« April 2009 | Main | June 2009 »

May 28, 2009

あかん、こいつら勝つ気ないワ

Img_0010_2

昨夜は、ナゴヤドームにでかけて交流戦の対楽天戦を観戦。
楽天の先発は、今シーズン無敗の田中マー君で、非常に勝ち目の薄い試合が予想されたけど、結果としてドラゴンズが勝手に負けたという印象。
確かに田中マー君は、ストレートの伸び、スライダーの切れともに素晴らしく、連打は望めない。
実際、140km/hくらいの高速スライダーなんかには、手も足も出ない感じで、これなら敗戦も致し方ないな・・・という感じ。
ところが、なぜだかそのマー君が降板して、二番手三番手の相手投手を攻めるパターンになってきた。
球場では判らなかったけど、スポーツニュースなんかによれば、マー君が身体のどこか(肩?背中?)の異常を訴えたとか。
どちらにしても、勝ちパターンに引きずり込める雲行きになってきた。

そして写真が、8回裏の攻撃の場面。
ノーアウト満塁という絶好機に、イ・ビョンギュがくそボールを振って三振したあとのワンアウト満塁。
バッターは藤井というところだ。
その前のバッター、イ・ビョンギュもファームから上がってきて、この試合でもヒットを打っていたが、この大事な場面で結果が出せない。 三振して悔しがるならワンバウンドになるようなクソボールを振らない努力をしろ、そしてそれを見せろと言いたい。 ま、つまり結果を出せってことなんだけど。

そして藤井のバッターボックス。
気迫も何もなく三振ってのが結果なんだけど、バッターの藤井もベンチもランナーも全く策がない。
フォアボールでも1点、ワイルドピッチでも1点、深い内野ゴロでも1点というような場面で、少しくらいスクイズを警戒させるとか、ランナーがピッチャーにプレッシャーを与えるとかいう行動が見られても良いのではないか。
別にクリーンヒット、ましてやホームランなど期待してないが、あまりにも無策。
少年野球でも見られる行動すらなく、淡々と野球をやっている感じで、醒めてしまった。
続く立浪も、バットを振り切ることなく中途半端なスイングでピッチャーゴロ。
立浪も身体の近くにきた投球にはスバヤク反応して、デッドボールを避けていたが、WBCの韓国チームのように「勝ちたい」の一心があれば、当たってでも出塁して欲しかった。

イ・ビョンギュが無様な三振に倒れた瞬間オレの頭の中で構築された、藤井の初球スクイズで同点、勢いに乗ったドラゴンズ打線に動揺した有銘から代打立浪が逆転のツーベースという画はもろくも崩れ去った。

そして、応援用カンフーバットを静かにバッグにしまったのであった。

カネ払ってナゴヤドームにでかけ、一生懸命応援しているファンの前で、あんな試合すんな。
口では一生懸命やっていると言うかも知れないが、そうは見えない、ゼンゼン。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 21, 2009

バーロー、国八

昨日は、早朝・・・というより深夜から釣りに出かけた。
詳しい釣りの状況は釣行記に書いたので、そちらを読んでいただくとして、われらの釣りは、もちろん釣りをすることも楽しむが、釣りを終えてから、いわゆるアフターフィッシングとでもいうんだろうか、それも楽しみのひとつ。
今回の釣り場所の道中に、国八食堂というところがある。
以前も釣りの帰りに立ち寄り、大満足して帰ってきた経緯がある
だから今回も、釣りも楽しみだけど、それ以上に国八食堂での食事を楽しみにしていたんだ。

釣り場に向かう時に国八食堂の前を通った時、店先には「営業中」のでっかい看板。
「まだ午前5時なのに営業中だってよ、ははは」なんて同行者と帰りの食事を楽しみにしていたのに、帰路立ち寄ったら「営業中」の看板が「定休日」にすり替わっているではないか!
「な、な、なんてことだ!」「ゆ、ゆ、許せん!」と車の中で大の大人が騒ぎまくる。

↓↓↓↓↓↓↓ このホルモン焼きが食えないのだ ↓↓↓↓↓↓↓↓
P8230357

食べたことがないヒトには、どれだけ言ってもわからないだろうが、我々の失望はデカイ。
挙げ句の果てに「遠くから来てんだ、店明けろ! 国八」などと、遠ざかる車の中から吠えたてる。
国八食堂が休みだったら・・・などというコザカシイ選択肢など考えてもいなかった。
実際、その後車の中で交わされたと会話と言えば「ど〜しよう」「どこ行こう」「もうダメだ、死んでしまう」みたいなウロタエ的逆上的非建設的会話ばかり。
最終的には「ま〜、え〜よ、どこでも」などという超ナゲヤリなオコトバを年長者であるオレが吐き出す始末。
こりゃ、運転をしてくれているサワコーボー君は困りますわな。

