« 第3節 ジュビロ磐田戦 | Main | 多目的?無目的? »

March 22, 2010

春はそこまで

彼岸を迎えつつも、まだ寒い風が吹く日が何日か続きますが、春の足音は確実に近づいてきている。
昨日は、黄害ともいえる「黄砂」がこの地方でも舞い降りてきて、道行く車は黄土色の斑点をちりばめている。
しかし、その黄砂も春の訪れの兆候のひとつであることは間違いない。
毎日の犬の散歩で通り過ぎる公園にも、幾本かの桜の木が植えられているが、その中の一本を「我が家の標準木」と心の中で位置づけている。
その標準木のつぼみが膨らんで、桜色の花びらをわずかにのぞかせていた。


Dsc00117

暖かな日が続けば、ひょっとして明日もしくは明後日にも最初の一輪が見られるかも知れない。
同じ公園にあるモクレンは、重そうな花を咲かせている。


Dsc00120

散歩の途中にある空き地も、まだ枯れ野の様相だが、ふと気がつけば緑に覆われることだろう。
その中に、一羽の鳥が盛んにエサをついばんでいた。
そう言えば、鳥たちの活動も盛んになってきたような気がする。


Dsc00121_2


|

« 第3節 ジュビロ磐田戦 | Main | 多目的?無目的? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/47877206

Listed below are links to weblogs that reference 春はそこまで:

« 第3節 ジュビロ磐田戦 | Main | 多目的?無目的? »