« June 2009 | Main | August 2009 »

July 30, 2009

ミラクルは起こせなかったが、復活の予感

Img_0019_2

ACL参加で、準々決勝からの参戦となった2009Jリーグヤマザキナビスコカップ、第1戦はFC東京を相手に7月15日に味の素スタジアムで行われた。
結果として、グランパスのDF崩壊もあって無残な1-5というスコアが残された。
その後、ジョシュア・ケネディーの加入もあって、京都FC、浦和REDSとのリーグ戦は何となくグランパスの復活を感じさせる試合内容。
それがホンモノなのかどうか・・・、連敗を喫しているFC東京とのナビスコカップ第2戦が示してくれるハズということで、瑞穂スタジアムに参戦!

ナビスコカップ自体は、第1戦の屈辱的スコアで、今回4-0以上のスコアで勝利しないと勝ち抜けはない。
冷静に見れば、好調のFC東京を相手にそのスコアでの勝利はかなり困難であるが、ミラクルを信じてゴール裏のグラサポに混じって、いつものMr.Tに加え、初参戦で新品のケネディーユニ纏ったK君とともに応援した。

試合は、ケネディーの巧みなトラップから折り返しを巻が左足でゴールして先制。
ケネディーはヘディングの高さも特筆ものであるが、足サバキもかなりのハイレベルだし、ゴールに向かう姿勢を随所に感じられるところがスバラシイ。

後半に入って、セットプレーから麻也のヘディングで2-0。
一進一退の攻防からもグランパスの攻めへの姿勢が見られるいい試合内容だ。
2-0からの試合展開で、何度か訪れた得点機にゴールを決められれば、ミラクルが起きる可能性はずっと高くなることを信じて応援したが、主審の柏原丈二にその期待を破られてしまった。その判定が出るまでも何度か不可解な判定はあったものの、その決定的な判定の直後に、石川直宏>平山相太とボールがわたりゴールを決められてしまった。時間帯からいってもFC東京の勝ち抜けを決定づけるその得点は、グランパスDFの佐藤が受けたファールをファールと見なさなかったことだ。
帰宅後録画を見(スロー再生までしたのだ)ても、手でひっかけられて倒されているのは歴然。
その判定ミスがなければ、後半のロスタイムからサポーターを盛り上がらせた猛攻の中から得点が生まれたような気がする。
まあ、判定のことを言っても覆るわけでもないのでしょうがないけど、言わずにはいられないというところだろうか。

この試合は左サイドからアベショーのクロスが多く、またそれが正確で、続けていれば得点に繋がることを確信した。しかし、右サイドのハユマくんは一向に前を向いてくれない。 前方に広大なフィールドが広がっているのに、立ち止まって横やら後ろやらにパス。 これじゃいかんワ。
全体的に良い感じのプレーが多かった中で、ハユマの消極的プレーが目に付いたと言うことだろうか。

でも、この試合でグランパスは今シーズン当初の状態に近くなったといえるのではないだろうか。
それを続けていれば、昨年の好調時の状態にまでもチームを高めることはそれほど難しいことではないとも思うし、それ以上のチームになって欲しいことももちろんだ。
それを感じさせてくれる試合でもあったので、上機嫌。

PS:参考までに・・・、今シーズン参戦の試合ではイマダ負け知らず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

餃子王(ギョーザワン)

Img_0018

サッカー観戦前のハラゴシラエで、瑞穂スタジアム近くの「餃子王」という店に立ち寄った。
この店は、餃子専門店ではないけど
●北京風野菜焼き餃子 180円
●香港風海鮮入り餃子 480円
●四川風からし餃子 380円
●餃子王 480円
など、各種の餃子を楽しむことが出来る。

まずは、生ビールと焼き餃子、海鮮餃子、からし餃子が一皿にのった餃子セットを頼む。
それぞれに違った味わいを楽しむことが出来るが、どの餃子もジューシーであつあつ。
また、香味油をブレンドしてあるとのことで、一皿で独特の風味を楽しめる。

皿の上の餃子がカラになってもまだビールが残っていたので、女性の手のひらサイズほどもある餃子王を追加。
もちもちっとした皮の食感と、中身のゴロゴロとした椎茸やエビ、野菜のマッチングがよい。
とうぜんこちらも香味あふれる一品で、これからのサッカー観戦@瑞穂スタジアムのルーティンコースとなりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2009

ジョシュア・ケネディー参上!

90718

Jリーグも18節から後半戦に突入。
グランパスは、ホームの豊田スタジアムに京都サンガFCを迎え戦った。
前半戦の終盤は、ダヴィの移籍やDFの崩壊などで敗戦が重なったグランパスであるけれども、この試合から参戦のオーストラリア代表ジョシュア・ケネディーが、どのようなパフォーマンスを見せてくれるかが楽しみで、ゴール裏から声援を送った。
静かな立ち上がりであったけれど、前線の真ん中にそびえ立つケネディーにボールが集まり出すと、京都のDFは、対応に追われている様子。
最近ではあまり見ることが出来なかった、左SB阿部の縦への突破や、玉田の切り込みなど、去年のグランパスが成功した攻撃パターンを随所に見ることが出来た。
ケネディーは、高い上背を生かしてのヘディングでの配球や、身体を張ったボールキープが思ったより堅実で、それ以上に足元のボールをキープする巧みさを持ち合わせていることに感心した。

そのせいもあり、圧倒的なボール支配率でチームのリズムが出てきて、いい攻撃が幾重にも重なるようになってきた前半の終盤、マギヌンからの低いクロスに飛び込んできたケネディーの頭から発射したボールが京都ゴールの左隅に突き刺さった。
ケネディー自らのJデビューを祝うゴールで先制。
ゴール裏は、久々の先制攻撃にサポーターが驚喜し「カーモン、ジョシュア〜」のケネディーコールの連呼だ。
でも、ケネディー自身はまだ自分へのコールということを知らない様子。
はやく、サポーターの応援に手を振って応えるまでに慣れて欲しいものだ。

後半は、サウナ風呂状態のせいもあるのだろうか、選手達の動きもやや鈍ってきた。
有効に選手交代をした京都の支配する時間が長くなってきた。
グランパスは、マギヌンに変わって田中隼磨。
ピクシーの意図がよくわからない交代に、攻守のメリハリがない状態になってしまった。
そんな中で、ボランチの中村の攻守に亘る献身的な動きが目に付く。
最近は、ボランチとして守備の場面を目にしがちな中村だったけど、今日は敵陣深くまで切り込んでみたり、相手の出鼻をくじくインターセプトをしたりして、本来の中村の動きになってきたようだ。
本来の動きといえば、怪我から復帰の麻也も素晴らしいディフェンスの直後、ヘロヘロパスを出したりして本来の姿を見せてくれたのが心強い。

その後も、何回かチャンスがあったが、相手ゴール正面でボールを持った小川が、自身で打つことなく横に流すパスでチャンス消滅。
この場面はさすがにブーイングが渦巻き、サポーターの落胆を誘った。
一番してはいけない行為を一番大事な場面でさらけ出した感じ。
小川のブログなんかを見ると「次は何が何でも」などという言葉がよく書かれているが、それを実践しろってんだ。
あそこでパスを出す選手はグランパスには必要ない。
前の試合、その前の試合と、FC東京と戦い、小川と同じMFでありながら得点王という石川直宏を目の前で見てきたのではなかったのか。
あの場面、石川なら迷うことなく足を振り抜いていたに違いない。
もちろんその直後には、チームメイトと抱き合う姿が・・・。
FC東京戦の大敗で、悔しさもあるだろうが、あの石川のパフォーマンスを盗み取って次なる試合にぶつけるのが小川の役割だったはず。
それでないと、FC東京戦が「たたきつぶされた」だけの試合に成り下がってしまうじゃないか。

そして訪れた残り10分という時間帯。
「この時間帯をしのげば・・・」という一緒に観戦したMr.Tの杞憂を事実というものにすり替えてしまうPKを与えてしまい、同点とされる。

確かに帰宅後みた録画では、微妙な判定とも言えなくはないし、グランパス側にも同様のPKチャンスは有ったような気がするが、そこは判定だ、覆るわけもなく同点にされたのは事実なのだ。

ただ言えるのは、京都ゴール前で見逃したチャンスが生かされれば、PKを与える流れにはなっていなかっただろうということ。

試合全体から見れば、グランパスが負ける要素はほとんどなかったのに、この結果。
非常に残念な勝ち点1である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2009

支那そばや ワンダーシティ店

Img_001

2009年4月、名古屋市西区に開店したワンダーシティー"mozo"。
開店から3ヶ月経ったので、それほどの大混雑はなかろうと行ってきた。
"mozo"自体は、この手のショッピングセンターに出かけた時と同じ感想しかない。
「疲れた・・・」

