« 餃子王(ギョーザワン) | Main | 車検なんですが・・・ »

July 30, 2009

ミラクルは起こせなかったが、復活の予感

Img_0019_2

ACL参加で、準々決勝からの参戦となった2009Jリーグヤマザキナビスコカップ、第1戦はFC東京を相手に7月15日に味の素スタジアムで行われた。
結果として、グランパスのDF崩壊もあって無残な1-5というスコアが残された。
その後、ジョシュア・ケネディーの加入もあって、京都FC、浦和REDSとのリーグ戦は何となくグランパスの復活を感じさせる試合内容。
それがホンモノなのかどうか・・・、連敗を喫しているFC東京とのナビスコカップ第2戦が示してくれるハズということで、瑞穂スタジアムに参戦!

ナビスコカップ自体は、第1戦の屈辱的スコアで、今回4-0以上のスコアで勝利しないと勝ち抜けはない。
冷静に見れば、好調のFC東京を相手にそのスコアでの勝利はかなり困難であるが、ミラクルを信じてゴール裏のグラサポに混じって、いつものMr.Tに加え、初参戦で新品のケネディーユニ纏ったK君とともに応援した。

試合は、ケネディーの巧みなトラップから折り返しを巻が左足でゴールして先制。
ケネディーはヘディングの高さも特筆ものであるが、足サバキもかなりのハイレベルだし、ゴールに向かう姿勢を随所に感じられるところがスバラシイ。

後半に入って、セットプレーから麻也のヘディングで2-0。
一進一退の攻防からもグランパスの攻めへの姿勢が見られるいい試合内容だ。
2-0からの試合展開で、何度か訪れた得点機にゴールを決められれば、ミラクルが起きる可能性はずっと高くなることを信じて応援したが、主審の柏原丈二にその期待を破られてしまった。その判定が出るまでも何度か不可解な判定はあったものの、その決定的な判定の直後に、石川直宏>平山相太とボールがわたりゴールを決められてしまった。時間帯からいってもFC東京の勝ち抜けを決定づけるその得点は、グランパスDFの佐藤が受けたファールをファールと見なさなかったことだ。
帰宅後録画を見(スロー再生までしたのだ)ても、手でひっかけられて倒されているのは歴然。
その判定ミスがなければ、後半のロスタイムからサポーターを盛り上がらせた猛攻の中から得点が生まれたような気がする。
まあ、判定のことを言っても覆るわけでもないのでしょうがないけど、言わずにはいられないというところだろうか。

この試合は左サイドからアベショーのクロスが多く、またそれが正確で、続けていれば得点に繋がることを確信した。しかし、右サイドのハユマくんは一向に前を向いてくれない。 前方に広大なフィールドが広がっているのに、立ち止まって横やら後ろやらにパス。 これじゃいかんワ。
全体的に良い感じのプレーが多かった中で、ハユマの消極的プレーが目に付いたと言うことだろうか。

でも、この試合でグランパスは今シーズン当初の状態に近くなったといえるのではないだろうか。
それを続けていれば、昨年の好調時の状態にまでもチームを高めることはそれほど難しいことではないとも思うし、それ以上のチームになって欲しいことももちろんだ。
それを感じさせてくれる試合でもあったので、上機嫌。

PS:参考までに・・・、今シーズン参戦の試合ではイマダ負け知らず。

|

« 餃子王(ギョーザワン) | Main | 車検なんですが・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/45785632

Listed below are links to weblogs that reference ミラクルは起こせなかったが、復活の予感:

« 餃子王(ギョーザワン) | Main | 車検なんですが・・・ »