« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/11

小川の復活を祈る

今回は、カテ1のチケットを頂いたので、サッカーをまったく知らないカミさんと観戦。
カミさんは私について何度か観戦したことがあるけど、ルールなどまったく知らないし、選手の名前も知らないが、サポーターが繰り広げる迫力ある応援は大好き。
だけど、今年のナビスコカップは戦果があがらず、前節の仙台戦はサポーターの掲げる弾幕無し、応援無しのさびしい状態になっていることを、京都戦の敗戦後一部サポーターがバスを取り囲んだ事件からのいきさつを含めスタジアムに向かう道中に説明しつつ足を運んだ。
駐車場に車を止め、スタジアムに近づくと、革靴キックイベントの選手エントリーが済んだ気配。
今度はそのイベントについて説明をしながら、スタジアムイン。
サポーターズシートにいる友人に挨拶するとともに一緒に革靴キックイベントを眺める。
今回は前回に比べ、少しレベルダウンか。
Dsc00784
写真は優勝した方のキックの場面。手に持ったナビスコリッツが勝因らしい。

スタジアムゴール裏のサポーターズシートは活気にあふれ・・・とはいい難い雰囲気で、個人が掲げたと思われる「Are we family? Get goals together!! ハードワーク!! シュート!! もっと勝負しよう!! ーさらなる高みへ-」と書かれた幕がグランパスの応援席であることを証明している。

Dsc00793

いつもなら盛り上がるはずの選手紹介もパラパラとした拍手のみで、少人数の新潟サポがうらやましい。
スターティングラインアップは、高木、千代反田、竹内、田中、阿部、三都主、吉村、ダニルソン、小川、花井、巻。
メンバーだけ見れば、J1のどのチームと闘ってもいい勝負が出来るような気がするのだが、試合が始まると再び新潟がうらやましくなる。

Dsc00799

私はサッカー素人なので、システム云々を語ることは出来ないが、それ以前の問題からチームとして機能していない気がする。
自陣での覇気のない横あるいはマイナス方向へのパスは、簡単に奪われること数度、結局それが得点に結びついてしまう。
「ド」の付く素人のカミさんですら「32番はだめだね、ぜんぜん前に行かないもん」と指摘できるほど攻撃への意欲が見て取れない。
グランパスの選手のほとんどが、止まりそうなパスを出し、それを受ける選手も止まった状態で受けようとするものだから、相手の新潟から見れば絶好のインターセプトチャンスにあふれている状態なのだ。事実、マルシオ・リシャルデスや曹永哲などは千代反田や田中隼磨が振り返りパスを出す瞬間を狙っているのがよくわかる。
攻撃陣の小川や巻、花井も著しく精彩を欠くように見える。
攻撃に繋がるスローインの時など、小川はスロワーに背を向け歩いているものだから、スロワーも困っている。少年サッカーですら、試合中はボールから目を離さず集中しろと言われるらしいが、それが出来ていないプロってどうよ!といった感じである。
その小川、交代を告げられベンチに戻るときも、ユニフォームを裏返して着て背番号10を隠し、バック側からピッチを出て、ゴール裏を通り過ぎる間も下を向いて歩いていた。
思い通りに行かなかったことは容易に見て取れる行動で、ゴール裏のサポから激励の拍手もブーイングすらなかった。ベンチ横に座り込み、給水とともに着替えをしていた様子を見ていたが、なんやら肉体的より精神的に疲れたと言った様子。

Dsc00810

小川には一日も早く以前の輝きを取り戻して欲しい。
小川が笑顔でピッチを後にする事が出来ることがグランパスの快進撃に繋がると信じて疑わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/03

