« あかん、こいつら勝つ気ないワ | Main | 日本代表に必要なモノ(コト) »

June 07, 2009

アウェーの洗礼

189885_c450
日本代表がサッカーワールドカップ、南アフリカ大会への出場を世界で一番最初に決めた。
対ウズベキスタン戦をテレビで観戦したが、日本代表は序盤の攻勢の中で、岡崎の粘り勝ちとも言えるダイビングヘッドにより先制。
ココまでは、見ていても気持ちよかったが、それから先がイケナイ。
何がイケナイかって、あのシリア人の主審。
あの主審の判定によって、思い切ったプレーが封印されてしまったことは否めない。
わずかな接触プレーでファールを取られ、何でもないファールでイエローカードだ。
それが、両チームに公平に与えられるモノならば何も言わない。
しかし、明らかにウズベキスタンよりの判定だったことは誰の目にも明らかだ。

選手達は、入場の際にフェアープレーフラッグの先導によりフェアープレーを求められている。
だけど、一番フェアーでなくてはイケナイのは判定じゃないのか。
サッカーに限らずスポーツでは、ホームタウンデジジョンというものが存在することは周知の通りだ。それをアウェーの洗礼といって「しかたない」で済ませる論調は確かにある。
しかし、昨夜の試合は明らかにそれを逸脱していた。
長谷部の一発レッドカードも岡田監督の退席も通常では考えられない。
サッカーではマリーシアといって、審判を欺く「ずる賢さ」も技術の内とされる。
あくまで、マリーシアは「ずる賢さ」であって「ずるさ」ではない。
昨夜の試合では、アンフェアーな判定によりウズベキスタンというチームが、とても「ずるい」チームに見えた。
ちょっとしたファールでわざと転倒し、シミュレーションを取られるようなプレーでも主審がファールを取ってくれるので、わざと転んでいるような場面が多々見られた。

前々回の日韓共催のワールドカップで、韓国チームと戦ったイタリアやポルトガルなどの強豪国がアンフェアーな判定で負けたことを思わず思い出す。
非常に不愉快で、同じアジアの国として恥ずかしさを感じた。
そんなことをしていると、いつまで経ってもアジアのサッカーに成長はないだろう。

最大限譲って、ウズベキスタンというチームがそういうチームだったとしても、シリア人の審判がそういう審判だったとしても、それを許さない風潮や、システムがなければイケナイと思う。
だけど、ネットや新聞などでも、アンフェアな判定に異を唱える言動が少なくはないか。
もっと声に出して、フェアーな判定を求めるべきではないのか。
試合の録画を公平な機関で検証して、審判の資質の向上に努めなければ、アジアのサッカーは世界の中で取り残されるような気がしてならない。

試合に勝ったからいいとかという問題ではないし、アウェーの洗礼とはこんなものだという達観でもいけないと思う。
多少のホームタウンデジジョンを認めながらも、フェアーという範疇で判定を下して欲しいものだ。

あなたと一緒に並んで走っている車が、50kmオーバーで走ってもとがめを受けないが、あなたが5kmオーバーで走って反則金と減点を受ければおかしいと思うのと一緒のことだ。

今回はかなりむかついたので、文章が乱れているなぁ〜。
とりあえず、代表はよくやったと思う。

|

« あかん、こいつら勝つ気ないワ | Main | 日本代表に必要なモノ(コト) »

Comments

と~しろさん、怒り心頭ですねぇ。
とはいえ、おいらから見ても誰が見てもあれは無いですっ!

AFCに抗議の文書を送ったらしいですが、FIFAの中でもAFCのレベルの低さが露呈してしまったのが悲しいですね。

岡田監督は目標をベスト4だとか言って息が荒いですけど、あんな酷いジャッジとはいえ、ウズベキスタン相手に辛くも勝った程度でそんな大口叩いて大丈夫かいなって思ったおいらです。

まぁとにもかくにもW杯に行ける事はすごいことではありますが。

Posted by: Mr.T | June 08, 2009 at 06:04 PM

怒り心頭ですか。

確かにひどい審判でしたね。
ただ長谷部のファールは致し方ないかな~。
アフターでしたし、今日の審判を考えれば、
あの場面であれをやったらファール取られるのは目に見えていたはず。
(その前に、遠藤も肘が入ってファール取られてますから)
岡ちゃんのとばっちりはかわいそうでしたけど。
(試合後の岡ちゃんのコメントで
「オレ何も言ってね~よ」には思わず笑っちゃいました)

これから上に行くには、どんな状況でも、
それを分析して最善の方法を見出して、
悪いものでも生かす工夫がなければ勝ち上がっていけないよ~な気がします。

私的には、審判より
岡ちゃんの采配に疑問持ちます。
シリアの明確な戦術に対して
結局最後まで打開策を見出せなかった。
後半も前半と同じ攻められ方してるのに、
中盤のグズグズに対して何も手を打たなかった。
(交代要員もまるでトンチンカン、阿部ちゃんの交代は良かった
けど一番最初に俊輔と変えるべき。あの時間帯ではねぇ)

今回の一番の功労者は楢崎とDF陣ですね。
かなりやばい場面も彼らの頑張りで何とか抑えてくれました。
それと、精度の悪いウズベキのお陰です。
あれがスペインなら5~6点入れられてました。

Posted by: lefty_haru | June 08, 2009 at 10:35 PM

Mr.Tさん、ひどかったね〜。
勝ち負けのレベルの話じゃないですよ。
あの主審、ACLの時もガンバの遠藤に一発レッドを出したそうじゃないですか。
あいつこそレッドですよ。

ワールドカップベスト4ねぇ。
多分言っている本人は恥ずかしいと思います。
そうでなければ、世界を知らなさすぎる・・・としか言いようがないです。

Posted by: standy | June 09, 2009 at 07:17 PM

haruさん、まいどです。
岡ちゃんね。
まあまあ、あんなもんでしょう。
ワールドカップ・ベスト4を目指しますっ! という監督ですよ。
今日の日記にも書きましたが、世界を知る集団でないと、そんな目標を口に出すことは出来ません。

戦術のことは私はよくわかりませんが、ヒトムカシ前の日本代表でしかサッカーをやったことがない人では、世界に出て行くチームを作ることはできないと思います。


Posted by: standy | June 09, 2009 at 07:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/45269311

Listed below are links to weblogs that reference アウェーの洗礼:

« あかん、こいつら勝つ気ないワ | Main | 日本代表に必要なモノ(コト) »