結局、国八食堂の呪縛から逃れることが出来ず、地元の鉄板焼きの店で、ホルモン、トンテキ、トーフ田楽なんて、国八食堂のメニューに限りなく近くも値段は倍、などという夕食でお茶を濁した。

くそ〜〜〜、また来るからな〜、国八。
まったく、サカウラミでしかないが、雪辱を果たさねば気が済まない。
しかし、オッサンは学習したのだ、定休日は水曜日。
インプット〜!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2009

オリジナル グラサポワンショルダー

Img_0007_2

名古屋グランパスの試合を見に行くためのバッグを作ったゾ。
というより、ワッペン貼っただけだけどね。

今シーズンは、開幕戦でもらった巾着型のショルダーを使っていたんだけど、先日のACLの試合が雨で、カッパなんかを入れるのに小さいなぁ〜と思うようになってきたんだ。
それで、観戦用のバッグが欲しいなぁということになり、同じ考えを持つ友人のMr.Tとつるんで、いろいろ探してみたり、オークションで落札したりしたんだけど、ピッタリ来るモノがない。
その中で、以前グランパスダイレクトで販売されていた、ワンショルダーがいいねという意見の一致を見た。だけど、もう売っていない。
そこで画策したのが、オリジナルを作るというVゴール的発想なのだ。


Embrem

まず、グランパスのエンブレムが刺繍されたタオルを買ってきて(左上)
刺繍の廻りを接着剤で固める(右上) 大きくはさみで切り取った後(左下)は、出来るだけ刺繍に沿いつつ刺繍を傷つけないように精密なはさみでカットし、まわりのケバだちを半田ごてで焼き出来上がり(右下)。

それを一晩かけて接着剤で圧着して出来上がり。
最期にファスナーの取っ手に、ミサンガを取り付けると、まるでオフィシャルグッズのような・・・というよりそれを上回るような出来上がりに大満足だ。


Img_0008

グラサポ仲間のMr.Tやゆーこさんからも絶賛をいただき、さらに調子にのってしまった。

家に帰って、チケットホルダーやらタオルなんかを詰め込んでいると「ピンポ〜ン」と宅急便が届く。
なんとタイムリーなことだろう、届いたのはACLレプリカユニフォームじゃないか。
試着をして自分の姿を鏡にうつして満足してから「アレー、アレー名古屋アレー」などと鼻歌まじりでバッグにユニフォームを詰め込むと臨戦態勢だ。

Img_0010

さあ、今から出かけるゾ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2009

3歳

Img_0003

今日、5月15日はきなこの誕生日。
我が家に来たのは、生まれてからしばらくしてからなので、丸三年我が家にいるわけではないけれど、今では、およそ三年だけ我が家にいるだけとは思えないほどの存在感。
さすがに小さな頃とは違い、それなりの落ち着きも出てきたが、相変わらずチャカチャカしているし、いたずらもする。
しょっちゅう、家族の誰かに怒られて、肩身の狭い思いをしているかと思いきや、デ〜ンとソファーに寝転がり大イビキだ。
しかし、憎めないヤツであることは確かで、家族を癒してくれる。
ただし、娘とは冷戦状態らしい。
(三日ほど前玄関にあった娘の靴をばらばらにしたため・・・玄関に靴を出しっぱなしにする方も悪いけどね・・・が原因)

三歳の誕生プレゼントは「プリン」。
カスタード風味で、低カロリーというもので、メタボ気味でイヤシイきなこにぴったりのものだ。
最初は容器から出して手のひらに乗せて写真を撮ろうとしたけれど、その甘〜いプリンの匂いに「待て」ができず、フライングしてプリンを食べてしまう。
怒られて、再び挑戦するが、匂いの誘惑に勝てず、大量のよだれとともにフライング。
仕方なく、容器に入ったまま手のひらに乗せやっと写真撮影終了。
出来た写真を見ると、なにやら浮かない顔に見えてしまい、笑わせてくれた。

だいたい落ち着きが出てくるといわれる三歳。
しかしなぁ、きなこには当てはまらない気がするのはオレだけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2009

