« 定額給付金 ーなにか勘違いしてるようなー | Main | 寒いオープン戦 中日対西武 »

March 09, 2009

ジェネラル・ルージュの凱旋

Wp3_1
「チームバチスタ事件から一年」
東城大学医学部付属病院を舞台にした、田口・白鳥シリーズ。
今回の作品は、ひょっとしたら「チームバチスタの栄光」より面白いかも。
なんといっても、超個人的な事情で見たかった映画の最上位にランクされる映画なのだ。
かっこよく書けばそうなるんだけど、簡単に言うと、羽田美智子と竹内結子が出ているので見たいということになる。
羽田美智子は大好きな女優ベストスリーにはいる人。
芯の強さを内に秘め、自分を犠牲にしてでも天才救命医につくす看護師、花房美和を演じるのだがワタシの中では羽田美智子さんそのもの。ベストキャストでありました。
竹内結子もボケたキャラクターを好演し、原作やテレビ版の男性心療内科医師というイメージを払拭してくれた。
しかし、なんといっても天才救命医を演じた堺雅人にとどめを刺す。
地方新聞社の記者を演じた「クライマーズハイ」でもそうだけど、設定された役柄が乗り移ったかのような演技は特筆モノだと思う。
ジェネラル・ルージュと呼ばれる原因となるシーンでも、その瞬間の目の演技はすごい。
自信なさげな泳いだような目から、現場で戦う医師の目に変わる瞬間というのがわかる。

物語も、突飛すぎずにいながら裏の裏をかく展開は、鑑賞する者達をなるほどと思わせる面白さが連発し、見ていても全然飽きない。
物語の底には、現代医療の包含する問題点もちりばめられていて、考えさせられる部分もあって、ここ最近見た映画の中では、最も優れた映画の一つであることは断言できる。

さて、このシリーズ、まだ続きそうな予感がするのだが、どうなることやら、それも楽しみである。

|

« 定額給付金 ーなにか勘違いしてるようなー | Main | 寒いオープン戦 中日対西武 »

Comments

どーもお久しぶりです、平針雄です。
Macからのお忍び入力です。
映画のアクティビティが依然高い貴殿ですが、この映画もコマコロでしょうか。
今は仕事で安城市にいる時間が長いのですが、安城市にもアンコロがあります。
「いつかは見ちゃる!!」と思い続けて早1年、今だに達成できずにいるヘタレです。
ところでMacでこのブログを見ると、ウインドウがえらく小さくしか開かず、大きくなるボタン等も見つからないのですが、貴殿の方で遠隔されている任意の現象なのでしょうか、それともこれも個体差による不具合なのでしょうか。
初心者ですので訳が分かりません。
ちなみにスペックですが、2Ghz Intel Core2 duo メモリは4GB 667Mhz DDR2 SDRAM OSはMac OS X 10.5.2 (9C31)です。
宜しくお願い致します。

リンゴ地獄のど真ん中の平針雄でしたぁぁぁ・・・。

Posted by: 平針雄 | March 17, 2009 at 11:15 AM

どもども、お久しぶりです。
新居の方はいかがでしょうか?
最近、昭和区の方へ出向く用事が増えまして、近いうちに襲撃しようかと画策して・・・、ウソです、昭和区の方には用事などないのでご安心を(笑)。

さて、本題ですが、すげぇスペックですなぁ〜。
おっと、キーボードによだれが・・・。

ホントに本題です。
大きくならないというのは、どの程度のサイズなのかよくわかりませんが、少なくとも、左上に「閉じる」「ドックにしまう」「最大化」のボタンが表示されるのが本来です(こちらでは見えます)。
ですから、ワタシの方の設定ではありません。
とりあえず、他のココログのページを見て、全部が大きく見えないなら、そちらのMacの設定でしょう。
といっても、そんな設定あったかどうか定かでないのですが。
どちらにせよ、システム環境設定あるいはsafariの環境設定をみてみると変わるかも知れません。
それと、OSは10.5.6までアップデートしてみて下さい。

Posted by: と〜しろ | March 17, 2009 at 04:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/44295172

Listed below are links to weblogs that reference ジェネラル・ルージュの凱旋:

« 定額給付金 ーなにか勘違いしてるようなー | Main | 寒いオープン戦 中日対西武 »