試合に臨むモチベーションは、見るからに岐阜FCのほうが高い。
J1チームを喰ってやろうという意気込みが画面をつたわってくるようだ。
ボールに対する寄せも、ディフェンスにはいる素早さも完全に岐阜が勝っていてどちらがJ1のチームなのかわからないほどだ。
惜しむらくは、岐阜のベンチに森山が入っていなかった。
こんなゲームこそ、スーパーサブとしての彼のプレーを見たかったのだが残念。
その代わりといっちゃあ何だが、片桐が途中から出場して気を吐いていた。
名古屋の方は、ここ2試合得点がなく、精彩を欠いている。
マギヌンがいないことで、これほどバタバタしてしまうものなのか、中盤のタメもなく、トップの動き出しもない。
当然得意のサイド攻撃を仕掛けるタイミングすらつかめず、いたずらに最終ラインでボールを回すことの多かったこと。
逆に言えば、岐阜ディフェンダーのポジショニングの良さと、動きの鋭さが素晴らしかったとも言える。
こういうディフェンスをされると、ルーズボールが自然と集まり、ゲームを支配することができる。
今日の岐阜がまさにそれだ。
名古屋は最近得点がないといっても、ゲームを支配していた試合が多い。
きちんとした中盤〜守備ができていたからだ。
そのお株を奪われた格好になって、今日は勝ち目がないとすら思ってしまった。
唯一勝てるとすれば、延長になってから、選手の年齢が高い岐阜に疲れが見えたときまで、岐阜の攻撃をしのぐことができれば・・・という感じだった。
ところが、終了間際のロスタイムに途中出場の花井翔がゴール前にあげたボールをキーパーのパンチングがかすめた時、なだれこんだヨンセンと吉田麻也が崩れるようにして押し込んだゴールが決勝点になった。

ところで、花井翔は18歳と思えないほどいいボールタッチをするね。
ピクシーにきっちり仕込んでもらえば、明るい未来が見えるような気がする。
あと、明るいと言えば、吉田麻也のあのキャラ、大好き。
ハイボール対策で前線に出てきたところでゴールに巡り会えてよかった。
ホント麻也が嬉しそうだったので、ついテレビに向かって写真を撮ってしまった。

岐阜の選手達は、勝ちを予感していたと思う。
それが土壇場でのゴールにより敗戦。
勝利へのモチベーションが高かったのだけに、とても悔しい敗戦だったと思うけど、これだけの試合ができれば、J1昇格だって夢じゃない。
がんばれ岐阜FC。

|

« 町内会旅行 | Main | ICHI »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/42985320

Listed below are links to weblogs that reference やったゾ、麻也!:

« 町内会旅行 | Main | ICHI »