« August 2009 | Main | November 2009 »

October 28, 2009

不完全燃焼だな

Acl

毎度同じような場所で撮影するので、同じような写真。
しかし、今日の観戦はうなだれて帰路につくパターン。
今シーズンの名古屋グランパスのホームゲーム観戦は何試合目になるのだろう、かなりの回数を重ねているが、負け試合を観戦したのは初めてだ。
いわゆる「不敗神話」が崩壊した夜なのだ。

それも、とても大切な試合。
アジアチャンピオンズリーグの準決勝だった。

確かに、日本のチームで唯一ベスト4に残った名古屋グランパスではあるが、ホームアンドアウェーで戦う準決勝のアウェーでの戦いの結果が最悪だった。
2-6という無残とも言えるスコアで、決勝進出への望みがほとんど絶たれた状態。
そんな状態でも、サポーターや選手は決勝進出をあきらめてはいなかったはず。
インターネットや新聞の情報でも選手達の「リスクを背負って戦い、勝つ」といった論調のコメントが目に付いた。
それを信じて、サポーターも応援にでかけたと思われるほどの、予想外の大観衆。

試合が始まると、コメント通りの攻勢・・・、しかし5分間だけ。
その後は、いくら相手が引き気味で試合に臨んでいるとしても、あの時間をかけた攻撃はコメントとは裏腹だ。
巻、ケネディーをFWに置いたのだから、早めのクロスを上げて二人のポストプレーから得点を狙って欲しかった。
ところが、得意のパターンと言われるサイド攻撃に固執するあまり、積極的にシュートを打てばよい場面からも、サイドに流れた選手にパスを送り出す。
特に今日のような、最低でも4点が必要な試合なのだから、積極的なシュートや縦へ縦への速攻というモノがもっと必要なはずじゃないのか。
なんとなく失点を恐れるあまり、慎重になりすぎてリスクを避ける動きばかりが目に付いた。
先制点、追加点と相手の得点を重ねられ、嫌な雰囲気の後半、途中出場の杉本恵太の目の覚めるようなオーバーヘッドシュートで何とか一矢を報い、それに刺激されたようにグランパスの選手達の動きも見違えてきたが、相手の時間を使う遅延行為が目立つ試合展開にリズムが作れないまま試合終了。

非常に不愉快ではあるが、選手達は一生懸命やっていたと信じたい。
試合終了の挨拶をサポーターに済ませ、スタンド下に戻る吉田麻也の号泣がそれを物語る。

まだ、天皇杯もある。
リーグ戦も少しでも上位を目指そう。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2009

グランパス、天皇杯登場

今日は、グランパスが登場する天皇杯の観戦に、刈谷市のウェーブスタジアム刈谷に行ってきた。
メンバーはいつもながらのオッサン二人連れ。
Dscf5824
13時開始の試合に、8時半に家を出る入れ込みぶりとはうらはらに、試合に方は前半は、引いて守る沖縄かりゆしFCにおつきあいして、ちんたらした試合になってしまった。
まあ、大物食いはするが下位に取りこぼすといういつもながらの悪癖だ。
本来ならJ1チームの貫禄をみせつけて、前半のウチに相手の戦意を喪失するくらい徹底的にたたきのめす・・・というのが理想的なのだけれど。
前半は、レフリーの誤審か!と思わせるラッキーなPKをいただき、サントスがゴール。
後半になって、杉本、マギヌン、小川を投入してなんとか攻撃のスタイルが出来、波状的な攻撃が繰り返された。
ところが、前半のたるんだ試合ぶりに、観戦するオッサンの士気もゆるみ、前半のスタンド観戦から後半は芝生席に移動し、とことんだらけた観戦態度。
Img_0017
寝転んだまま、ピッチを眺め、攻撃がゴールに近づくと、ムクリと起き上がる事の繰り返し。
何度か起き上がる事を繰り返しているウチに、ブルゾが2点、巻が1点をゲットし、何となく4−0の勝利。
いつものように「うぉぉぉ〜!」という盛り上がりも無しに、何となく勝ってしまったという感じ。

しかし、オッサン二人連れの後ろに陣取り、解説者モドキの説明をしてくれるグラサポの言うとおり、グランパスはマギヌンのチーム・・・という事を認識した試合となった。
マギヌンの登場により、一気に試合が締まったし、なんとなく相手の戦意もあきらめモードに移ったような気がした。
来期、噂されるようにマギヌンの移籍などがあると考えるだけで気が重くなってしまう。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | November 2009 »