« 旬の桜エビを求めて由比へ | Main | 富士二態 »

May 02, 2010

第9節 VSモンテディオ山形戦

Dsc00601

思わず「暑いなぁ」とつぶやくほどの日和。
結果的に今日の試合は闘莉王の舞台だったので、試合前からの闘莉王をカメラで追ってみた。

Dsc00573

試合前から気合いが入る


試合開始早々に流れの中からケネディーの得点で、大量得点の予兆?
ところが、いつものことながら先行すると気を緩める・・・というか、手を抜くというか。
ロスタイムの時間消化の時のようなプレーの連続で、得点のニオイは全くなし。
波に乗って攻めるはずの時間帯だと思うのだけれど、完全にひいて守備的に見える。

Dsc00583

前半あまり見られなかった前線へのフィード

マギヌンの欠場で、いつもとはちょっとばかり違うフォーメーションで、ボランチとしてボールを配球すべき役割の三都主が窮屈にプレーしているように見えた。
淡々と試合をしている感じで、サイドからの攻撃にも見るべきモノはないし、セットプレーにも工夫が見られない。


Dsc00593

セットプレーも単調になりがち


そうこうしているうちに、グランパスにとって間の時間帯である前半終了間際に、きれいにパスをつながれて同点に追いつかれる。
いつもの悪いパターンが現れ、好調時の波状攻撃が出る雰囲気もない。
負傷の金崎に替わって入った小川も、最初のワンプレーでインターセプトを見せただけで、消える。
小川はどうしたんだろうか。
今日の試合を見た限りでは、スターティングメンバーとして登場することがかなり難しそうな状態に見える。
背番号10を剥奪されても致し方ないほどの惨状に見えるのだが。


Dsc00607

ストイコビッチ監督からFWに行けと指示が出る

勝ちの雰囲気がないまま、試合は終盤に。
ところが、最後の最後に得点を奪取するのもグランパスの最近のパターン。
DFに千代反田を配し、闘莉王をFWに張り付かせる作戦に出た。
パワープレーへの移行が即効性を示し、またも試合終了間際に歓喜の声があがるが、演出された舞台ならいざ知らず、こういったパターンは優勝を目指すチームとしてはかなり「危ない橋」と言わざるを得ない。

Dsc00612

サポーターに得点を誇示しピッチに戻る

自分の背番号と同じ4得点をサポーターに報告し、ピッチに戻るなりチームの同僚たちに指示を飛ばす闘莉王が頼もしく見える。
でも、本当はこの時間帯、もう1点取られてもまだ安全圏内くらいの試合展開でいて欲しいのが本音だ。
確かに闘莉王の得点は、サポーターのブーイングを回避するどころか、ブーイングを歓喜の声援に転換するには強烈すぎる効果があったけど、コレで喜んでいては強豪といわれるチームには勝つことは難しいと思う。


Dsc00618

嬉しそうな試合後

今日の試合は勝利で締めくくることが出来て、それはそれで嬉しいが、頂点を目指すチームでいて欲しいが故の苦言としたい。

|

« 旬の桜エビを求めて由比へ | Main | 富士二態 »

Comments

グダグダの試合ではあったけど、結果良ければそれでヨシって感じでしたね。

モンディオの小林監督の言うように、グランパスはドリブルで切り込まれるとドンドン下がってしまう。と。で、結局、楢崎のスーパーセーブとやらとなるわけです^^;

楢崎のお世話になるようじゃあかんわけですよね。

で、おいらとしては常々ストライカーはドリブラーで無ければならないと思っているわけで、昨日の玉田なんかのそのキレの良さはストライカーの資質アリと思わせるわけです。

日本代表もそうですが、どうもパスサッカーが流行ってるのか、ドリブルで切り込むってのはJの試合でもJFLでもあまり見られません。

ですが、昨日の足下が怪しげなDF増川でもドリブルでゴール前まで上がれるわけですから、小川や阿部に出来ないわけがない。とおいらは思うのです。

金崎のケガは心配ですが、フットサル経験者特有の金崎のボール扱いは今までのグランパスになかったものですし、あのドリブル突破は見習うべきかと思いますよね。

で、昨日の殊勲のトゥーリオ。以前ジュビロで闘将と呼ばれた現ブラジル代表監督のドゥンガを彷彿させます。
トゥーリオのあの闘志は、グランパスでのドゥンガがなって欲しいものです。 ハイ。

Posted by: Mr.T | May 02, 2010 at 10:52 AM

結果だけですね。 でも、その結果も最後の最後にやっと・・・ってかんじですからね。
相手が強いチームだとそう簡単にはいかないので、もっと早い時間帯に何とかして欲しいです。

闘莉王には精神的支柱になって欲しいですね。
精神的支柱というより精神棒ですかね、求める役割は。

Posted by: standy | May 03, 2010 at 07:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/48237517

Listed below are links to weblogs that reference 第9節 VSモンテディオ山形戦:

« 旬の桜エビを求めて由比へ | Main | 富士二態 »