« J1リーグ第14節:名古屋グランパスvs清水エスパルス | Main | J1第18節 名古屋vs.浦和 名古屋グランパス 首位奪取 »

July 29, 2010

10000人は何処へ?

Jリーグ第15節 湘南ベルマーレ戦に参戦。

前節清水エスパルス戦はなかなか面白いゲームだったが、不完全燃焼のドロー。
試合前日にはリーグ戦で上位に位置する鹿島アントラーズと清水エスパルスの試合が行われており、それぞれ引き分けと勝利で勝ち点31、30。
名古屋グランパスは湘南ベルマーレに勝利をおさめ勝ち点29にしないと首位戦線から引き離された形になってしまう大切な試合なのだ。

前節は灼熱ともいえる気温の日でありながら17,534人の入場者を記録し、かなりの盛り上がりを見せてくれたが今節は平日と言うことも影響したせいか7,991人の入場者数。
試合開始時にはかなり客席が埋まったかのように見えたが、やはり10,000人減。
この10,000人の差を埋めるべく主催者も集客のためか、ホームゲームイベントとして試合に先立って色々なイベントを開催してくれた。今回は、平日恒例になりつつありながら今回が最後の「ビジネスシューズでゴールを狙え!」や再入場可能なシステム、ココイチカレーやビアガーデン、ファンクラブ限定のサイン会など盛りだくさん。そして世界のトップレベルの選手リカルジーニョの入団で話題のFリーグの名古屋オーシャンズの紹介も盛り上がった。
中でも今回の「ビジネスシューズでゴールを狙え!」は、参加者のレベルが高くリカルジーニョの飛び入り参加で楽しませてくれた。


P7280002

試合は静かな序盤と言えば聞こえはよいが、やや攻撃への姿勢に欠ける出だしで、両チームとも得点の雰囲気に欠ける。と言いつつも全体的に見れば名古屋グランパスが支配する時間帯が続いているだけにここらで得点が欲しいと思った矢先に湘南陣内でフリーキックを得、玉田がゴール前放り込み、ファーサイドからダニルソンが折り返す。これを増川がバレーボールのトスのように上方にヘディングするとフリーの闘莉王がヘディングアタック!先制ゴールだ。
名古屋グランパスは前節に比べ相手が引き気味ということもあって、高めにポゼッションをとり有利な展開で試合を進めるものの追加点の欲しい時間帯に得点できず前半終了。

後半開始早々に、金崎からのこぼれ球を拾ったダニルソンが逆足の右足で強烈なミドルシュートを見せてくれたが湘南ベルマーレGKの都築の好セーブで阻まれた。しかしこの強烈なミドルは都築のアタマにダニルソンのシュートというものを確実に刻み込んだと思う。
この日のダニルソンは、高めの位置で相手の攻撃を阻む動きや、相手を追い回すようなチェックが効果的で、明らかに前節とは違う動き。
後半もなかばを迎えたころ、今度はマギヌンから受けたボールをダニルソンが再びミドルシュート。このシュートはダニルソンらしいネットを引き裂くようなものではなくグラウンダーに近いコースを狙ったもので、GKの都築は明らかにキャッチのタイミングを間違えていたように見える。一緒に見ていた中学生のサッカープレーヤーも「あのゴールはダニルソンが凄いんじゃなくて、都築のミス。楢崎ならゴールは決まらない」と言い切った。ナルホド。

P7280009

その後、残り10分程度になった頃、湘南ベルマーレのカウンターで得点を与えてしまい2-1。
この時間帯のこの得点差は、相手にかなりやる気を起こさせるので要注意。

その他では、やはり小川の覇気のなさが気になる。マギヌン、金崎にかわってブルザノビッチと共にピッチに送り出された小川だが、中盤で目立つ動きを繰り返すブルザノビッチに比べあまりに目立たない小川。小川のプレーを注目して観戦してみたが、ポジションの問題でもあるのか右サイドをウロウロしてプレーに絡めない。ボールを持っても縦への動きが皆無と言っていいほどで、一昨年の何試合や昨年のACL川崎戦で見せてくれた切り込んでのミドルシュートが見たいと切実に思ってしまう。
見ている限りゴールに向かいミドルを打つチャンスは数回はあったのだが、残念。
正直言って、いまの小川を見ているより金崎を見ていたいと感じる。

試合は結局そのまま終了し勝利し勝ち点3をゲットしリーグ戦の首位戦線に残ることが出来た。


P7280012

そういえば、終盤で突然、ホントに突然のように
♪アレアレアレア ロッソジャッロー♪と「走り抜け!」が飛び出した。もっと使って欲しい応援歌。

|

« J1リーグ第14節:名古屋グランパスvs清水エスパルス | Main | J1第18節 名古屋vs.浦和 名古屋グランパス 首位奪取 »

Comments

確実に勝たなければいけない試合で、内容はともかくとして勝ち点3を取るのは当たり前なのですが・・・・

この第15節で観客10000人を切ったのはグランパスだけです^^;
平日であること、対戦相手が格下であることを差し引いても、少なすぎですね。あのF女史もお休みだったようですしね。

これから続く5戦はとても重要で、ひとつでも負けたら戦線離脱必至ですから。世界のトヨタがメインスポンサーである安心感なのかサポーターも選手も他チームと違うのかもしれません。悪い意味で紳士なのかも。

来月22日のガンバ戦には参戦しますので!

Posted by: Mr.T | July 30, 2010 at 10:03 AM

まったく・・・。
哀しいくらいの人数でした。
10000人はともかくとして、その半分くらい来てくれると盛り上がるのに。

Posted by: standy | July 31, 2010 at 12:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/49006803

Listed below are links to weblogs that reference 10000人は何処へ?:

« J1リーグ第14節:名古屋グランパスvs清水エスパルス | Main | J1第18節 名古屋vs.浦和 名古屋グランパス 首位奪取 »