ACLレプリカユニフォーム

Qh74309grred_add1

昨年は、監督にストイコビッチを迎え、躍進のめざましかった、わがグランパス。
リーグ戦3位の好成績で、今年のACL(Asia Champions League)への参戦となった。

ACLは、スポンサー企業名の表示に厳しいらしく、ユニフォームも胸にメインスポンサーのTOYOTAがあるのみで、背中には一切企業名が入らないモノを使用している。
以前から「欲しいなぁ」と思っていたレプリカユニフォームだけど、今年のモデルは背中に豊田織機の文字。
一気に買う気が失せてしまって、買っていない。
せめて、漢字表示でないものならソソラレるのだけど、オレ自身の美的感覚からいえば、漢字表記は超NG。
まあ、ひらがなよりはマシだけど、やっぱり躍動感がないんだよなぁ、漢字では。

それで、ACLユニフォームの話に戻るけど、このACLユニフォームのレプリカモデルが、グランパスダイレクトという楽天の中にあるオフィシャルショップで売り出されたのが3月の中旬。
ユニフォームについて同じことを考える同志は多いらしく、それこそ「秒殺」の売れ行きで、販売開始から数刻を経ずして売切御免。
まあ、買えないなら買えないでしょうがないとあきらめていたところに、それを半分商売にするようなヤカラが、Yahooオークションに登場し、かなり高い値段で出品してきた。
それでもファン心理としては、ソソラレルことはソソラレルわけだ。
だって、すでに完売して、入手は非常に困難といわれる商品が、少しばかり高いといえどもカネさえ払えば手に入るんだからね。

そんなこんなで、オークションのウォッチリストには入れたけど、入札には至らない日々が数日。
ある日、全く別の、仕事に使う専門書を購入目的に、Amazonを探索中に見つけてしまったのでござるよ、ACLレプリカユニを。
あるはずのないレプリカユニが予約とはいえ定価で買える・・・、逡巡しますな、これは。
雰囲気的に在庫として存在する訳ではなく、再販らしい・・・だけど、本家本元のグランパスダイレクトには、再販の告知すらないのが気になる。
というわけで、ネットの中をあっちに行ったり、こっちに来たり。
そして事件は起こってしまった。
Amazonで、商品の詳細を見るつもりで、ポチッとクリックした場所が、1クリック購入という所。
Amazonの場合、登録さえしてあれば煩わしい手続きなしに、ホイッという感じでモノが買えてしまう。
「いいの?」「ホントにいいの?」的なヤリトリ無しに、即「お買い上げありがとうございますッ」という感じで、まったくさっぱりしていて爽快ですらある。
まあ、Amazonの立場からいわせてもらえば、購入を取り消したり、変更したりすることは出来るので「いやならヤメロ」と言えるわけで、こっちも、もちろんそれは承知の助。
だけど、間違えて買ってしまったというイイワケを作って、商品が届くのを楽しみにするというのもアリではないかと・・・(笑)。

それを、サポーター仲間のMr.Tに伝えたところ、再販はいささかアヤシイけど、Yahooの方でも売ってますと連絡がありまずは安心。

そして、今日のデキゴト。
近所のアルペンというスポーツ量販店に行ったら、売ってました、フツーに。
ACLレプリカユニフォームが。
再販じゃないのが。
なんか、ひとりで騒いでみたいで、いい年こいてバカだなぁ、といいつつ、コレガタノシイのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

でらパワー むき栗

Img_0192

今日は、友人のMr.Tとサッカー観戦。
試合は、ACL(Asia Champions League)の韓国代表、蔚山現代戦だ。
蔚山現代とはACL開幕戦でアウェーで戦い快勝した相手だ。そのせいか、今日の試合も負ける気がしない。
その予感は、裏切られることなく結果として4対1で快勝。
直志、玉田を温存し、恵太、巻、ダヴィを前線に置く攻撃的な布陣が機能した結果だ。
予想外ともいえる巻の切り返しのヘディングから小川のダイビングヘッドで先取。
続いては、もっと予想外の巻のたたきつけるようなヘディングで、2点先取。
巻には悪いけど、いつも出てきてはそこそこのプレーで終始する巻が、アシスト、ゴールの大活躍じゃないか。これを嬉しい誤算といわずになんという。
試合開始前にMr.Tとした会話。「前半3点、後半3点の6対0くらいでスカッと勝って欲しいね」が現実味をおびる。
ところが、相手を突き放す得点が欲しかった時間帯にセットプレーから失点。
前半を2対1で終了。
後半に入ると、中だるみというのだろうか、相手に試合を支配される流れになってきた。
そこで、Mr.Tが打開策として購入した「でらパワー むき栗」の封を切るやいなや、ダヴィのゴールが生まれた。
試合前にダヴィの活躍を期待して買ったリストバンドに刺繍された9番が輝かしい。
直後、ピクシーは勝利を確信したのだろうか、ダヴィに換え玉田を投入。
故障復帰直後の玉田に多大な期待を抱くのは酷だが、その玉田のフリーキックから、小川が今日2点目のゴールだ。
これで名古屋は予選突破を確定し、6月24日から始まる決勝トーナメントに進出を決めた。