無謀な旅 ー飛騨高山ー

前回の日記で書いたように、骨折した足が痛い。
骨折の原因はほぼ明らかで、釣りに行った時に岩に飛び降りた瞬間に脳天に突き抜ける痛みが襲ったあの行為だ。
しかし、いきなりの骨折ではその後に控える旅行が取りやめになる可能性がある。
高山への旅行ともなれば、旅行そのものも楽しみだし、国八食堂にも行きたい。おおくら滝の所にある清見庵で蕎麦をすするのも楽しみだし、新緑の中せせらぎ街道を走るのも気持ちいいだろう。
そんな欲張りなことが脳裏をかすめ、当初は足の痛みを誤魔化すことに方針決定。
薬を飲んだが効果なく、結構平気なフリを装いながらの生活も限界が見えてきた。
仕方がないので、レントゲンを撮ると案の定骨折だ。
その時には、時すでに遅く、旅行の取りやめにはキャンセル料が発生するようになっており、目論み通りの結果となった、ははは。
しかし、痛いもんは痛い。
カミさんに運転をお任せし、美濃加茂のマックで朝食を摂った後はひたすら国道41号を北上する。
のんびりとした行程で、宮峠を昼前に下り、市街地をスルーし、正午少し前に国八食堂に到着。
Img_0213
カミさんは、初めての国八で、ホルモンが苦手ということから焼き肉定食と豆腐定食をオーダーするが、やはり国八食堂はホルモンだ。
追加でホルモン330円なり。
市街地に戻り、チェックインまでの時間を飛騨物産館で時間をかせぎ、オミヤゲを購入。
チェックイン時間には早かったが、ホテルに車を止めさせてもらい市街地に突入。
飛騨高山には何度も来ており、とくに観光という目的もないけど、今回の旅行には何種類かのクーポンが付帯していて、それをコンプリートするだけのために市街地に向かうのだ。
ところが、ビッコを引きながら歩くというのはなかなかにシンドイ。
クチでは泣き言を言えないが、そんなオーラを多量に発散していたのだろう、カミさんがそれを関知し「レンタサイクルを借りよう」と言い出した。
タイムリーなことに少し歩くと自転車屋があるじゃないか。そして看板にはレンタサイクルの文字。
Cycle
めちゃくちゃ楽ですわ、自転車というのは(笑)。
地図とクーポン券を携え、市内を走り回る。
まず、クーポンにあった、ひだっちカフェでアイスコーヒーをいただきながら、クーポンルート検索。
本町に移動し、梗絲(きょうし)食品本町店‎という寿司屋さんで、クーポンを使って飛騨牛にぎり寿司をゲット。
ついでクーポンをひらひらさせて、みたらし団子を食べに行くためペダルを漕ぐ。
時間はすでにチェックイン時間をとうに過ぎていたので、お宿に。
Ouann
今回のお宿は、高山桜庵というシティーホテル。
シティーホテルというにはなかなか豪華で、チェックイン後に下足箱に靴を入れた後は裸足で過ごす館内の床は、ほとんどが畳貼りで、折れた種子骨に心地イイ(笑)。
ベッドでごろりとしているウチに、寝てしまったらしく、あっという間に夕食の時間だと告げられた。
Dinner
思ったより豪華な夕食は、地のものをふんだんに使った料理が多く、それにあわせるわけではないけれど、地ビールや特製の梅酒などを飲んでみた。梅酒も濁り酒バージョンやら、樽仕込み、蜂蜜入りなどを試すがどれも今まで飲んだことのない味でウマイ。
館内のレストランを出るときには「たくさんお酒を飲んでいただきましたので・・・」と館内の土産物20%引きという券をもらえた(笑)。
部屋に戻るとまた睡魔が・・・。ということで、身を自然に任せウトウトとする心地よさ。
その後風呂に浸かり、まったりとすると、思った通りのことが起きる。
右足の親指の付け根がジンジンと(笑)。俗に言う「想定範囲内」なので、そのまま就寝。
さすがにあれだけ眠ったので、二日目の朝は早い。
ひとっ風呂あびて、朝食を食べてからまたうたた寝(笑)。
10時前にチェックアウトして、帰路はせせらぎ街道をチョイス。
高山市の市街地を抜けたあたりで、車の屋根をあけてオープンカーモードにしてドライブを楽しむ。
清見のおおくら滝入り口にある清見庵という蕎麦屋で早い昼飯とする。
Kiyomian
この清見庵は、蕎麦の味もさることながら、季節折々の山草の天ぷらがまったく旨い。
今回は行者ニンニクの葉やらコシアブラ、タラ、菜の花、ヨモギなどを堪能してきた。
このほかに飛騨牛を使ったメニューも数あるものの、摘み立ての野草の天ぷらと打ち立ての蕎麦を富山の入善の塩で食べ、箸休めのフレッシュな二十日大根とラディッシュには勝てないかも。
天気が良かったので、広い庭を眺めながら蕎麦をすするのが出来たのもよかった。
Seseragi
青空と新緑につつまれ、青と緑のコントラストを愛でながら、初夏の風を受けつつ郡上八幡までのドライブは爽快そのもの。
やはりこの季節にしか楽しめないドライブは足を引きずってでも行くべきなのだ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

骨折・・・してました(涙)

先月、釣りに行ってから右足の親指の付け根が痛い。
元々外反母趾傾向のある足である上に、釣り用のウェーディングシューズがきつめのこともあって、釣りに行くとその後数日は痛むことがあった。
しかし今回は、痛いうえに腫れてきて、消炎鎮痛薬を飲んでその場を繕おうとしたものの、今度はその薬で胃をやられ、足は痛いし胃も痛いというニッチモサッチモという状態になってしまった。
その状態になって「ひょっとしたら?」という考えが頭をもたげ、自分でレントゲン撮ってみた。
ま、自画像みたいなもんか。

ひょっとしました(笑)。
足の親指の付け根にある種子骨という骨が割れてた。


正面から撮ったらこんな感じ。
親指の付け根にある白い丸っこい骨が種子骨。
外側(向かって左)のヤツが割れてます。
Bone1

ナナメからだとこんな感じ。
飛び出たように見えるのが種子骨。
どっちから見ても割れてる・・・残念ながら。
Bone2


この種子骨、誰にもあって関節にかかる靱帯の動きを円滑にする役割が有るのだが、コレが割れていると指が曲がらない・・・どころか、曲げようとすると激痛が。
簡単に言うと、マトモに歩けないということです。

さあ、サッカー観戦やら釣りやらで予定が目白押しのこの時期、どうしたらいいものか?

実は、そんなこと言っている場合じゃなく仕事にも不自由する有様で、こちらをどうするかという問題の方が切実なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »