« 骨折・・・してました(涙) | トップページ | 小川の復活を祈る »

2010/06/03

無謀な旅 ー飛騨高山ー

前回の日記で書いたように、骨折した足が痛い。
骨折の原因はほぼ明らかで、釣りに行った時に岩に飛び降りた瞬間に脳天に突き抜ける痛みが襲ったあの行為だ。
しかし、いきなりの骨折ではその後に控える旅行が取りやめになる可能性がある。
高山への旅行ともなれば、旅行そのものも楽しみだし、国八食堂にも行きたい。おおくら滝の所にある清見庵で蕎麦をすするのも楽しみだし、新緑の中せせらぎ街道を走るのも気持ちいいだろう。
そんな欲張りなことが脳裏をかすめ、当初は足の痛みを誤魔化すことに方針決定。
薬を飲んだが効果なく、結構平気なフリを装いながらの生活も限界が見えてきた。
仕方がないので、レントゲンを撮ると案の定骨折だ。
その時には、時すでに遅く、旅行の取りやめにはキャンセル料が発生するようになっており、目論み通りの結果となった、ははは。
しかし、痛いもんは痛い。
カミさんに運転をお任せし、美濃加茂のマックで朝食を摂った後はひたすら国道41号を北上する。
のんびりとした行程で、宮峠を昼前に下り、市街地をスルーし、正午少し前に国八食堂に到着。
Img_0213
カミさんは、初めての国八で、ホルモンが苦手ということから焼き肉定食と豆腐定食をオーダーするが、やはり国八食堂はホルモンだ。
追加でホルモン330円なり。
市街地に戻り、チェックインまでの時間を飛騨物産館で時間をかせぎ、オミヤゲを購入。
チェックイン時間には早かったが、ホテルに車を止めさせてもらい市街地に突入。
飛騨高山には何度も来ており、とくに観光という目的もないけど、今回の旅行には何種類かのクーポンが付帯していて、それをコンプリートするだけのために市街地に向かうのだ。
ところが、ビッコを引きながら歩くというのはなかなかにシンドイ。
クチでは泣き言を言えないが、そんなオーラを多量に発散していたのだろう、カミさんがそれを関知し「レンタサイクルを借りよう」と言い出した。
タイムリーなことに少し歩くと自転車屋があるじゃないか。そして看板にはレンタサイクルの文字。
Cycle
めちゃくちゃ楽ですわ、自転車というのは(笑)。
地図とクーポン券を携え、市内を走り回る。
まず、クーポンにあった、ひだっちカフェでアイスコーヒーをいただきながら、クーポンルート検索。
本町に移動し、梗絲(きょうし)食品本町店‎という寿司屋さんで、クーポンを使って飛騨牛にぎり寿司をゲット。
ついでクーポンをひらひらさせて、みたらし団子を食べに行くためペダルを漕ぐ。
時間はすでにチェックイン時間をとうに過ぎていたので、お宿に。
Ouann
今回のお宿は、高山桜庵というシティーホテル。
シティーホテルというにはなかなか豪華で、チェックイン後に下足箱に靴を入れた後は裸足で過ごす館内の床は、ほとんどが畳貼りで、折れた種子骨に心地イイ(笑)。
ベッドでごろりとしているウチに、寝てしまったらしく、あっという間に夕食の時間だと告げられた。
Dinner
思ったより豪華な夕食は、地のものをふんだんに使った料理が多く、それにあわせるわけではないけれど、地ビールや特製の梅酒などを飲んでみた。梅酒も濁り酒バージョンやら、樽仕込み、蜂蜜入りなどを試すがどれも今まで飲んだことのない味でウマイ。
館内のレストランを出るときには「たくさんお酒を飲んでいただきましたので・・・」と館内の土産物20%引きという券をもらえた(笑)。
部屋に戻るとまた睡魔が・・・。ということで、身を自然に任せウトウトとする心地よさ。
その後風呂に浸かり、まったりとすると、思った通りのことが起きる。
右足の親指の付け根がジンジンと(笑)。俗に言う「想定範囲内」なので、そのまま就寝。
さすがにあれだけ眠ったので、二日目の朝は早い。
ひとっ風呂あびて、朝食を食べてからまたうたた寝(笑)。
10時前にチェックアウトして、帰路はせせらぎ街道をチョイス。
高山市の市街地を抜けたあたりで、車の屋根をあけてオープンカーモードにしてドライブを楽しむ。
清見のおおくら滝入り口にある清見庵という蕎麦屋で早い昼飯とする。
Kiyomian
この清見庵は、蕎麦の味もさることながら、季節折々の山草の天ぷらがまったく旨い。
今回は行者ニンニクの葉やらコシアブラ、タラ、菜の花、ヨモギなどを堪能してきた。
このほかに飛騨牛を使ったメニューも数あるものの、摘み立ての野草の天ぷらと打ち立ての蕎麦を富山の入善の塩で食べ、箸休めのフレッシュな二十日大根とラディッシュには勝てないかも。
天気が良かったので、広い庭を眺めながら蕎麦をすするのが出来たのもよかった。
Seseragi
青空と新緑につつまれ、青と緑のコントラストを愛でながら、初夏の風を受けつつ郡上八幡までのドライブは爽快そのもの。
やはりこの季節にしか楽しめないドライブは足を引きずってでも行くべきなのだ。


|

« 骨折・・・してました(涙) | トップページ | 小川の復活を祈る »

コメント

あらら、骨折しちゃったのね。せっかく梅雨入り前に、別山にでもお誘いしようかと思っていたのに。
骨折はひょっとして重量オーバーですか?

それにしても、いつもの事ながらすばらしくグルメな旅ですね。
国八のホルモンも食べたいな〜。また完治したら行きましょう。

投稿: gary | 2010/06/05 22:22

garyさん、ども。
重量オーバーってのもあるけど、骨の老化でしょうね、一番の原因も。
garyさんもおきをつけあそばせ。

投稿: standy | 2010/06/05 22:44

全然知らなかったんですが大丈夫ですか?
それにしてもアクティブ高いっすね。
これは僕も見習わなくては・・・。

投稿: 平針雄 | 2010/06/20 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/48534968

この記事へのトラックバック一覧です: 無謀な旅 ー飛騨高山ー:

« 骨折・・・してました(涙) | トップページ | 小川の復活を祈る »