« November 2008 | Main | February 2009 »

December 28, 2008

マンマ・ミーア!

Mannmamia2
千秋楽まであとわずかとなった劇団四季のミュージカル「マンマ・ミーア!」を観に行ってきた。

マンマ・ミーア!は、ABBA のヒット曲22曲にて構成されているミュージカルで、1999年のロンドン初演以来全世界でロングランを続ける人気のミュージカルだ。
日本でも例外ではなく2005年の東京から大阪、福岡と続き、名古屋では2008年2月に上演が始まった。
それからほぼ1年のロングランが決定し、多くの観客を楽しませてきたが、そろそろ千秋楽間際ということで出かけたわけだ。劇団四季のミュージカルには何度か来ているが、今回も期待を裏切らない出来映えで、楽しい時を過ごすことが出来た。

物語はギリシアにある小さな島のホテルを舞台にした母と娘の物語で、娘の結婚式を中心に話が進む。
母と娘を取り巻く状況や心の変化などを、ABBAのヒット曲を交えながら話が進んでいくのだ。
5時半の開演から、7時の休憩まで引きずり込まれるように一気に時が過ぎ、本当に「あっ」という間に時間が進んだという感じ。
休憩後の物語は、核心に迫る部分で、特に心の中の葛藤を表現する部分が多く、こちらも舞台に引きずり込まれるようだ。

舞台の全編にわたり流れるABBAの楽曲も、おそらく日本語訳に近いであろう内容で、わかりやすかった。基本的にABBAは、自分たちの楽曲の翻訳を認めないそうなのだが、ミュージカルに関してはOKらしい。

Mannmamia
物語は、若い二人が世界に旅立ち、母親は・・・という筋道をたどり、カーテンコールへ。
劇団四季のホームページにも「観客が立ち上がり歌って踊るカーテンコール」と書かれているように思わずからだが動き出すような盛り上がりだったが、オレが盛り上がるよりも、もっともっとず〜っと盛り上がっているオッサン(オレよりは若いと思うが、世間的にいえば立派なオッサンだった)がいて、これがすごいんだ。
今回は2階最前列での観劇だったけど、そのオッサンはカーテンコールが始まるやいなや立ち上がり、手すりから落ちそうなくらいの勢いで踊り出した。
かと思えば大声で出演者の役名を叫びだした。
「ドナ〜」とか「ソフィ〜」とか。
最初のウチはあっけにとられて眺めていたけど、苦笑に変わりつつある。
そのうち「ドナ」が出てきてるのに「ソフィ〜、あっ間違えた」とか叫んだりしてるし。
はっきり言ってかなりカッコ悪りぃ。だけど笑える。
周りの空気が固まるのが判るほどで、そのせいか周囲はスタンディングオベーションの機会を失ってしまったようで、皆さん座ったままで惜しみない拍手を送らせてもらったエンディングだった。

劇団四季では、東京のキャッツ専用劇場も来年中には千秋楽を迎えるらしいけど、その前に一度行きたいねぇと夫婦で語り合いつつ帰路についた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2008

