« あずきバー 米国進出 | Main | 定額給付金 ーなにか勘違いしてるようなー »

March 07, 2009

J1開幕 名古屋グランパス vs. 大分トリニータ

さあ、待ちに待ったJリーグの開幕だ。
我がグランパスの開幕の相手は、昨年のナビスコカップ準決勝で苦杯をなめた大分トリニータ。
堅牢な守備が持ち味のトリニータは、シャムスカを監督に迎えてからJ1でも強豪に数えられるほど安定した成績を残し、今シーズンは優勝候補の一角に食い込むほどだ。
今シーズンのグランパスを占う上で、格好の相手と言えるかも知れない。つまり、ここで勝っておかないとトリニータに対してへんな苦手意識を持ってしまい、逆に言えばトリニータを調子づかせてしまうことになる。それだけは食い止めないとならないのが、開幕戦である今日の試合だ。

キックオフからそれほど時間が経っていない前半10分、高橋ー金崎とつないで瞬く間に得点されてしまう。
これには伏線があり、名古屋の左サイドDFは、昨年まで右サイドだった竹内が勤めたのだが、これが機能していない。竹内は気がつくとふらふらと中に入っていき、トリニータの右サイドをフリーにするばかりで、トリニータの攻撃が右サイドに偏ってきたことからも明確だ。
前半は、トリニータの20番右サイドの高橋が攻め込むシーンが目立った。その高橋に対して詰めないのも竹内。まるで少し前の代表右サイドDFの阿部を見ているようでイライラする。はやくレギュラーの左サイドであるアベショーの復帰を望みたい。
そんなこんなで、前半は身も心も寒い状態で終了。

後半は心なしか攻撃テンポがあがり、グランパスのいい攻めが連続してきた。
そして後半開始後9分、期待のダヴィが身体の強さを発揮し、相手を振り切りゴール!
30分には、絵に描いたようなサイド攻撃から玉田がゴール。
この直後に、竹内の今日最高の仕事が飛び出す。
サイドラインぎりぎりに立つ高橋にスライディングし、それに怒った高橋が竹内に殴りかかり一発退場。竹内もそれによりイエローをもらってしまったが、高橋がスコアボードから消えた意義はでかい。
そのすぐ後に、ダヴィの今日2点目が飛び出し楽勝ムードになり、サポーターは大喜びだ。

Sn3d0023_2

当然オレも手をたたいて大喜びしたが、その手の痛みが消えぬうちに、元グランパスのウェズレイにたたき込まれる。
高橋が消えたことと、吉田麻也、山口慶らの守備的選手の投入により、5分のロスタイムを何とかしのぐことが出来た。
しかし、ロスタイムの長かったこと・・・、つらかったぁ。

|

« あずきバー 米国進出 | Main | 定額給付金 ーなにか勘違いしてるようなー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/44274575

Listed below are links to weblogs that reference J1開幕 名古屋グランパス vs. 大分トリニータ:

« あずきバー 米国進出 | Main | 定額給付金 ーなにか勘違いしてるようなー »