おっと、その前に5月20日にアウェーの中国での予選最終戦もぶっちぎろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2009

ワンデートリップ with iPhone

今回は高速道路割引の制度を利用したワンデートリップとiPhoneを組み合わせてみた。
まずは、iPhoneで渋滞情報をゲットし、それを回避するルート選択。
実は、家を出たときには目的地は未定。
取りあえずガソリンスタンドで給油し「さてどこ行こうか?」というノリで始まったワンデートリップなのだ。
調べてみると、中央高速道路はまだ渋滞が起きていない様子。乗るなら今だ!という訳で小牧東ICに向けて走り出す。

iPhoneのアプリケーションにmixi Dock miniという、mixiの日記を書くことに特化したものがある。
そのmixi Dock miniの機能の中には、投稿した場所の位置情報を添付するという、iPhoneのGPS探知をつかったものがあり、今回はそれで行く先々の写真と、位置情報をmixiに日記として書き込むことにしてみた。
まあ、つまりiPhoneで遊んだだけということだ。

以下は、その総集編ということで、写真の一部と位置情報のリンクをしてみた。
位置情報は誤差があり、ドンピシャといかない部分もあるが、概ね「そのあたり」を表示してくれた。
(各々の写真の下にある地名がgoogle mapとのリンク)


まずは行く途中の駒ヶ岳SA。
かなり涼しくて、行き先未定で薄着のオレはすでに後悔。
1156732644_48_2
駒ヶ根SA

松本駅も涼しい。
周りを見ても、半袖の人などいりゃしない。
それでもメゲズにヒルメシを食べる場所を探す。
行ったことがある馬刺し料理の「新みよし」をネット検索。
目的地に着くと、なんと店は夕方からの営業。
以前は昼もやっていた気がするんだけど。
そこで、近くの榑木野という蕎麦屋に入った。
1156782193_5
松本駅


榑木野の蕎麦は、細打ちながらなかなかしっかりしていて、うまい。
食べたかった馬刺しも注文し、大満足。
1156822145_37
榑木野


すこし廻りの商店街を歩きつつ、次なる目的地を探す。
北に向かい安曇野あたりを散策するか、西に移動するか・・・。
結局、高山方面に向かうことにする。
途中、道の駅でオヤツ休憩をはさみ、安房トンネル経由で平湯に到着。
1156902789_45
安房トンネル

高山市街にでる前にある、板蔵ラーメンのドライブインで買い物。
ここでしか売っていない「鶏チャン・カレー味」が欲しいのだ。
こればかりはどこを探しても売っていないもんね。
1156935674_100
板蔵ラーメン

帰りの時間を考えると、そろそろ東海北陸自動車道に向かうが
高山から飛騨清見ICに行くと、ゲート直前で渋滞ストップ。
iPhoneで調べても、かなりの渋滞のようで、ゲートまであと5mの所でUターンして
再び高山市内。
このまま泊まっちゃうか・・・と駅前の宿泊案内所で訪ねるモノの、市内には空室なし。
まあいいや、腹ごしらえをしることにして、「あの」丸明に行く。
案外、現在一番信頼できる飛騨牛の店なのかも知れないもんね、丸明は。
食べた、飛騨牛のすき焼きは文句なしにうまかった。
1157018225_171
高山

市内に宿泊できる場所はなし、高速道路は渋滞。
選択肢は国道41号線で、ひたすら南下。
そういえば飛騨金山に宿泊できる温泉道の駅があったと立ち寄るが、温泉も終わっているし空室もなし。
カミサンは明日仕事だし、このままおとなしく帰ろう。
1157119508_113
飛騨金山

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »