« ACL 水原三星ブルーウィングス戦 〜サイドストーリー〜 | Main | 父子 »

July 02, 2009

破竹の8連勝

8win

昨日は、いろいろ動きました。
午前中は、息子が大府市内の社宅に転居するため、その手続きをするというので、大府市まで。
と言っても、親が居ないと手続きが出来ないほど子供じゃないので、ホントの理由が・・・。
ホントは、ドラゴンズの試合を見に行くためのチケットを息子が持っているので、それを受け取るために、はるばる大府まで出かけたというワケ。
カミさんは、息子家族が新たに住む場所を見たくてしょうがないらしく、それも大きな理由だったらしいけど、オレ的にはどこでも「住めば都」と思っているから、やっぱりチケット受け取りが理由かな(笑)。

話は少しずれるけど、大府市の市役所ってすごいね。
建物もだけど、職員の対応がすこぶる良い。
通路にしつらえられた椅子に座っているだけで、何度「何か御用はありますか?」と丁寧に聞かれた。
地元の小牧じゃ、あり得ない。
こちらが書類を持ってカウンターのところに立って、中の人間と目があっても、無反応なんてことだってある。
「すみませんが・・・」声をかけないと動かないのだ。
小牧市役所および支所の人間は、いちど大府市役所に研修に行ってきなさい、自腹で。
あれが、住民サービスというものだよ。

はい、話を戻しましょう。
大府から帰ってきて、まず愛犬のきなこの散歩をして、生理現象を満たしてやってから、交通機関を使ってナゴヤドームへ向かう。

また少し話がずれますね〜。
交通機関といえば、毎度のことながら、なぜにピーチバスは時刻表通りじゃないんですかね、いつも。
同じ桃花台の中をぐるっと回って小牧方面に向かう名鉄バスは時刻通りに来るのに、ピーチバスは5分の遅滞ならましな方。
ひどいときには10分も遅れることがあるそうで、カミさんなんかはバス停に書いてあった電話番号に電話したことがあると言ってた。

はい、再び話はナゴヤドーム。
交流戦終盤から快調に勝ち星をあげるドラゴンズ、一昨日までに7連勝。
そろそろ、連勝も途切れるんじゃないかという杞憂を胸に出かけたが、杞憂は杞憂に終わった。
先発を予想された山井でなく、小笠原の先発というのも功を奏し、相手の阪神の出鼻をくじいたのか、試合は序盤から投手戦。
それを文字通り打破したのが、ブランコの特大スリーランだ。
三塁側の阪神ファンの中で観戦という、あまり経験したことがない状況にもかかわらず、とても楽しめた。

試合途中で、瑞穂競技場で名古屋グランパス対鹿島アントラーズの試合を観戦している友人と情報交換。
前半を終えて、0−2の劣勢、オマケに雨中の観戦ということで、凹んでました。
試合後も、報告がなかったので「負けたな・・・」ということは判りましたが、かなりの貧試合だったようで、現地では試合後ブーイングの嵐だったみたい。
どうしたのグランパス。

|

« ACL 水原三星ブルーウィングス戦 〜サイドストーリー〜 | Main | 父子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/45516049

Listed below are links to weblogs that reference 破竹の8連勝:

« ACL 水原三星ブルーウィングス戦 〜サイドストーリー〜 | Main | 父子 »