« 多目的?無目的? | Main | 旬の桜エビを求めて由比へ »

April 18, 2010

第7節:名古屋グランパスvsアルビレックス新潟

前日の激しかった雨がウソのように上がり、広がる青空の下、瑞穂競技場で第7節を観戦。

Dsc00511

before the match

試合の結果としては、負けに等しい、そしてとても口惜しいドローに終わった。
中位をキープしていれば、満点ではないが及第点だった去年までとは違い、タイトルを狙うことのできる陣容を備えた今年のチームは、確実に勝ち点を得られる(はずの)戦いを取りこぼすことは許されないのだ。
試合を観戦して思ったのは、グランパスの攻撃はかなり研究されているハズなのに、それに対する攻撃パターンがなされていないということ。ケネディーに上げるクロスは単調で、厳しいマークにさらされたケネディーはそれをゴールまで持って行ける状況ではなかったし、そこからのセカンドボールに寄せるプレーヤーが少なすぎ。

Dsc00535

Magnum follow the Kennedy

サイドからの攻撃に有意義な働きをしていた三都主も精彩を欠き、精度の高いクロスを供給することができないまま、阿部に交代。

Dsc00537

cut in Alex

前半から何度も繰り返されるコーナーキックも得点に結びつけることができない。
風が強かったせいか、ロングボールに見切りをつけ、ショートコーナーで打開を試みるものの得点に結びつけることができない。

Dsc00544

corner kick Burzanovic

後半31分、攻撃にバリエーションを加えるべく投入された杉本恵太がするどい切り込みを見せ、コーナーキックを得るとそのボールに飛び込んだ闘莉王が二試合連続となるゴールを決め、競技場が沸いた。

Dsc00547

Immediately before the Tulio's goal


Dsc00548

Mizuho studium in the whirlpool of pleasure

ゴールを決めた闘莉王を取り囲む選手達の意識の底に「これで勝ちだ」というイメージが沸いたとしても不思議ではないが、グランパスの悪癖ともいえる試合終了間際の失点という現象をもっと意識しておいて欲しかったと思う。
失点場面も誰それが悪いと言う状況ではなかったと思うし、攻撃パターン的にいえばやむを得ないパターンなのかも知れないが、あの時間帯での失点を防ぐという意識付けが徹底されていたなら、ズルズル下がるようなディフェンスをせず、中盤の底で相手を止め、俗に言うバイタルエリアを使われることない守備ができていた(はず)と感じる。

今回の相手の新潟も今シーズン未勝利で現在のところ最下位に沈んだ状況であるが、J1所属のチーム同志の戦いの中では、確実に勝てる相手など居ない。最下位と戦うという意識より勝利を求めるのに必至なチームを相手にするという位置づけで戦って欲しかった。
最後の新潟の得点を見て得点への執念・・・そんなことを感じずには居られなかった。
グランパスに足りないのはそのあたりではないのかと思う。

今シーズンもまだ序盤だ、ここで学習したことを活かすのは、早ければ早いほどよい。

|

« 多目的?無目的? | Main | 旬の桜エビを求めて由比へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/48117472

Listed below are links to weblogs that reference 第7節:名古屋グランパスvsアルビレックス新潟:

« 多目的?無目的? | Main | 旬の桜エビを求めて由比へ »