« お伊勢屋本舗 福まん | Main | 七つの贈り物 »

March 01, 2009

入浴玉

おもしろい入浴剤をいただいた。

P2281

夕べは、その中から「およげたいやきくん」バージョンを試してみた。
袋をやぶいて中から出てくるのは、少しばかりメタボなたいやきくん。
振ってみると、コロコロと音がする。
透明なフイルムでラッピングされているので、それをはがすとざらざらした感触は、発泡タイプの入浴剤のそれ。

P2282

いい年をしたオッサンが背中を丸め、その入浴剤と防水型のデジカメを浴室に持ち込む姿を想像してはいけない。
場面はすでに浴槽の中なのだ。
とりあえず、デジカメを水没(湯没か?)させ、レンズと液晶画面の曇りを取り去る。
オッサンは、秘密めいた行動をするときにもケッコウ冷静なのだ。
そして、スタンバイが完了した直後、入浴剤を浴槽に投入する。
思ったより早めの融解に逆上しつつも、冷静に撮影するが、あれよあれよという間に小さくなっていく。

P2283

「ちょ、ちょっと待て・・・」と言っても発泡はおさまらず、そうこうするうちに「ボロッ」と底が抜けたかと思ったら、クルリンとひっくり返った。
そこに見えたのは、エイリアンの卵のような半透明のカプセルだった。

P2284

入浴剤部分は、みるみる溶けてポッカリと浮かぶのは、球状のカプセルのみ。
思ったより小さい。
そして、カプセルを開けると、そこにはラベンダー色の「およげたいやきくん」の笑顔が。

P2285

袋に書いてある説明によれば「癒し」を与えてくれる色らしいが、なんだか風呂場でデジカメという行為が悪事を連想させ、あせっていけない。
証拠隠滅とばかりに半透明カプセルと濡れたデジカメを隠し、入浴を済ませた。
ところが、あせっているもんだから、入浴剤本来の香りとか、お湯の色なんてものの記憶がない。
とても癒しどころでなかった「入浴玉」レポートであった。


|

« お伊勢屋本舗 福まん | Main | 七つの贈り物 »

Comments

こんにちは。

>おもしろい入浴剤

最近は色んな入浴剤があるみたいですねぇ♪ (^^)
先日もテレビで『エビフライ型』の入浴剤が紹介されていました。
「お風呂に入れると"ブクブク"泡だって、最後にエビフライが現れる」と言うもの。

ただこう言った入浴剤、子供が誤って食べないかと・・・
少し心配です。 (^^;

Posted by: kyu3 | March 02, 2009 at 01:56 AM

kyu3さん、コメントありがとうございます。

そういわれると、風袋も中身もお菓子なんかに似てますね。
特に食べ物の絵なんかが描いてあるとなおさらですね。

しかし、子供が間違って食べるかどうかと言うのは、親の問題かと思います。
親がしっかりしていればなんと言うことはないと考えますけどね。

Posted by: standy | March 02, 2009 at 12:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/44212505

Listed below are links to weblogs that reference 入浴玉:

« お伊勢屋本舗 福まん | Main | 七つの贈り物 »