浜松餃子 むつぎく

Pc130009

我が家は、高速道路を利用するのには絶好のロケーションにあり、西に向かうときには小牧IC、東なら春日井IC、北だと小牧東ICというように、それぞれのインターチェンジへのアクセスが容易。
ETC利用で平成20年9月20日(土)~平成21年9月30日(水)の期間は、土日祝日の9時~17時の時間帯は半額という制度が利用できるので、通勤時間帯割引とあわせると、100km以内ならほぼ終日半額で高速道路が利用できる。(いろいろ例外があるので詳細はNEXCOホームページを参照)
それを利用して、今日は浜松に行ってきた。
東に向かう通例として、春日井ICから計算すると浜松西ICが100km圏内なので、浜松西ICから浜松駅に向かう。
途中、休憩を挟みながらののんびりした移動なので、着いたのは11時頃。
駅前の時間貸し駐車場に車を放り込み、ぶらぶらと歩き出すとカミさん好みの和紙の店がある、カミさんはその店に、その間にオレは近所にあるはずの餃子店「むつぎく」を探すことにした。
見つからないまま、歩いているとカミさんが携帯を鳴らしてきた。
合流すると、カミさんはしっかりと「むつぎく」の場所を聞き込み、迷うことなく店の位置を知る。
ウェブサイトでは、目的の「むつぎく」は見つかりにくいという情報があったが、あっさりと発見。
店まで行って、開店時間を確認し、それまでの時間を潰すことにした。
駅前のデパートで買い物をすれば、駐車料金がかなり安くなることを教えてもらったので、10日後に迫ったクリスマスパーティーのプレゼントを買うことにして、浜松駅ビルのMAY-ONEに。
あまり買い物に夢中になったため、「むつぎく」の開店時間を30分オーバーしてしまった。
押っ取り刀で「むつぎく」に行けば、店の前には行列ができているじゃないか。
しかし、見てると客の回転は速くすぐ入店できそうで、ひと安心。

「むつぎく」は、昭和37年創業。
浜松に餃子専門店がほとんどなかった時代から試行錯誤を重ねながら浜松に根付いた店だ。
餃子の具はキャベツと少量のにんにく、挽肉のみ。
カリッと焼き上げた餃子は90%以上がキャベツというだけあって、一口食べると野菜の甘さが口の中に広がる。
いつも食べている餃子に比べると、とても軽いと言ったらいいのか。
食べている途中でカミさんと交わした会話も「これならいくつでも食べられるな」というのが第一声。
少しばかり軽いカルチャーショックを覚えつつ、あっという間に完食。

車での移動だったので、ビールを飲みつつと言うわけにはいかなかった。
持ち帰りで買ってきた餃子で今からビールだ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 05, 2008

博多ラーメン しまや

P2008_1203_190705

博多ラーメン「しまや」に行ってきた。
このラーメン屋は、我が家から一番近い本格的な豚骨ラーメンの店。
通勤路の中程にあたることもあって、少し前の開店時から気になってはいたが、未だ暖簾をくぐったことがない。
晩飯を食いに遠くまで出かける気分ではなかったし、いつまでも気になるラーメン屋をながめて通勤するのが嫌になってきたので、カミさんと出かけることにしたわけだ。
いかにも博多ラーメン風の暖簾をかき分け店内に入ると、プーンと豚特有の臭いがするがそれほど気になるモノではない。どころか豚骨ラーメン好きには芳香と感じられるかも知れない。
入り口からすぐのところにカウンター席、厨房をはさんだ奥にテーブル席という、以前は居酒屋だったレイアウトを彷彿とさせる店内。しかし、ズンドウの並んだ厨房の様子をみながら出来上がりを待つというのも悪くない。事実、今回も丁寧に背脂をすくったり、スープに差し水をする際の丁寧な作業をみて、真剣にラーメンを作っていると言う姿勢をうかがい知ることが出来た。
基本的にラーメンは豚骨ラーメンのみ。
味玉がのったり、博多ネギがのったりのトッピングはあるが、豚骨ラーメン一本槍だ。
餃子や明太子ご飯のサイドメニューも博多の屋台ラーメンから逸脱したものはない。テーブルの上には、胡椒、すりゴマ、紅ショウガ、おろしニンニクのほかに辛子高菜もあり、本当の博多ラーメンが小牧の地に存在するかのようだ。
博多ラーメン特有の細いストレート麺の堅さを選ぶことが出来るのもお約束だったので、店のオススメ「カタ」を選びオーダー。
白湯豚骨スープにしてはすこし褐色がかり、少し背脂の浮かぶスープを一口すすると、豚骨特有のケモノクササをわずかに感じるが、全く気になるほどではなく、逆に豚骨ラーメンスープの本道すら感じさせる。
見た目より、脂のくどさはなく、オーソドックスな豚骨スープと言えるかも知れない。
麺の堅さは、店により多少の差�%9

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | February 2009 »