« ホーム最終戦に参戦 | Main | ホーム開幕戦は惜敗 »

March 04, 2010

アジアカップ最終予選 日本vs. バーレーン

P3030004

アジアカップ最終予選の日本対バーレーン戦を見てきた。
両チームともに、本戦への出場が確定した後のタタカイなので、上を目指すためのガチンコ勝負とはならない。
その証拠に、バーレーンは海外組の召集なしで、乗り込んできている。
ただ、日本代表はそうも言っておられず、ここ最近の調子が思わしくない。
東アジアカップでは、中国・韓国に苦杯を舐めさせられ、3位。(ワールドカップでベスト4を目指している国の下位には香港しかいない)
監督の更迭論も湧き出してきており、結果を示さねばならないワールドカップの前哨戦という位置づけが、日本代表の海外組召集と言う事態に進んだともいえる。

さて、試合開始2時間前に豊田スタジアムに到着したが、日本代表という立場を甘く見ていたと言うほかなく、ホームのゴール裏はすでに満席だ。
そこで、ぐるりと回りこんでアウェーのゴール裏に行ってみた。
こちらもほぼ満席状態で、どうにか席を確保できた。
う~む、グランパスのホームゲームとは違うなぁ。
グランパスもこんなにたくさんのサポーターに囲まれて試合をさせてあげたいものだ・・・などという思いにふけっているうちにキックオフのホイッスルが鳴り響く。

試合はいつものように、チマチマした横パスの交換をしながら、ジワジワと攻めあがり、精度の低いクロスを跳ね返されると言う代表パターンで進む。
ところが今回は、その代表パターンを維持することすらできないほど、パスの精度が低いのだ。
豊田スタジアムはゲームが見やすい。
オレが座った位置からは、左右の展開がとても把握しやすい。
チマチマしたパス交換も、大きなサイドチェンジも見ることができたが、狙った場所にパスが出せていないという印象を受ける場面が多かった。
トラップがうまくないのは承知しているけど、パスがあれほど下手では、岡ちゃんの目指す横パスサッカーすら維持できないじゃないか。

あと気になったのは、スペインで使い物にならなかったあのオトコ。
自分がボールを持ったとき、中央にいる本田や左サイドにいる松井が「ココにくれ!」と指し示しているのに、ゴール前にクロスを入れ相手に奪われる・・・なんてことが、何度もあった。
邪推ではあろうが、自分がアシストという形でゴールが決まらないと気がすまないのでは・・・と、思わざるを得ない。
本田や松井にボールを渡して、ドリブルで切り込み、パス>ゴーーール!という流れが気に入らないのかと勘ぐってしまうほど、本田へのパスが少ないのは、恣意的でしかないと思うし、そうでなければ視野が狭すぎる。
もともと好みの選手ではないけど、今回の観戦でさらに「視野が狭くて、ココロも小さい、フリーキックだけの奴」にランク付けされた。

そんな中で、やはり本田はアグレッシブに見えた。
もっとも、消極的なパスサッカーの中に本田を入れれば目立つのは当たり前で、本田がボールを持つだけで場内が沸くのも当たり前。
ところが、なかなか噛み合わないのも当たり前といえば当たり前か。
結局本田は、自身で持ち込んでシュートを放つという手段しか残されていないのかと思っていたら、スペイン帰りが引っ込んでから、内田のクロスにダイビングヘッドで反応してゴール。
試合前のアンケートに、今日の得点者に本田圭佑を書き込んだオレとしては、溜飲が下がった。

まだまだ書きたいことは多いけど、特に選手交代についてヒトコト言わしてもらいたい。
残り3分で、玉田に何して欲しいのか説明してくれ、岡田よ。

|

« ホーム最終戦に参戦 | Main | ホーム開幕戦は惜敗 »

Comments

standyさん、先日はありがとうございました。
おっしゃるとおり、スペインから帰ってきた理由がよくわかる試合だったですね。
どこかの新聞に書いてあったんですが、本田にゲームメイクをするなと忠告していた輩がいたようで、だったらもう少しがんばってくれよと思ってテレビでの観戦でした。
実際スタジアムで見ていたstandyさんの心中、お察しします。

Posted by: gary | March 07, 2010 at 10:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/47723425

Listed below are links to weblogs that reference アジアカップ最終予選 日本vs. バーレーン:

« ホーム最終戦に参戦 | Main | ホーム開幕戦は惜敗 »