« March 2009 | Main | May 2009 »

April 29, 2009

グランパス、残念ながらスコアレスドロー

Photo

GWの連休初日(ワタシの場合の・・・ですが)の今日は、名古屋の瑞穂競技場に向かい、サッカー観戦。
名古屋グランパスがホームにサンフレッチェ広島を迎える勝ち点3が欲しい大切な試合だ。
自宅を早めに出て、瑞穂競技場の地下駐車場に入れ、チケット売り場で当日券を買い求めると、参戦の準備が整った。
まだ開場前なので、12時の開場を待つ長蛇の列の一番後ろに並ぶ。
時間が訪れ、スタジアムになだれ込み、すでにサポーターでぎっしりのホーム側のゴール裏に席を確保した。こんな場合は、今日のような単独参戦は動きがとりやすい。

試合開始直後は、広島の攻撃が目立った。
ウェズレーがいた頃の広島は、パス一発のカウンター攻撃が主体のチームだったような記憶があるが、今年の広島はペトロビッチ監督の意志が浸透しているのか、グランパスに似たパス主体の攻撃に様相を変えているようだ。
試合が開始されてから15分くらい経った頃から、グランパスが主導権を握ったかのように見えたが、なかなかゴールには結びつかない。
今日は、ゴール裏の席だったので、左右の展開がよくわかったが、その中で気がついたことがある。
それは、左右のサイド攻撃という意識が強すぎるのか、中央にスペースがあっても誰も駆け込まない。
意識がサイド、サイドと流れているような気がした。
昨年から、美しいといっても過言ではないサイド攻撃が華麗に決まる場面が目に焼き付くようになってきたグランパスだが、相手チームもバカじゃない。それなりに研究して試合に臨むわけだから、サイドに固執せず、空いたスペースを有効に使って欲しいものだ。
しかし、得点には結びつかなかったものの、ダヴィの攻撃は迫力があった。
ボールのキープ力もあるし、突破力も申し分ない。
今日は、ダヴィもサイドに流れ、ボールを受け取りに行くシーンが見られたが、その前にボールを貯めたりワンタッチで出したりするプレーがあれば、もう少しダヴィを真ん中で使えるような気がする。
そのためにもマギヌンの出場が望ましいが、治癒までに6週間かかるということで、今は耐える時期なのかも知れない。
過密日程で、これからも選手層の厚さが求められるけれど、それも含めて勝ち点を得られる試合の進め方が正しいのかも知れないが、ファンとしてはやはり勝ち試合が見たい。
来週も瑞穂でアジア・チャンピオンズ・リーグの蔚山現代との試合を観戦する予定。
ピクシーが言うように、選手達も疲れているだろうが、何とか頑張って欲しい。
俺達は応援しているゾと伝えたいが・・・今日、隣の席に座ったジーサンは、攻められると愚痴ばっかしで、聞く気はなくとも聞こえてくる愚痴には、ケッコウむかついた。
「応援しろ!」と言ってやろうかと何度思ったことか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2009

疑似高齢者体験

今日は午後から職場の勉強会。
今日の内容は「疑似高齢者体験」だった。
時間の都合で白内障のときの視覚と手指の不自由度を体験した。
まず、白内障を再現するためのゴーグルを付ける。
その時には「キャーキャー」と騒がしいだけだったが、実際に壁に映し出されたスライド映像を見ると「えっ!」という驚愕の言葉に変わった。

Img_0071

Img_0063

Img_0065_2


壁には、大きく書かれた禁煙の文字が、黄色と緑色で映し出されている。
それが左にある画像。

ところが、ゴーグルをかけた疑似白内障の看護師達には、緑色の文字しか見えない。
それも、かなりかすんでボーッとしか見えていない。
それが下にある画像なのだが、「ゴーグルを外してみて下さい」と言われて壁を見たときには、さすがに驚きの声があがった。想像上の見難さだ。
Img_0064


続いて、手袋の上から手指の第二関節、第三関節の動きを抑制するような作りのサポーターをはめ、用紙に自分の名前を書くということをした。
こちらも想像以上の書きにくさ。

Img_0068

Img_0069

最後に、この勉強会を主催した製薬会社のCMを兼ねたパフォーマンス。
一般の湿布薬の裏側のビニールを疑似高齢者の手で剥がす。
とても難しいが、この製薬会社の湿布薬なら何の苦もなく剥がし、貼り付けることが出来る。
う〜ん、確かに優れてますな、モーラステープ。
そんなワケで、現在私の背中は湿布だらけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2009

