« のんほいパーク ー豊橋総合動植物公園ー | Main | 骨折・・・してました(涙) »

May 27, 2010

ナビスコカップ セレッソ大阪戦

Nabisco

5月の下旬になるというのに、寒さすら感じる夜。
名古屋・瑞穂競技場でサッカーナビスコカップの名古屋グランパス対セレッソ大阪戦を観戦。

先日不参戦だった大宮アルディージャ戦の屈辱的敗戦から数日、おまけに平日の夜ということもあり、競技場の駐車場も午後5時過ぎの到着時は閑散とした様子。
いつもならわずかな人出で、すぐに満車になる駐車場がこれほど空いているのを見るのはいつ以来だろう。
先行入場の時間も過ぎ、いつもなら一般入場の観客が列をなすゲート前も、あっさりとしたものでカバンの中身をチェックする警備員も手持ち無沙汰なようす。
まずは、マッチデーステッカーをもらうため、ファンクラブブースに行くと、今回はその他のファンクラブイベントとして、選手のプラクティス入場時にハイタッチをして激励するイベントをすると言うことなので、同行のゆーこさんが参加表明。いつもながらの強運を発揮してその権利を引き当てる。いやはや、このゆーこさんのグランパス関連のくじ運の強さにはすごいものがあるので、今度一度記事にしたいほどだ。


Dscf7050

Dscf7056


その間にフィールドでは、madras(マドラス)プレゼンツ!あのスーパーゴールにチャレンジ「ビジネスシューズでゴールを狙え」という催しが行われており、こちらの催し見たさに早めに来たという人も居るんじゃないかと思われるほどだ。
twitterで私がフォローしているGontalloさんが以前この企画をtwitter上で提案していたが、それをパクって実現した企画で名古屋ならではの企画。
予想以上に面白く、予想以上にピクシーの偉大さがわかるいい企画。

さて、試合のほうだが・・・。
いつもと変わり映えのない試合運びでありながら、なんと巻の今期初得点!で先行。
しかし、サブとはいえちょっとだらしなくはないか巻クン。

まあ、しかし細かなことを書き出すときりがないが、サッカーシロウトの私がいつも思うことのひとつに、ゲームの記録の中に「パスインターセプト」というのは無いのかなというのがある。
見てると、グランパスの選手達は止まってパスを受けるのが好き?なせいか、よくトンビに油揚・・・的に相手の選手にパスを持って行かれる事が多いような気がする。
試合中に何個のパスをインターセプトでき、何個のパスをインターセプトされたか数字で示すモノがないのか。
あと、ミドルシュートの少なさも気になるけどね。

とにかく、グランパスの選手達はえらく消極的に見える。
得点をしたいという気配が伝わってこない。相手の播戸竜二なんて言う選手は、そんな雰囲気をブンブンさせながら走り回っているのになぁ、もどかしい。

結局引き分けで終わったけど、盛り上がりに欠ける試合で、終了後の選手の挨拶の時も激励の雰囲気なし。
まあ、このゲーム展開で激励するっていう方が無理があるけれども。

ただ、ワタクシ的にこのゲームで得たモノがある。
観戦時にワタクシの斜め前で熱心に応援していた女性サポ。
この方に、心酔してしまったようなのだ、このオッサンが。
できれば、次回以降もこの女性サポの限りなく近くで応援したいと思う次第でござる。

|

« のんほいパーク ー豊橋総合動植物公園ー | Main | 骨折・・・してました(涙) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/48474251

Listed below are links to weblogs that reference ナビスコカップ セレッソ大阪戦:

« のんほいパーク ー豊橋総合動植物公園ー | Main | 骨折・・・してました(涙) »