ちょうど昼時ということもあり、1Fのレストランゾーンにある「支那そばや」の前に並ぶ丸椅子に腰を下ろした。
「支那そばや」は、ガチンコというテレビ番組のラーメン職人を育てる「ガチンコラーメン道」で指導者として出演し、有名となった「佐野実」さんがプロデュースした店として有名。
さぞかし絶品中華ソバだろうという期待を胸に、私は醤油、カミさんは塩をセレクト。
醤油は、スープを一口すすると「懐かしい」という言葉が出てくる旨さ。
細麺にたっぷり絡むスープは、少しばかり醤油が強い気もするが、まあまあ満足できる味。
トッピングのチャーシューは私には少しくどく、残してしまった。
いけないのは、メンマだ。
メンマ好きとしては、わざわざトッピングの増量までしたのだが、処理が悪いのかいささか臭さが鼻につく。

本当に旨いラーメン(中華そば)は、最後の一滴まで旨さが連続するが、残念ながら途中で味が薄れた、というよりうま味が持続しないといった方が正鵠を得ているだろうか。
少しばかり厳しいインプレッションかも知れないが、トッピングなしのベースだけで850円の値段を取るからには、もう少し驚きを与えてくれるような一品にして欲しいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2009

父子

Img_0013

父の視線の先には、バッターボックスに立つ息子。
おそらく三年間の高校生活最後のアットバットになるであろう打席。
息子の脳裏には、汗と砂にまみれ頑張った三年間が去来しているのだろうか。
自校の応援団からの声援は彼に届いているのだろうか。
なんとか出塁して欲しいものだ・・・。
父の願いが届いたのか、四球を選び一塁の塁上に立つ彼の姿を、父がビデオに収めている。

その父の背後で見つめるオッサンの目頭が熱くなってしまった。
やっぱり高校野球をマジで観戦すると、選手達の一生懸命さが伝わってきてアキマヘン。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 02, 2009

破竹の8連勝

8win

昨日は、いろいろ動きました。
午前中は、息子が大府市内の社宅に転居するため、その手続きをするというので、大府市まで。
と言っても、親が居ないと手続きが出来ないほど子供じゃないので、ホントの理由が・・・。
ホントは、ドラゴンズの試合を見に行くためのチケットを息子が持っているので、それを受け取るために、はるばる大府まで出かけたというワケ。
カミさんは、息子家族が新たに住む場所を見たくてしょうがないらしく、それも大きな理由だったらしいけど、オレ的にはどこでも「住めば都」と思っているから、やっぱりチケット受け取りが理由かな(笑)。

話は少しずれるけど、大府市の市役所ってすごいね。
建物もだけど、職員の対応がすこぶる良い。
通路にしつらえられた椅子に座っているだけで、何度「何か御用はありますか?」と丁寧に聞かれた。
地元の小牧じゃ、あり得ない。
こちらが書類を持ってカウンターのところに立って、中の人間と目があっても、無反応なんてことだってある。
「すみませんが・・・」声をかけないと動かないのだ。
小牧市役所および支所の人間は、いちど大府市役所に研修に行ってきなさい、自腹で。
あれが、住民サービスというものだよ。

はい、話を戻しましょう。
大府から帰ってきて、まず愛犬のきなこの散歩をして、生理現象を満たしてやってから、交通機関を使ってナゴヤドームへ向かう。

また少し話がずれますね〜。
交通機関といえば、毎度のことながら、なぜにピーチバスは時刻表通りじゃないんですかね、いつも。
同じ桃花台の中をぐるっと回って小牧方面に向かう名鉄バスは時刻通りに来るのに、ピーチバスは5分の遅滞ならましな方。
ひどいときには10分も遅れることがあるそうで、カミさんなんかはバス停に書いてあった電話番号に電話したことがあると言ってた。

はい、再び話はナゴヤドーム。
交流戦終盤から快調に勝ち星をあげるドラゴンズ、一昨日までに7連勝。
そろそろ、連勝も途切れるんじゃないかという杞憂を胸に出かけたが、杞憂は杞憂に終わった。
先発を予想された山井でなく、小笠原の先発というのも功を奏し、相手の阪神の出鼻をくじいたのか、試合は序盤から投手戦。
それを文字通り打破したのが、ブランコの特大スリーランだ。
三塁側の阪神ファンの中で観戦という、あまり経験したことがない状況にもかかわらず、とても楽しめた。

試合途中で、瑞穂競技場で名古屋グランパス対鹿島アントラーズの試合を観戦している友人と情報交換。
前半を終えて、0−2の劣勢、オマケに雨中の観戦ということで、凹んでました。
試合後も、報告がなかったので「負けたな・・・」ということは判りましたが、かなりの貧試合だったようで、現地では試合後ブーイングの嵐だったみたい。
どうしたのグランパス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »