« 疑似高齢者体験 | Main | ワンデートリップ with iPhone »

April 29, 2009

グランパス、残念ながらスコアレスドロー

Photo

GWの連休初日(ワタシの場合の・・・ですが)の今日は、名古屋の瑞穂競技場に向かい、サッカー観戦。
名古屋グランパスがホームにサンフレッチェ広島を迎える勝ち点3が欲しい大切な試合だ。
自宅を早めに出て、瑞穂競技場の地下駐車場に入れ、チケット売り場で当日券を買い求めると、参戦の準備が整った。
まだ開場前なので、12時の開場を待つ長蛇の列の一番後ろに並ぶ。
時間が訪れ、スタジアムになだれ込み、すでにサポーターでぎっしりのホーム側のゴール裏に席を確保した。こんな場合は、今日のような単独参戦は動きがとりやすい。

試合開始直後は、広島の攻撃が目立った。
ウェズレーがいた頃の広島は、パス一発のカウンター攻撃が主体のチームだったような記憶があるが、今年の広島はペトロビッチ監督の意志が浸透しているのか、グランパスに似たパス主体の攻撃に様相を変えているようだ。
試合が開始されてから15分くらい経った頃から、グランパスが主導権を握ったかのように見えたが、なかなかゴールには結びつかない。
今日は、ゴール裏の席だったので、左右の展開がよくわかったが、その中で気がついたことがある。
それは、左右のサイド攻撃という意識が強すぎるのか、中央にスペースがあっても誰も駆け込まない。
意識がサイド、サイドと流れているような気がした。
昨年から、美しいといっても過言ではないサイド攻撃が華麗に決まる場面が目に焼き付くようになってきたグランパスだが、相手チームもバカじゃない。それなりに研究して試合に臨むわけだから、サイドに固執せず、空いたスペースを有効に使って欲しいものだ。
しかし、得点には結びつかなかったものの、ダヴィの攻撃は迫力があった。
ボールのキープ力もあるし、突破力も申し分ない。
今日は、ダヴィもサイドに流れ、ボールを受け取りに行くシーンが見られたが、その前にボールを貯めたりワンタッチで出したりするプレーがあれば、もう少しダヴィを真ん中で使えるような気がする。
そのためにもマギヌンの出場が望ましいが、治癒までに6週間かかるということで、今は耐える時期なのかも知れない。
過密日程で、これからも選手層の厚さが求められるけれど、それも含めて勝ち点を得られる試合の進め方が正しいのかも知れないが、ファンとしてはやはり勝ち試合が見たい。
来週も瑞穂でアジア・チャンピオンズ・リーグの蔚山現代との試合を観戦する予定。
ピクシーが言うように、選手達も疲れているだろうが、何とか頑張って欲しい。
俺達は応援しているゾと伝えたいが・・・今日、隣の席に座ったジーサンは、攻められると愚痴ばっかしで、聞く気はなくとも聞こえてくる愚痴には、ケッコウむかついた。
「応援しろ!」と言ってやろうかと何度思ったことか。

|

« 疑似高齢者体験 | Main | ワンデートリップ with iPhone »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/44836539

Listed below are links to weblogs that reference グランパス、残念ながらスコアレスドロー:

« 疑似高齢者体験 | Main | ワンデートリップ with iPhone »