スポーツ観戦の一日

今日は、午後から名古屋グランパスが等々力競技場で、川崎フロンターレと試合。
午後6時から中日ドラゴンズがナゴヤドームで横浜ベイスターズと試合ということで、図らずもサッカーも野球も愛知対神奈川の図式だ。
野球の方はチケットがあるのでライブ観戦、サッカーはテレビ桟敷での観戦ということになった。

まずはグランパス。
激しいカウンターの応酬となったが、フロンターレの玉際の強さが目立つ。
リーグ戦まだ未勝利のフロンターレの「勝ちたい」という意識が勝ったのか。
ボールの支配はグランパスの方が勝っていたかも知れないが、大事なところでパスミスをしたり、インターセプトされたりで、きれいに得点を決められてしまった。
以前から気になっているんだが、グランパスのパス回しの時のパスの強さが弱くはないか、とくに麻也。
同時にパスを受ける選手は、止まって受けすぎ。 止まってトラップしようとするものだから、直前に相手が入り込み簡単にインターセプトされる。
これが原因で得点もしくは決定機を献上するコトの繰り返しだ。
楢崎がファインセーブを連発しても追いつくはずもないほど悲惨な結果となった。
この試合での教訓を修正して次節に望んで欲しいものだ。
結局1対3の完敗でテレビ観戦終了。

その直後、自宅近くのバス停に向かいナゴヤドームに気持ちを振り向ける。
とはいうものの、実をいうとグランパスの敗戦がいやぁ〜な余韻を引きずっていたことは否めない。
バスで最寄りの鉄道駅まで向かい、カミさんと合流しナゴヤドームへ。
カミさんの仕事の関係で少し遅くなった出発となったが、どうにか試合序盤にナゴヤドームに到着。
ビールやつまみ・弁当などを買って席に着くと、すでに2対0とリードしているじゃないか。
先発の吉見の調子も良さそうで、その時点でかなりの確率で勝利を確信してしまった。
今日の座席は、ネット裏記者席のすぐ横で、とても観戦しやすい場所だったことも気分のいい理由のひとつ。
よく見るとテレビで見る顔が記者席に並んでいるのがなかなか面白い。
だけど、試合の方がもっと面白かった。
新人野本のツーランでリードしたドラゴンズは、ブランコのタイムリーや藤井のホームランと、吉見の好投で、終わってみれば危なげなく6対0。
メガホンを両手で握りしめ「打ってー打ってー打ちまくれー」の応援と、「ばんざーい」の繰り返しで終始した感じ。
自慢になるけど、私の観戦したドラゴンズの勝率は異常に高い。
っていうか、負ける気がしない。
心地よい応援疲れでよく眠ることが出来そうだ。

P4040003


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 02, 2009

行く先を憂う

Img_0023

散歩中の「きなこ」のマナザシの先にあるのは、ピーチライナーの架線。
場所は桃花台西駅付近。
ここからゆるやかなアールを描き、上末の長い坂を下るまでが、ピーチライナーに乗ったとき一番いい景色を見ることが出来る場所だった。

昨日の朝刊によれば、識者が集まり、この架線の行く末を語り合ったらしい。
もちろん結果は出るはずもない。
国道155号バイパスの渋滞を回避するために、小型自動車専用の高架にするなどという意見が出たらしいが、それとて乗降のための索道をつくったり、耐震のための工事を施したりすれば、解体のためにかかる費用に近い金額が必要らしいし、そうなれば維持管理にまた費用がかかる。
元の木阿弥というやつだ。
そもそも識者という方々は、いろんな知識を持ち合わせているらしいが、得てして現場を知らない。
この場合の現場というのは、架線の存在する場所ももちろんだが、その周辺の環境や生活状態、有意義に存在させるために必要な費用の出所なんかをすべてひっくるめたものを指す。
識者じゃない私に言わせていただけるなら、名古屋高速の小牧北インターの出口からず〜っと高架にして、国道155号バイパスのそのまたバイパスにしてくれと言うだろう。
もちろんそれにはとてつもない費用が必要で、このご時世では夢のような話。
結局、話は全線にわたり解体・・・という部分に収束するような気がする。
もしそうなら、可及的速やかに実行した方がいいと思うのだが・・・。


| | Comments (3) | TrackBack (1)

« March 2009 | Main | May 2009 »